Showcase Gig、グローリーと資本業務提携

モバイルオーダーと連動した飲食店向け無人注文決済端末(KIOSK)の開発体制を構築

次世代店舗創出プラットフォーム「O:der(オーダー)」を⼿掛ける株式会社 Showcase Gig(本社:東京都港区、代表取締役:新⽥ 剛史、以下 ショーケース・ギグ)は、様々な決済⼿段に対応する券売機、KIOSK(※1)端末、つり銭機などを全世界の流通・外⾷市場に展開するグローリー株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社⻑:三和 元純、以下 グローリー)と資本業務提携を⾏うこととしましたので、お知らせいたします。また本クローズにより、ショーケース・ギグの累計資⾦調達額は約50億円となります。

 

■本提携の背景
ショーケース・ギグは「⽇常の消費に溶け込むテクノロジーにより⽣活を向上させること」をミッションに事業展開しており、2013 年より国内初のモバイルオーダーサービスとして「O:der(オーダー)」を⼤⼿から中⼩規模まで幅広い飲⾷・⼩売店舗に導⼊してきました。現在「O:der」は、コンシューマー・フロントエンドからPOS・基幹システムまでが連携可能な店舗システム構築を特⻑とした次世代店舗創出プラットフォームへと成⻑しています。ショーケース・ギグでは、単なるシステム提供に留まらず、新時代の消費⾏動を捉えたサステナブル(持続可能)な店舗モデルの創出に取り組んでいます。

グローリーは、スーパーやコンビニエンスストアなどのつり銭機や駅のコインロッカーなどで⾼いシェアを持つほか、2000年からは顔認証を含む「⽣体認証」の研究・開発にいち早く取り組んでいます。また、『⻑期ビジョン 2028』において、「データアナリティクス技術」を活⽤したDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しています。現在、グローリーは外⾷市場を中⼼にリアル店舗向けに券売機やKIOSK 端末を国内に約1万8000台導⼊し、シェア1位を誇っています。

本資本業務提携により、ショーケース・ギグの提供サービスとグローリーの製品を連携させることによる店舗DX を推進すると同時に、飲⾷店の経営課題に応える顧客分析や店舗分析等のサービス提供を促進してまいります。またハードウェア製品においては、共同 DMP(※2) の構築により、両社が保有するデータや ノウハウ等のリソースを最⼤限に活⽤し、外⾷市場における社会課題、経営課題を解決し集客・創客に繋がる新たなソリューションサービスの提供が可能になります。

今後、提携を通じて、券売機や KIOSK端末の導⼊においてトップシェアを持つグローリーと、⽇本においてモバイルオーダー・事前決済サービスの草分けであるショーケース・ギグそれぞれのノウハウを掛け合わせることで、実店舗のDXによる新たな消費体験の創出に⼒を合わせて取り組んでまいります。
 

飲⾷店のフルデジタル化に向けて各種ハードウェアの供給体制を構築

昨今、⽇本におけるDXの遅れは、新型コロナウイルス感染症の流⾏によりこれまで以上に喫緊の課題となっています。特に飲⾷業界では、過去数⼗年にわたって継続してきた既存のビジネスモデルが通⽤しなくなり、DX推進による持続可能な店舗経営が必要不可⽋です。 そのような新たな飲⾷モデルを構成する各種ハードウェアの開発および供給体制の構築を両社で進めてまいります。
 


KIOSK 端末
共同開発するKIOSK端末は、ローカルネットワークでの動作を基本とする従来型の券売機とは異なり、モバイルオーダーサービスや店内の各種端末と共通のプラットフォームを活⽤することを前提とした店頭の無⼈注⽂決済端末です。インターネットサービスとの相互接続により、メニューや注⽂内容といった情報を⼀元管理することが可能になります。また、初回来店時のお客さまやモバイルオーダーに抵抗のあるシニアのお客さまにも直観的に操作が可能なUI/UX設計を追求していきます。既存のレジを置き換える存在を⽬指します。

ピックアップロッカー
オンラインで事前に注⽂して店舗で受け取る「BOPIS(※3)」を推進する上で、店舗にロッカーを設置することによって商品の受け渡しにおいても⾮対⾯で完結させる動きが⽶国を中⼼に浸透しつつあります。“完全⾮接触”という衛⽣上の観点だけでなく、今後⼈⼝減少がさらに深刻化する⽇本においては、対⾯での受け渡しに店舗スタッフを配置するのが難しくなることが予測されます。⽇本において、⽣活導線上で注⽂商品を気軽にピックアップできる受け渡し体制の構築を⽬指します。

■出資概要
・グローリーは、ショーケース・ギグから10億円の第三者割当増資の引受、およびショーケース・ギグ既存株主から株式譲受を実施。
・ 株式売買契約締結⽇ 2021年1⽉12⽇
・ 取引完了⽇     2021年1⽉18⽇

■提携および出資に関する各社のコメント
グローリー株式会社 執⾏役員 国内事業本部 販売企画統括部⻑ 植村 裕

このたび、Showcase Gig様と資本業務提携を締結できたことを⼤変嬉しく思います。弊社は、オフライン領域において強みを発揮してまいりましたが、今回のパートナーシップにより、製品という強みを⽣かしながら OMO の推進で新たなサービスの実現を⽬指します。両社で新たな価値創造を探索し、お客様の店舗運営にまつわる課題解決に取り組んでまいりたいと思います。

株式会社Showcase Gig 代表取締役 新⽥ 剛史

これからの飲⾷業界において、省⼈化・⾃動化・デジタル化の機運がますます⾼まっていくことが⾒込まれる中で、券売機や顔認証技術等におけるハードウェアプロダクトのトッププレイヤーであるグローリー様との提携により、さらにShowcase Gigの製品開発・販売⾯でのドライブがかかっていくものと考えております。次世代の店舗モデル創出に向け、両社で取り組んでまいりたいと思います。


■グローリー株式会社について
所在地 :兵庫県姫路市下⼿野 1-3-1
代表者 :代表取締役社⻑ 三和 元純
設⽴  :1944年11⽉
事業内容:通貨処理機、情報処理機及び通貨端末機器、⾃動販売機、⾃動サービス機器などの開発・製造・販売・メンテナンス
企業URL:https://www.glory.co.jp/

■累計資⾦調達額について
ショーケース・ギグの累計資⾦調達額は、2020年に資本業務提携を⾏った株式会社電通(本社:東京都港区、社⻑:五⼗嵐 博)、DIMENSION株式会社(本社:東京都千代⽥区、代表取締役:宮宗 孝光)、および三菱UFJキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:坂本 信介)への株式割当及び⽇本政策⾦融公庫からの借⼊を含めて、本クローズで約50億円となりました。これまで以上に外部パートナーとの連携を強化し、「O:der」を通じて次世代の店舗づくりをさらに加速してまいります。

※1 KIOSKとは、近年、海外の飲⾷店で導⼊が進むタッチパネル型の無⼈注⽂決済機を指す。特に⽶国や中国で
は、多くのファストフード業態がモバイルオーダーサービスと並⾏して導⼊している。
※2 DMPとは、Data Management Platformの略で、インターネット上に蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォームを指す。
※3 BOPIS(ボピス)とは、Buy Online Pick up In Storeの略で、「ネットで購⼊して店舗で受け取る」サービスを指す。受け取り⽅法には、カウンター、ロッカー、カーブサイドピックアップなどがある。
なお、「BOPIS」は株式会社Showcase Gigの商標または登録商標です。
 

▶次世代店舗創出プラットフォーム「O:der(オーダー)」
https://business.oderapp.jp/


Showcase Gigについて
https://www.showcase-gig.com/
会社名 :株式会社Showcase Gig
所在地 :東京都港区北⻘⼭ 1-2-3 ⻘⼭ビル 7F
代表者 :代表取締役 新⽥ 剛史
事業内容:モバイルオーダープラットフォームの運営、OMOソリューションの提供

<サービス導入に関するお問い合わせ先>
株式会社 Showcase Gig  TEL 03-5860-6511
※お問い合わせフォームはこちら https://business.oderapp.jp/

<報道関係者のお問い合わせ先>
株式会社Showcase Gig 広報担当 高堂
Email press@showcase-gig.com TEL 03-5772-2947

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ショーケースギグ >
  3. Showcase Gig、グローリーと資本業務提携