AR開発のpalan、1枚の画像から3D化・実サイズでAR試しおき可能な「ハリボテAR」を提供開始!(特許申請済)

誰でも1枚の画像をアップロードするだけ、30秒ほどで実サイズのAR作成が可能になり、3D制作コストを大幅に削減することが可能です。


WebARのシステム開発を行う株式会社palan (本社:東京都渋谷区、代表取締役:齋藤 瑛史)は、簡単に3D管理が可能なサービス「palan3D」上で、1枚の画像から3D化し実サイズでAR体験可能な技術「ハリボテAR」の提供を開始しました。
サービスURL:https://palan3d.com
お問い合わせURL:https://palan3d.com/contacts/new
※有料プラン限定の機能となります。
 

 

■ 背景
palanでは今まで、誰でも簡単にARが作成可能なpalanARや、今後リリース予定のECプラットフォームのWebXRコマースを開発してきました。
その中で、多くの企業から「実物大の3DでAR表示したいものの作成コストが高い」というご意見を頂いて参りました。
そんな声にお応えすべく、「1枚の画像から3Dを生成し、WebARで実サイズで試しおき可能」な技術の開発に至りました。

■ハリボテARについて
1枚の画像、もしくは裏表の画像を指定し、奥行きや縦横の大きさを指定することで3D生成が可能です。
またARに注釈を付与、壁掛け設定や音楽をつけるなど、幅広いニーズに合わせた3Dが作成できます。


作成された3DはすぐにWebARで確認することができ、目の前の空間に実サイズで試しおきが可能です。
質感や大きさを自宅でシミュレーションするなど、家具や家電から床材や絵画など幅広くご活用頂けます。

また、今後、リリースを控えるVRとARを組み合わせたWebXRコマースや、WebARノーコード作成サービスのpalanARへの組み込みも予定しています。

WebXRコマース
https://xr-commerce.jp

palanAR
https://palanar.com

■WebARについて
WebブラウザのみでARを実現する技術をWebARと呼び、現在企業のキャンペーンや販促などに広く用いられています。近年、WebARを利用したサービスを地方自治体、観光業界、エンターテインメント業界など、多くの企業より採用いただきサービス開発のパートナーとして制作・開発を行っています。
お問い合わせ増加の背景には、新型コロナウイルスの感染拡大を機に「非接触型」の新しい接客の形を模索し、顧客へより充実した体験を提供したいという想いをお持ちの企業の増加があります。

WebARの詳細はこちら
https://xr.palan.co.jp/webar

ニーズやご予算・納期に合わせた制作のご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
https://xr.palan.co.jp/contact/

■株式会社palanについて
株式会社palanでは国内の事例が少ない2017年頃からWebAR技術を用いた開発を続けております。
WebARのシステム開発開始以降、地方自治体、エンターテインメント業界等、幅広い業界よりサービス制作・開発を依頼いただいております。デジタルフォトフレームや、3Dの魚たちが現実世界を泳ぐWebAR水族館、社員の自己紹介やPR動画が流せるWebAR名刺などの話題サービスをどこよりも早く手がけて参りました。
今後も、お客様の声をもとにしながらWebAR技術の研究開発を進めて参ります。

【自社プロダクトのご紹介】
アプリ不要で楽しめるWebARカメラサービス「TOBIRA」
https://tobira.me

WebARによるデジタルのスタンプラリーを簡単に作成「TOBIRALLY」
https://tobirally.com

3Dデータを管理・編集・利用することができる3Dデータ支援ツール「palan 3D」
https://palan3d.com

VR×ARによる新時代のEコマース体験「WebXRコマース」
https://xr-commerce..jp

■会社概要
会社名:株式会社palan
URL:https://palan.co.jp/
所在地:東京都渋谷区代々木1-58-16 清水ビル2F
代表取締役:齋藤 瑛史
設立:2016年11月1日
主な事業内容:ウェブサイト・ウェブシステムの企画・開発・実施・保守及びコンサルティング

【お問い合わせ】
株式会社palan
広報担当者:  淺間
メール: contact@palan.co.jp
電話番号: 03-6555-4841
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社palan >
  3. AR開発のpalan、1枚の画像から3D化・実サイズでAR試しおき可能な「ハリボテAR」を提供開始!(特許申請済)