埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、野村グループのコア業務である証券業務を担う中核会社の野村證券株式会社 川越支店とブロンズパートナー契約を締結

COEDO KAWAGOE F.Cを運営するCOEDO KAWAGOE F.C株式会社(埼玉県川越市、代表取締役 有田和生)は、日本を代表する証券会社として、資本市場を通じて、個人投資家をはじめ、さまざまな企業に対して、資産運用・資金調達などのサービスを提供している野村證券株式会社 川越支店(埼玉県川越市、支店長 小城直樹)とブロンズパートナー契約を締結したことを発表いたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは、2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、Jリーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。
埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブ」を目指しています。

■契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100年以上続くクラブへ”というミッションを掲げ、地域に根ざしたフットボールクラブの形を目指す「COEDO KAWAGOE F.C」の方向性へ共感を頂き、野村證券株式会社川越支店様がこれまで取り組まれてきた地域貢献活動との連携等を通じて、地域、社会の発展により貢献していきたいという想いから、今回のご縁となりました。

■野村證券株式会社 川越支店 支店長 小城直樹 様 コメント

「「川越市をホームに、Jリーグを目指す!」という目標に一緒に向かっていく機会に恵まれたことを光栄に思います。
川越市は、本年市政施行100周年であり、私は、この川越のさらなる発展、またもっと魅力ある街づくりをしたいという思いを強く持っております。
この気持ちはCOEDO KAWAGOE F.C様と同じ気持ちだと感じております。
サッカー×金融という、いまだどこの町もできていない、わくわくするような、コラボレーションやイベントも開催していきたいと考えています。
社員一丸となり、COEDO KAWAGOE F.C様の選手、スタッフの皆様とともに、この素晴らしい、小江戸川越を盛り上げていきます。」

HP:https://www.nomura.co.jp/branch/branch/kawagoe.html

■COEDO KAWAGOE F.C株式会社 代表取締役 有田和生 コメント

「この度、日本を代表する証券会社でもある野村證券株式会社 川越支店 様とパートナー締結をさせていただきました。経済の循環を通じて、豊かな社会の創造に貢献するというグループの使命をもち100年近く引っ張って来られた野村證券様とのパートナー締結は、サッカークラブを通じて川越をひいては日本を盛り上げたいという弊クラブの夢を後押ししてくださるものと確信しております。
また、川越支店や小城支店長も地域への貢献をすごく大事にされており、地元の商工会議所や神社等と共同で『川越まつり 今昔アーカイブプロジェクト』→ https://www.facebook.com/groups/kawagoematsuri.konjaku 
を結成されるなど実際の行動もされておりますので、ホームタウン活動でも連携することで単独で行う以上の効果をださせていただければと存じます。」

HP:  https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画: https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、野村グループのコア業務である証券業務を担う中核会社の野村證券株式会社 川越支店とブロンズパートナー契約を締結