パラアスリートが蜷川実花氏との撮影秘話や2020年とその先への想いを語る「GO Journal ISSUE 04 発刊記念アスリート トークイベント」開催レポート

車いすバスケットボールの鳥海連志選手とトライアスロンの秦由加子選手が登壇 7FではPOP UP企画展も開催中 

2020年1月23日(木) 13:00~14:00 場所:渋谷スクランブルスクエア15階 SHIBUYA QWS スクランブルホール

 

この度、日本財団パラリンピックサポートセンター(以下、パラサポ)は東京2020オリンピック・パラリンピックの公式アートポスター制作アーティストとして作品を公開した写真家、映画監督の蜷川実花氏がクリエイティヴ・ディレクションするグラフィックマガジン「GO Journal ISSUE 04」の発刊記念イベントを開催いたしました。

 

GO Journalは、パラスポーツの興奮とパラアスリートたちの息づかいとそれを取り巻くカルチャーとの交錯点を伝えるフリーマガジン。最新号の発刊を記念した今回のトークイベントには、マガジンのカヴァーを飾った車いすバスケットボールの鳥海連志選手とトライアスロンの秦由加子選手が登壇し、蜷川実花氏との撮影秘話や2020年の目標やその先への想いを語りました。

 

 

 

 

 

 

 

 













司会にフリーアナウンサーの平井理央さんを迎えた本イベントは、パラサポ常務理事の小澤直の挨拶でスタート。
続いて、鳥海連志選手と秦由加子選手が登場しました。ほぼ初対面というお二人。今日の登壇にあたり、鳥海選手は、「緊張しています。トークショーは初めてで、違う競技の方と話す機会もなかなかないので楽しみです。」とコメント。秦選手は「お写真を拝見していたので、素敵な人に会えるんだなと思い、楽しみでした。」と話しました。会場が和やかな雰囲気になったところで、GO Journalの撮影の話題に。鳥海選手は「撮影は超楽しくて。蜷川さんがかっこいい!と撮影中に声をかけてくれ、楽しい雰囲気で撮影をすることができました。」と撮影時の様子を語りました。

秦選手は、「撮影をとても楽しみにしていました。すごく緊張していたけれど、蜷川さんがとても気さくに優しく話しかけてくれました。蜷川さんの大ファンなので、夢のようでした。」と語りました。また、大好きな蜷川さんの作品の布をいただき、義足のソケットを作ったという素敵なエピソードも秦選手から語られました。「義足にどれだけ愛着をもてるか。それが背中を押してくれるのでとても嬉しいです。」と語りました。

 

最後に、2020年の目標を聞かれた鳥海選手は「去年までの大会では、なかなか納得のいく結果にはなっていませんが、僕は金メダルをとることを自分の目標に、本番に臨みたいと思っています。」とコメント。秦選手は「今回パラリンピックへの出場が決まれば、2回目となります。リオでは6位だったので、自国開催の東京では見に来てくださった方に表彰台の上からお礼を伝えたい。」と笑顔で語り、会場は暖かな拍手に包まれました。


渋谷スクランブルスクエア7階イベントスペース「L×7」では、2月4日(火)まで14日間に渡り企画展「GO Journal in SHIBUYA」を開催しています。今回のイベントに登壇された鳥海選手と秦選手の掲載写真が大判で見られる貴重な機会です。3m×4mの大迫力の大型バナーをはじめ、パラスポーツとパラアスリートの魅力に迫ったビジュアルがダイナミックに展示されている様子は圧巻です。入場無料、会場では最新号を無料で配布しています。ぜひ、ご来場ください。

企画展「GO Journal in SHIBUYA」見学中の鳥海選手企画展「GO Journal in SHIBUYA」見学中の鳥海選手

企画展「GO Journal in SHIBUYA」見学中の秦選手企画展「GO Journal in SHIBUYA」見学中の秦選手

渋谷スクランブルスクエア7階イベントスペース「L×7」では 企画展「GO Journal in SHIBUYA」を2月4日まで出展中渋谷スクランブルスクエア7階イベントスペース「L×7」では 企画展「GO Journal in SHIBUYA」を2月4日まで出展中

会場では最新号を無料配布中会場では最新号を無料配布中

イベント会場には来場者たちにパラスポーツを楽しんでもらおうとサイバーボッチャ※の体験ブースも設けられた。イベント会場には来場者たちにパラスポーツを楽しんでもらおうとサイバーボッチャ※の体験ブースも設けられた。

鳥海選手や秦選手もサイバーボッチャを体験鳥海選手や秦選手もサイバーボッチャを体験

------------------------------
※「CYBER BOCCIA  S(サイバーボッチャ エス)」出展協力
株式会社ワントゥーテン
清水建設株式会社

「CYBER BOCCIA  S(サイバーボッチャ エス)」とは
大人から子供まで、障害のあるなしにかかわらず誰でも楽しめるパラスポーツ「ボッチャ 」 をテクノロジーでエンタメ化した、デジタル競技版で、プレイエリアののデジタル映像とセンシング技術を活用した自動ポイント計測機能により、ルールが分からない人でも直感的にボッチャの醍醐味を楽しむことができます。(開発: 株式会社ワントゥーテン  http://cyber.1-10.com/    開発協賛:清水建設株式会社)
------------------------------


【主催団体】
日本財団パラリンピックサポートセンター
https://www.parasapo.or.jp/

関連プレスリリースはこちら|https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000077.000023445.html
蜷川実花氏と最高のクリエイターがパラスポーツと未来を写真で魅せる"GO Journal ISSUE 04“
1月22日いよいよ発刊!最新号のPOP UPが渋谷スクランブルスクエアに出現


※​【企画展ご取材に関して】 会期中のご取材を随時承っております。
希望のメディア様はPR事務局までお問い合わせください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人 日本財団パラリンピックサポートセンター >
  3. パラアスリートが蜷川実花氏との撮影秘話や2020年とその先への想いを語る「GO Journal ISSUE 04 発刊記念アスリート トークイベント」開催レポート