新型コロナウイルス感染症拡大防止への新たな取り組み、幸楽苑本社でテレワークを基本とする勤務体制へ移行

 株式会社幸楽苑ホールディングス(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:新井田 昇、以下 「幸楽苑」 )は、新型コロナウイルス感染症拡大防止への新たな取り組みとして、2020年10月1日(木)より郡山本社や東京オフィスで勤務する従業員を対象に、段階的に在宅でのテレワークを基本とした勤務体制へ移行いたします。これにより、最終的に本社は、政府が掲げる「テレワーク率70%」の目標を達成する見込みです。

 

1.本社テレワーク移行の背景
 幸楽苑は、新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言に伴い、2020年4月に東京オフィスに勤務する従業員を対象に在宅でのテレワーク体制に移行し、現在東京オフィスでは約9割以上がテレワークを実践しております。このような体制においても、Web会議システムなどを活用することで、業務に支障をきたすことなく企業活動を継続しております。
 この度、長期化する新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、新たにテレワークに関するガイドラインを独自に定め、10月1日(木)より郡山本社で勤務する従業員も、段階的に在宅でのテレワークを基本とした勤務体制へ
移行いたします。また、出社回数を減らすため、電子契約書や電子請求書導入に向けたシステム整備を順次進めてまいります。今後も幸楽苑は、ITを活用することで、場所に縛られない働き方を推進いたします。

2電話対応について
①郡山本社代表電話について
各テレワーク勤務者から折り返しの、お電話をさせていただきます。


②報道関係者様からのお問い合わせ先について
テレワーク勤務に伴い、報道関係者様からのお問い合わせ先電話番号が変更になります。
報道関係者様からのお問い合わせ先電話番号:080-4455-6397(広報マーケティング部)

3.お取引様対応について
お取引先様との打ち合わせを実施する際は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、原則Web会議システムを活用した方法でご提案させていただきます。

4.これまでの新型コロナウイルス感染症拡大防止に関するサービス展開について
①全店舗で全商品テイクアウトサービスを開始
②福島県郡山市内4店舗および群馬県内3店舗でドライブスルーを導入
③福島県郡山市および宮城県仙台市にて、自社デリバリーサービスを開始
④福島県郡山市10店舗を対象にテイクアウト専用のコールセンターを設置
⑤福島県本宮店でAIを活用した非接触型のロボット「K-1号(ケー・イチゴウ)」を導入

 なお、感染症拡大の状況に応じ、上記対策内容を随時見直す可能性もございます。幸楽苑は、今後も新型コロナ
ウイルス感染症拡大防止およびお客様、お取引先様、従業員の安全確保に努めるとともに、お客様に安心してお食事を楽しんでいただけるサービスの提供を目指します。

 幸楽苑は、未来の外食産業のリーディングカンパニーになるべく、これからもチャレンジングでイノベーティブな取組を推進してまいります。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社幸楽苑ホールディングス >
  3. 新型コロナウイルス感染症拡大防止への新たな取り組み、幸楽苑本社でテレワークを基本とする勤務体制へ移行