「グリコ ポッキー」×「キリン 午後の紅茶」プロジェクト第5弾 「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」2月12日(火)新発売

~平成の30年間に感謝を込めた、平成最後のコラボレーション!食べ合わせると、平成の流行スイーツ!?まるでティラミスのような味わいに!?~

キリンビバレッジ株式会社(社長 堀口英樹)は、紅茶飲料のNo.1ブランド※1「キリン 午後の紅茶」から「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」を2月12日(火)より全国で新発売します。また、同日に江崎グリコ株式会社(社長 江崎勝久)は、チョコレートスナック菓子ブランド「ポッキー」より「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」を新発売します。
※1 株式会社食品マーケティング研究所調べ(2017年実績)
今回両社から発売する商品は、食べ合わせ企画やつながるパッケージデザインなどで大変好評をいただいているコラボレーション企画第5弾です。「午後の紅茶」と「ポッキー」両ブランドから、平成の30年間に感謝を込めて、平成最後のスペシャルなコラボレーションをお届けします。
「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」は、濃厚なチーズテイストとミルクのコクが心地良いおいしさのチーズミルクティーです。「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」と食べ合わせると、平成の流行スイーツ!?ティラミスのような味わい!?が楽しめます。「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」の中味開発のヒントとなったチーズティーは、昨年夏に「午後の紅茶」コンセプトショップ「Milk.Black.Lemon.By GOGO NO KOCHA」でも発売し、大きな話題になりました。
パッケージは、懐かしい平成の青春を思い出して楽しめるデザインで、平成の青春を3つの年代に分けて展開します。思わず「午後の紅茶」と「ポッキー」をつなげて組み合わせてみたくなるバリエーションです。

「午後の紅茶」はこれからも“上質な休息”をもたらすブランドとして、新たな魅力やおいしさ、飲用シーンを提案することで、シーンや場所を選ばず飲める、お客様の生活に欠かせない飲料となることを目指します。

●「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」中味について
濃厚なチーズテイストとミルクのコクが心地良いおいしさです。

●「午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」パッケージについて
懐かしい平成の青春を、平成元年~9年、平成10年代、平成20年代の3つの年代に分けたパッケージデザインです。裏表合計8種類のデザインで展開し、思わず組み合わせてみたくなるバリエーションです。
「ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>」と合わせて、さまざまな組み合わせを楽しめます。

       <平成元年~9年>            <平成10年代>      <平成20年代>
    <表・裏>      <表・裏>         <表・裏>        <表・裏>

●コミュニケーションについて
発売前より両社のオウンドメディアを活用し、平成最後のコラボレーション商品の話題喚起をしていきます。

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。


 
1.商品名                「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」
2.発売地域                全国
3.発売日                2019年2月12日(火)
4. 容量・容器                          500ml・ペットボトル
5.価格(消費税抜き希望小売価格)  143円
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. キリンビバレッジ株式会社 >
  3. 「グリコ ポッキー」×「キリン 午後の紅茶」プロジェクト第5弾 「キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー」2月12日(火)新発売