前田工繊、2022年6月期 決算を発表

中期経営計画の最終年度の目標達成予定

土木・建築資材及び各種不織布を製造・販売する前田工繊株式会社(本社:東京都港区、社長:前田尚宏)は、2022年8月10日(水)に、2022年度(2021/9/21~2022/6/30)の決算を発表いたしました。
  • 当期の経営成績・財政状態について

 決算期変更に伴い、第50期連結会計年度につきましては、2021年9月21日から2022年6月30日までの9か月10日間となります。このため、連結会計年度の経営成績に関しましては、前期との比較については記載しておりません。
 

  • 2022年度 決算
 当連結会計年度の売上高は36,901百万円となりました。利益面におきましては、営業利益は4,220百万円、経常利益は4,360百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は3,482百万円となりました。

連結決算サマリ連結決算サマリ

計画と実績値との比較計画と実績値との比較

セグメント別計画に対する達成率セグメント別計画に対する達成率

≪ソーシャルインフラ事業≫
 当社の公共工事事業においては、盛土補強材の販売が伸び悩んだものの、景観資材、海洋土木品、斜面環境製品等の販売が堅調に推移しました。利益面については、原材料価格が高騰し、事業の性質上、販売価格に転嫁するのに時間を要することから、粗利率を押し下げる結果となりました。不織布関連の製品は、スパンボンド(連続長繊維不織布)の産業資材・自動車資材向け販売が半導体不足等により減少したものの、上期に新型コロナウイルス感染症対策における医療・衛生資材の受注を確保できた結果、売上・利益とも好調に推移しました。
 獣害対策製品、園芸用ハウス、農業資材を取り扱う子会社の未来のアグリ株式会社においては、園芸用ハウスの受注が伸び悩んだものの、獣害畜産関係の受注が伸長したことにより、売上・利益とも好調に推移しました。また、天幕や帆布生地製品を取り扱う子会社の未来テクノ株式会社では、上期に防衛省向け製品の受注が低迷したものの、一部大型案件の受注や海洋土木製品の販売拡大が奏功し、製造原価・販管費の削減効果もあったことから、売上・利益とも好調に推移しました。海外子会社であるMAEDA KOSEN VIETNAM CO., LTD.においては、原材料価格の高騰が利益を押し下げる要因となりましたが、売上は、取扱製品の拡充により、計画に対して順調に推移しました。
 以上の結果、当事業の売上高は22,634百万円、営業利益は4,038百万円となりました。

≪インダストリーインフラ事業≫
 インダストリーインフラ事業では、精密機器製造用ワイピングクロス、衣料・各種産業資材用の丸編製品を製造・加工・販売する子会社の未来コーセン株式会社において、半導体市況の回復や精密機器製造向け製品の受注確保により、主力のワイピングクロスの売上が順調であったことから、売上・利益とも堅調に推移しました。
 アルミ鍛造ホイールを製造・販売する子会社のBBSジャパン株式会社においては、アフター市場向け製品が好調に推移し、同社のドイツ子会社BBS Motorsport GmbHの業績が伸長したものの、自動車メーカー減産等の影響により生産稼働率が大幅に低下したほか、アルミ原料価格の高騰による影響や、運賃等の販管費が一時的に増加したことにより、売上・利益とも伸び悩む結果となりました。
 以上の結果、当事業の売上高は14,266百万円、営業利益は1,047百万円となりました。

≪ヒューマンインフラ事業≫
 ヒューマンインフラ事業では、子会社のMDKメディカル株式会社が医療機器の治験にかかる費用を計上したことで、営業損失は107百万円となりました。なお、第2四半期連結会計期間において、MDKメディカル株式会社の全株式等を譲渡したため、第1四半期連結累計期間までの損益計算書のみ連結しております。 
 
  • 次期の連結業績見通しについて
 次期の売上高につきましては、ソーシャルインフラ事業の公共工事事業においては、防災・災害復旧の需要が拡大することが想定されます。インダストリーインフラ事業においては、BBSジャパン株式会社にて国内の自動車メーカー向けOEM供給の回復、アフター市場向け製品の販路拡大に加え、工場内の生産効率化によるコスト低減、生産リードタイムの短縮化が見込まれます。また、同社のドイツ子会社BBS Motor sport GmbHにおいても、新塗装工場の稼働を開始することで、内製化による外注費の削減が見込まれます。このような結果、次期の連結業績見通しにつきましては、売上高52,000百万円、営業利益8,000百万円、経常利益8,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益5,400百万円を予想しております。また、セグメントごとの売上高は、ソーシャルインフラ事業32,500百万円、インダストリーインフラ事業19,500百万円、営業利益は、ソーシャルインフラ事業6,300百万円、インダストリーインフラ事業2,500百万円を予想しております。なお、決算期変更の経過期間となる2022年6月期は2021年9月21日から2022年6月30日までの9か月10日間となるため、前年同期比については記載しておりません。


★詳細につきましては、本日発表の 2022年6月期 決算短信〔日本基準〕(連結) をご覧ください。

決算短信 – 前田工繊株式会社 (maedakosen.jp)
https://www.maedakosen.jp/company/ir/irlib/tanshin/

【会社説明】
当社は、1972年の設立以来、インフラ(社会資本)の整備・維持に携わる会社として、土木資材の製造・販売ならびに各種繊維を原料とした産業資材および不織布の製造・加工・販売を行うことで業容を拡大してまいりました。
「ジオシンセティックス」の総合企業として、地域の皆様の安心・安全で豊かな社会づくりや、より災害に強い国土づくりに貢献しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 前田工繊株式会社 >
  3. 前田工繊、2022年6月期 決算を発表