2020年「未経験」で人事に転職した方の平均年齢は31.9歳。どのような点が選考での評価に結び付いたのか調べました

管理部門・士業に特化したダイレクトリクルーティングメディア(求人サイト)「MS Jobs」を運営する株式会社MS-Japan(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:有本隆浩/以下MS-Japan 証券コード:6539)は、同社の転職エージェントサービス「MS Agent」の転職支援実績のデータから「未経験」で「人事」に転職した方の事例を調べました。

コロナ禍での未経験転職は難しい?最新データから見る人事の転職動向とは
【2020年 人事の未経験転職成功事例】

 

■人事へ未経験転職した方の平均年齢は31.9歳
2020年は、未経験で人事に転職した方の平均年齢は31.9歳でした。最も多かった年代は20代で、全体の60%を占めています。

■未経験で人事に転職した人が面接で評価されたポイントとは?
社会保険労務士事務所での給与計算業務など人事業務と親和性が高いといわれる業務を経験していない、完全に未経験の方が選考において評価されたポイントを調べました。

・営業アシスタント等の事務職、人事以外のバックオフィスに携わった方
⇒PCでの事務作業を通して身に着けたOAスキルは、給与計算等の「労務」業務で活かせます。また、アシスタントとして先回りしてサポートする姿勢や、細かなタスク管理理ができるきめ細やかさが評価につながった方もいました。

・英語力やその他の語学力(中国語、韓国語等)を持つ方
⇒外資系企業や外国人採用を積極的に行っている企業では、社内でのコミュニケーションや採用活動の際にエージェントや候補者と英語や中国語でやり取りをすることが多くなります。外国語について会話レベルまで対応可能な人材は転職市場においてそう多くはないので、面接においても高く評価されていました。

・人事業務に活かせる資格を勉強中の方(社会保険労務士など)
⇒すでに資格を保有している方が評価されやすいですが、勉強中で具体的な試験の予定がある方でも、「業務に対する熱意が感じられる」「知識をある程度身に着けているので早期のキャッチアップが見込める」という点で評価されていました。 

・自発的にキャッチアップすることができる方
⇒柔軟に変化に対応する力はどのような企業でも評価されやすいスキルです。特にベンチャー企業や上場準備中の企業においては、事業も組織体制も早いスピードで変化していきます。また、入社後の研修等に人員や時間を割くことが難しいケースも多いでしょう。似た状況の中で自発的に業務にキャッチアップし、変化に柔軟に対応してきた経験は、面接でも高く評価される傾向があります。

▼詳しくはこちらをご覧ください
https://ms-japan.jp/contents/topics_jinji_data

■調査概要
・調査期間:2020年1月~2020年9月
・調査対象:当社が運営する人材紹介事業において、未経験で人事職に転職した方

■MS Jobsとは
管理部門・士業に特化したダイレクトリクルーティングメディアです。
管理部門・士業特化型エージェントとして30年に渡り蓄積されたデータやノウハウを活かし、より多くの求職者が転職できるよう細部までこだわったダイレクトリクルーティングメディアになります。
求人を探す・応募するだけではなく、直接企業からスカウトされる機能もあるため、求人探しの選択肢を拡げられます。
URL:https://ms-japan.jp/

■株式会社MS-Japan について
弁護士、公認会計士、税理士等の資格を有する士業と、一般事業会社の管理部門職種(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画等)に特化した、人材紹介事業(有料職業紹介事業)を主たる事業としております。同領域に特化することにより、業界の業務内容や業界の動向に対する知識が蓄積されやすく、専門特化型ならではの精度の高いマッチングを実現しており、国内の上場企業、非上場企業、外資系企業や金融機関等に加え、会計事務所、監査法人、法律事務所等の専門的な組織まで幅広く当社のサービスを提供しております。
URL:https://company.jmsc.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社MS-Japan >
  3. 2020年「未経験」で人事に転職した方の平均年齢は31.9歳。どのような点が選考での評価に結び付いたのか調べました