新型コロナウイルスの影響を受ける事業主のための「雇用調整助成金」活用術をオンラインセミナーで解説

<不動産仲介会社向け>

不動産仲介会社向けの営業支援SaaS「プロポクラウド」を提供する株式会社Housmart(本社:東京都中央区、代表取締役:針山 昌幸、以下:ハウスマート)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている不動産仲介会社を支援する活動を行なっています。
この度は、厚生労働省の「雇用調整助成金」に関して概要や申請方法を解説するオンラインセミナーを4月27日(月)14:00~15:00に開催します。

 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、政府から緊急事態宣言が発令され、外出が自粛されています。それに伴い、不動産仲介会社では、お客様の来店や物件見学が減少しており、売上の縮小が見込まれます。

そこで活用したいのが、厚生労働省が設置した雇用調整助成金の特別措置です。雇用調整助成金は、経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、雇用の維持を図るための休業手当に要した費用を助成する制度です。本オンラインセミナーでは、雇用調整助成金の概要や申請方法を解説します。   ハウスマートは、これまでもコロナショックを生き残るための支援策として、不動産仲介会社に対して、リモートワークを導入するための方法をまとめた冊子をプロポクラウドのwebページ(https://propo.co.jp)から無料ダウンロードできるサービスやオンライン勉強会を実施しています。

 ■セミナー概要
名称:コロナ禍を生き残る 雇用調整助成金活用術開催日時:2020年4月27日(月) 14:00~15:00
料金:無料



■プロポクラウドとは

プロポクラウドは、営業担当者に代わってお客様の希望条件に合う中古マンションをメールで提案する、不動産仲介会社向けSaaS(営業支援ツール)です。

従来、営業担当者がお客様の希望条件に合う物件をレインズ(不動産流通標準情報システム)で情報検索し、物件情報(PDF)をダウンロードしてメールに添付して送付していましたが、「物件数が多すぎて把握しきれない」「長期フォローが必要なので対応しきれない」という課題がありました。プロポクラウドは、このような不動産仲介会社の悩みを解決し、現在100店舗以上に導入されています。
  • サービス名:プロポクラウド
  • 対象物件:居住用中古マンション(オーナーチェンジ物件除く)
  • 対象エリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
  • 料金:月額5万円〜(税抜)
  • 詳細:https://propo.co.jp



■株式会社 Housmart(ハウスマート)について
ハウスマートは 「住を自由に」 をミッションに掲げ、テクノロジーとデザイン、不動産の専門知識を融合させ、「住」の概念をもっと自由なものに進化させることを目指しています。

代表者:代表取締役 針山昌幸
所在地:東京都中央区銀座2-10-8 マニエラ銀座ビル6階
設立:2014年10月
URL:http://housmart.co.jp/
提供サービス:不動産売買仲介向けSaaS(営業支援ツール)「プロポクラウド」(https://propo.co.jp/

 
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Housmart >
  3. 新型コロナウイルスの影響を受ける事業主のための「雇用調整助成金」活用術をオンラインセミナーで解説