環境省「ESG地域金融促進事業」の採択について

北陸銀行(頭取 庵 栄伸)は、環境省が実施する「令和2年度ESG地域金融促進事業」の支援先機関として採択されましたので、下記の通りお知らせいたします。
当行は、地球温暖化が北陸地域に与える影響を考察することを通じて、地域の課題解決に取り組むことで、持続可能な地域社会の実現を目指してまいります。
1.概要
■事業名称(環境省)

令和2年度「地域におけるESG金融促進事業」
※当行は採択された支援先機関として事業構築支援およびESG要素を考慮した事業性評価を実施。
※全国の地域金融機関より11機関が採択されました。(2020年6月25日時点)

■事業概要
2019年度に続き、地域金融機関に対して地域課題に関わる事業の掘り起こしや、ESG要素を考慮した金融機関の取り組みに関する支援を行うもの。

■採択案件名
「気候変動関連に対する地域金融機関としての顧客への支援体制の確立」

■案件概要
地域への影響度および当行のポートフォリオの観点から気候変動関連における重要度の高い分野(以下、「重点分野」。)を特定した上で、重点分野に対する地域金融機関としての支援策・対応策の検討及び今後の関連業務(事業性評価およびコンサルティング支援等)への展開を模索してまいります。

2.該当するSDGsの目標

 

8_働きがいも経済成長も8_働きがいも経済成長も

13_気候変動に具体的な対策を13_気候変動に具体的な対策を


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社北陸銀行 >
  3. 環境省「ESG地域金融促進事業」の採択について