「ファミペイ翌月払い」の本人確認手続きに、AI(顔認証等)を活用してオンライン本人確認を実現する「LIQUID eKYC」の提供を開始

株式会社Liquid(本社:東京都千代田区、代表取締役:長谷川 敬起)は、株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見研介)が提供するスマホアプリ「ファミペイ」において、2021年9月7日から開始する後払いサービス「ファミペイ翌月払い」にAI(顔認証等)を活用してオンライン本人確認を実現する「LIQUID eKYC」の提供を開始します。

「LIQUID eKYC」の導入により、「ファミペイ翌月払い」のお申し込みを希望するお客さまは、簡単・便利な本人確認が可能となります。
※「ファミペイ翌月払い」は、登録包括信用購入あっせん業者に事業者登録をする株式会社ファミマデジタルワン(株式会社ファミリーマートの100%子会社)が提供するサービスです。
 


■ 「ファミペイ翌月払い」について
「ファミペイ翌月払い」は、お得なファミマのアプリ「ファミペイ」の電子マネー「ファミペイ決済」の新サービスとして、FamiPayチャージの金額が不足している場合にもFamiPay払いが可能で、その分のお支払いは後日まとめて精算できるサービスです。本サービスは通常のお買い物に加え、各種公共料金やファミリーマート以外のファミペイ加盟店のお支払いも含め、FamiPay払い可能なすべてのお支払いにご利用いただけます。

■eKYC市場シェアNo.1(※)であるLIQUID eKYCの導入目的と6つの特長
多くの導入事業者様が、本人確認(アカウント開設等)のリードタイム短縮、稼働率向上、コスト削減、ペーパーレス化、店舗省人化、セキュリティ向上、法令順守などを目的としてLIQUID eKYC(およびLIQUID Shield、LIQUID Auth)を導入しています。
(1)独自のAI技術・最高水準の顔認証精度・OCR技術等により、低い離脱率(約3.0%)、低い本人確認不備率を実現
(2)唯一の共通プラットフォームによる継続的なAI学習・改善で、高精度の技術を更に成長。
(3)独自の特許技術により、他には真似のできないセキュアな本人確認を実現。
(4)接続が容易なAPI連携や、完成度の高い管理画面を標準装備しているため、最短3週間程度でリリース可能な導入のしやすさと低コストを実現。
(5)企業横断の不正検知サービス「LIQUID Shield」(※)。容貌(顔)、氏名、生年月日、スマホ端末情報を一元的に紐づけ企業業界を横断して使いまわしなどの不正を検知。また、IPアドレス判定、反社チェック、不正電話番号、不正住所等の照合も可能。
(6)eKYC時代の統合認証プラットフォーム「LIQUID Auth」(※)。eKYCで撮影した容貌(顔)を用いた取引時の顔認証(Auth Face)や、スマホ端末認証、キャリア認証などを組み合わせてセキュリティと利便性を両立。

※「ITR Market View:アイデンティティ・アクセス管理/個人認証型セキュリティ市場2021」における、eKYC市場:ベンダー別売上金額シェアで2年連続(2019~2020年度予測)シェアNo.1を獲得
※ LIQUID Shield、LIQUID Authにも独自の特許技術を有しております。

以上

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Liquid >
  3. 「ファミペイ翌月払い」の本人確認手続きに、AI(顔認証等)を活用してオンライン本人確認を実現する「LIQUID eKYC」の提供を開始