日本アルテラ代表取締役社長にハンス・チュアンが就任

main image
プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、以下、アルテラ)の日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区)は、本日 7 月 1 日付けで代表取締役社長にハンス・チュアンが就任することを発表いたします。新社長に就任するハンス・チュアンは、1998 年に日本アルテラ株式会社入社後、主に日本およびアジア太平洋地域において、FAE (Field Application Engineer) 部門およびセールス部門におけるディレクターを歴任し、2012 年からは中国戦略顧客担当 シニア・ディレクターに就任。グローバルなビジネス経験に基づく深い見識と優れたリーダーシップで、大中華圏 (中国及び台湾) におけるセールス部門を統括してまいりました。

日本アルテラ株式会社は、新社長にハンス・チュアンを迎え、これまで以上に、お客様の戦略的パートナーとして、より強い信頼関係を築き、プログラマブル・ロジック・デバイス (PLD) の日本市場におけるマーケットシェア・ナンバーワン・ベンダーとして、さらなる成長を目指します。

日本アルテラ株式会社の代表取締役社長に任命されたハンス・チュアンは、「アルテラにとって重要な日本のマーケットで今まで培ってきた実績と経験をもとに、日本アルテラを統率していきます。日本市場において、すでに成功を収めている 28nm FPGA & プロセッサ・システムが組み込まれた SoC 製品ポートフォリオに加え、最近発表された 14nm トライゲート・プロセスおよび 20nm プロセスを使った Generation 10 FPGA & SoC 製品ポートフォリオや、コンパクトかつ高効率の Enpirion 電源ソリューションといった世界最先端のテクノロジーと、顧客志向の戦略により、アルテラは今まで以上に力を増し、突き進んでいきます。」と述べています。

■ ハンス・チュアン 略歴
1998 年、日本アルテラ株式会社に FAE として入社後、FAE ディレクター (日本)、ワールドワイド FAE ディレクター代理 (アメリカ本社)、戦略顧客担当セールス・ディレクター (中国)を歴任。2012 年にはシニア・ディレクターに昇進し、大中華圏 (中国及び台湾) におけるセールス活動を統括。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学電気工学学士号 (BSEE)、およびマギル大学経営学修士号 (MBA)を取得。

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983 年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988 年に NASDAQ に上場しました。
FPGA、SoC、CPLD、ASIC など、カスタム・ロジックの分野におけるテクノロジ・リーダーとして高成長を続け、顧客企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は 1990 年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本における PLD 市場でトップシェアを維持しています。

アルテラの FPGA、SoC、CPLD、ASIC に関する詳細情報は、同社Webサイト(http://www.altera.co.jp)をご覧ください。Facebook、RSS、Twitter でも情報提供を行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本アルテラ株式会社 >
  3. 日本アルテラ代表取締役社長にハンス・チュアンが就任