ヘラルボニー、設立3周年を記念して障害のある作家の“異彩を放つ”展覧会を7月19日より渋谷にて開催。本日よりチケット販売開始

~期間中はスペシャルイベントと、オンライン連動キャンペーンを展開~

株式会社ヘラルボニー(以下、ヘラルボニー)は、7月24日に迎える設立3周年を記念して障害のある作家の異彩を発信する展覧会「HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition- 」を、7月19日~25日の期間中渋谷スペイン坂の多目的スペース「no-ma」にて開催いたします。また、7月22日~24日は人数制限を設けたリアルイベントを開催いたします。本日よりPeatix( https://heralbony-gallery-in-tokyo.peatix.com )にてチケットをご購入いただけます。

 

当社は創設当初より「異彩を、放て。」をミッションに掲げ、障害のある作家が描いたアート作品を軸とした様々な事業を展開し、「障害」という言葉が持つイメージの変容に取り組んでまいりました。展覧会では、創業より3年間で実装した取り組みの発信だけでなく、作家やアート作品の魅力をリアルで体感いただくためのきっかけづくりとして、原画作品の展示・ポップアップの出店・オンライン連動キャンペーンなど、さまざまな企画を展開いたします。

 
  • 展覧会開催の背景
ヘラルボニーは、2018年7月に設立して以来「障害」のイメージを変容するために、アートライフブランド「HERALBONY」をはじめ、建設現場の仮囲いを街を彩る美術館ととらえる「全日本仮囲いアートミュージアム」、4,000点を超えるアートデータを軸としたライセンス事業を展開してきました。今年4月に実施したクラウドファンディングでは902名の方に7,363,700円をご支援いただき、日本全国の障害のある作家の才能を発信するアートギャラリーのオープンが実現しました。7月24日の設立3周年を記念し、これまでの取り組みの成果の発信、そして何より障害のあるアーティストの強烈な個性や才能とのリアルな接点を創出するために、本展覧会を開催いたします。

 
  • 展覧会概要
「HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition-」
会 期:7月19日~7月25日
時 間:11:00〜20:00
7月22日~15:00、23日~14:00、7月24日~14:00は、チケットを購入いただいた方のみ来場可能
会 場:no-ma(東京都渋谷区宇田川町13−17 シネマライズビル)
入館料:無料
内 容:HERALBONY GALLERY in TOKYO(希望の園・森啓輔が描いた原画作品の展示)
    ヘラルボニーの取り組み・活動成果の展示(事業紹介パネル、グッズ ほか)
    アートライフブランド「HERALBONY」ポップアップの出店
主 催:株式会社ヘラルボニー
協 力:希望の園(三重県松阪市)
 

 
  • イベント概要
展覧会期間のうち、7月22日~24日は同会場にて、3周年を記念したスペシャルイベント / トークイベントを開催します。当イベントは、本日7月1日(木)12:00よりPeatixにて発売するチケットを購入いただいた方が参加可能です。

1. スペシャルイベント
常設展示をご覧いただけるほか、原画展を行う作家森啓輔氏、森氏が所属する特定非営利活動法人希望の園理事長の村林真哉氏の挨拶、コンテンポラリーダンサー井出みどり氏によるダンスパフォーマンス、スタッフによるギャラリートークのほか、当社代表・松田崇弥、副代表・松田文登からもご挨拶させていただきます。
※緊急事態宣言の発令に伴い、イベントでの飲食の提供を中止致します。(7月8日16時 更新)

開催日時:
7月22日(木)13:00ー15:00(開場 12:30)※15:00~ 通常オープン
7月23日(金)12:00ー14:00(開場 11:30)※14:00~ 通常オープン
※両日予定していた午後の部は、緊急事態宣言の発令に伴い中止致します。(7月8日16時 更新)

定 員:各回30名
参加費:3,000円(記念グッズ付)
※当初予定していた1ドリンク提供を中止と致します。すでにチケットを購入済みのお客様には、後日返金対応をさせていただきます。詳細はPeatixのイベントページをご確認ください。(7月8日16時 更新)


2. トークイベント
3周年当日の7月24日には「異彩」との出会いから始まったこれまでの3年間、そして今後のヘラルボニーの展望をテーマに、4人の創業メンバーによるトークイベントを開催いたします。

開催日時:7月24日(土)11:00〜12:30(10:45 開場)※14:00~ 通常オープン
定 員:20名
参加費:1,500円(記念グッズ付)
登壇者:ヘラルボニー松田 崇弥(代表取締役社長)、松田文登(代表取締役副社長)
    大田雄之介(オペレーションディレクター)、松井大輝(ライフスタイルデザイナー)

※同日、常設展示はトークイベント終了後にご覧いただけます。


各イベントの詳細情報とチケットの購入はこちら
https://heralbony-gallery-in-tokyo.peatix.com
 
  • HERALBONY GALLERY in TOKYO
岩手県盛岡市の「HERALBONY GALLERY」で現在開催中の「森啓輔展」と連動し、東京の展覧会でも同作家の原画全8作品を展示。来場者へアール・ブリュット作品の魅力を発信いたします。

 

 

作家:森啓輔
所属:希望の園(三重県松阪市)
1989年生まれ。三重県伊勢市在住。同県松阪市「希望の園」所属。
12歳のときアトリエ「HUMAN・ELEMENT」で制作を始動。17歳から油絵を始め、全国の公募展や三重県展では毎年入選を果たす常連作家。これまでに愛知、岐阜、三重で個展を開催。国内だけでなく、ドイツ、フランス、スペイン、中国、ベトナムといった海外のグループ展にも多数参加。

〈受賞歴〉
2015年「アート・カールスルーエ2015(ドイツ)」出品
「パリスアートフェア2015(フランス)」出品

2020年「第3回日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 2020」入賞
「第1回アートパラ深川 公募展」優秀賞
 
  • オンライン連動企画
1. SNSハッシュタグキャンペーンの開催
3周年を記念して、期間中ハッシュタグ「#ヘラルボニーと出会って」をつけて投稿してくださった方のなかから、抽選で10名様に「HERALBONY 3rd Anniversary Notebook」(非売品)をプレゼントいたします。

対象となるSNS :Twitter/Instagram/Facebook
キャンペーン期間:7月1日~7月25日

 

 

2. オンラインストア特別キャンペーンの開催
7月19日〜7月25日の期間、HERALBONY公式オンラインストアで15,000円以上ご購入いただいた方に、3周年限定の「HERALBONY 3rd Anniversary Notebook 」(非売品)をプレゼントいたします。また同期間中は、携帯・パソコンのロック画面に設定いただけるアート画像「ART WALLPAPER」を購入者全員にメールでお届けする限定キャンペーンを実施します。


ヘラルボニーはこれからも「あの企業の存在が障害のイメージを変えた」と 10年先、50年先の未来で語られるような、福祉業界を牽引するリーディングカンパニーを目指してまいります。

以上


【株式会社ヘラルボニー概要】
 


「異彩を、 放て。」をミッションに、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す福祉実験ユニット。日本全国の障害のある作家とアートライセンス契約を結び、4,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。社名「ヘラルボニー」は、知的障害がある両代表の兄・松⽥翔太が7歳の頃に⾃由帳に記した謎の⾔葉。そのため「ヘラルボニー」には「⼀⾒意味がないと思われるものをの世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めている。

会社名:株式会社ヘラルボニー / HERALBONY Co.,Ltd.
所在地:岩手県盛岡市開運橋通2-38
代表者:代表取締役社長 松田 崇弥、代表取締役副社長 松田 文登
公式サイト:
https://www.heralbony.jp
https://www.heralbony.com



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヘラルボニー >
  3. ヘラルボニー、設立3周年を記念して障害のある作家の“異彩を放つ”展覧会を7月19日より渋谷にて開催。本日よりチケット販売開始