プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

合同会社クアッガ
会社概要

rebake AWARD 2023で振り返る2023年のパントレンド

rebakeがその一年人気のあったパン屋に送る「rebake AWARD」。受賞店舗の扱うパンを見ると、今年人気だったパンの傾向がわかります。

合同会社クアッガ

パンの通信販売,廃棄ロス削減サービスの「rebake」を運営する合同会社クアッガ(本社:東京都墨田区)は、rebakeに出店している全国1,000店舗以上のパン屋さんの中から、1年で最も愛されたパン屋さんに「rebake AWARD 2023」を授与しました。

今年は、満足度やリピート率を元に算出した「総合ランキング」に加えて、利用した方の投票結果から決定された「みんなの投票部門」、rebakeを熟知したスタッフが選ぶ「rebakeスタッフおすすめ部門」の3部門に分けてそれぞれパン屋さんに授与されました。

このうち、rebakeを利用している方々の声が大きく反映された「総合ランキング」と「みんなの投票部門」の受賞店舗の販売しているパンを見ると、今年、パン好きの方々が特に好んだパンの傾向がわかります。
今年は、以下の結果になりました。
1位:デニッシュなどリッチなパン
2位:ハード系のリーンなパン
3位:ベーグル
rebake AWARD 2023詳細はこちら:https://rebake.me/blogs/event/954

  • rebake AWARD 2023について

rebake AWARDとは、rebakeに出店している全国1,000店舗以上のパン屋さんの中から、1年で最も愛されたパン屋に授与される賞です。今年は、満足度やリピート率を元に算出した「総合ランキング」(1位〜10位)に加えて、利用した方の投票結果から決定された「みんなの投票部門」(1位〜5位)、rebakeを熟知したスタッフが選ぶ「rebakeスタッフおすすめ部門」の3部門に分けてそれぞれパン屋さんに授与されました。受賞店舗からのコメントも寄せられており、普段なかなか知ることのできない作り手の熱意に触れることができるのも、rebake AWARDの魅力の一つです。

rebake AWARD 2023詳細はこちら:https://rebake.me/blogs/event/954


  • rebake AWARD 2023で振り返る今年人気だったパンの傾向

rebake AWARDの受賞店舗がrebakeで販売したパンは、今年人気があったパンの傾向を示していると言えます。今回、利用者の人気に基づき算出された、「総合ランキング」と「みんなの投票部門」のランキングに基づき、今年特にパン好きの間で人気のあったパンを系統ごとにご紹介します。

1位 デニッシュなどのリッチなパン

  • リッチなパンを扱うrebake AWARD 2023受賞店舗

    総合ランキング1位「Boulanerie Riricca」

    総合ランキング2位「キィニョン」

    総合ランキング3位「BAKERY CAFE PLUME」

総合ランキングの1位から3位までを、生クリームやバターをふんだんに使った、リッチなパンが売りのパン屋が独占する結果となりました。乳製品の豊かな香りが楽しめたり、ふんわりサクサクとしているため、どんな方でも食べやすいのが特徴です。3店舗とも、rebakeではいつも待ちがいるほどの人気店です。

2位:ハード系のリーンなパン

  • リーンなパンを扱うrebake AWARD 2023受賞店舗

    総合ランキング5位「MORI BROT」

    総合ランキング10位「Boulangerie lumiere」

    みんなの投票部門1位「PUBLIC」

    みんなの投票部門3位「アジアごはんバナココ」

リーンなパンとは、リッチなパンとは逆の、シンプルな素材で作られたパンです。乳製品や卵などを多く使わない分、ハードでしっかりとした噛みごたえがあり、小麦の香りがストレートに感じられます。総合ランキング、みんなの投票部門共に2店舗ずつ選出され、根強いファンがいることがうかがえます。

3位:ベーグル

  • ベーグルを扱うrebake AWARD 2023受賞店舗

    総合ランキング4位:「VANITOY BAGEL」

    総合ランキング9位:「パンとベーグルのお店小梅のしっぽ」

    みんなの投票部門4位:「ベーグル専門店komel」

今回のrebake AWARDで、3番目に取り扱い店舗が多かったパンは、ベーグルでした。人気パンランキングでいつも上位のベーグルですが、一口にベーグルと言っても、食感や味は製法によって異なります。ベーグル好きのrebakeスタッフによると、食感だけで「もちっと」「ふわっと」「むぎゅっと」の3種類に分類できるそう。

  • 2024年は「高加水」と「グルテンフリー」がキーワード?

今回のrebake AWARDで特徴的だったのは、「高加水」パンが売りな店舗と「グルテンフリー」専門の店舗がランクインしたことです。高加水のパンはもちっとした食感が日本人好みで、食べたときにパサつかずに小麦に香りを存分に楽しめます。グルテンフリーのパンは、近年の製パン用米粉の進化もあり、人気度が高まっています。米粉のデンプン質による独特の食感は、米粉を使ったパンならでは。高加水パンとグルテンフリーのパンは今後もファンを獲得していくと予想できます。

rebake AWARD 2023 詳細はこちら:https://rebake.me/blogs/event/954

  • rebakeについて

日本全国のこだわりのパンの通販購入や、廃棄になりそうなパンの購入により廃棄をなくすことに貢献できる、日本最大級のパンの通信販売プラットフォームです。rebakeでは、パンの廃棄を減らすべく、廃棄になってしまいそうな「ロスパン」を積極的に扱っています。利用者の方は、日本全国のこだわりのパンを自宅で楽しめ、かつフードロスという社会問題の解決にも貢献でき、パン屋さんは、廃棄による心理的負荷を減らし、美味しいと言ってもらえる幸せと、売上を増やすことができます。rebake は、「パンの廃棄削減によるフードロスの減少、持続可能な社会の実現」を目的に運営しています。


・HP:https://rebake.me/
・instagram:https://www.instagram.com/rebake_bread/
・Facebook: https://www.facebook.com/rebake.me
・twitter: https://twitter.com/rebake20002031


会社概要

・会社名:合同会社クアッガ 
・事業内容:パン廃棄の削減サービスrebake、グルテンフリーの定期便、食に関するコンサルティング事業
・代表:斉藤優也、鶴見和俊
・所在地:東京都墨田区八広1-2-10
・設立:2018年8月
・URL:https://quagga.life/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
EC・通販食品・お菓子
位置情報
北海道伊達市店舗・民間施設群馬県高崎市店舗・民間施設東京都小金井市店舗・民間施設新潟県新潟市店舗・民間施設大阪府大阪市店舗・民間施設
関連リンク
https://rebake.me/blogs/event/954
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

合同会社クアッガのプレスキットを見る

会社概要

合同会社クアッガ

18フォロワー

RSS
URL
https://quagga.life/
業種
情報通信
本社所在地
東京都墨田区八広1‐2‐10
電話番号
-
代表者名
斉藤 優也
上場
未上場
資本金
-
設立
2018年08月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード