阪急阪神百貨店の新卒採用選考において「HireVue(ハイアービュー)」 AIアセスメント活用が開始~従来の選考方法に、AIによる客観評価を掛け合わせたハイブリッド選考にチャレンジ~

21年卒の採用選考で30万人以上の学生が利用し、就活人気ランキング(ワンキャリア調べ)上位50社の46%(23社)が利用するデジタル面接プラットフォーム「HireVue(ハイアービュー)」を展開するタレンタ株式会社(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO 田中 義紀、以下タレンタ)は、株式会社阪急阪神百貨店(本社 大阪市北区)における22年卒の新卒採用選考にて、オンデマンド(録画)型の面接データをAI分析して社会人基礎力を測定する「HireVue」 AIアセスメント活用の開始が決定したことをお知らせします。
【導入の背景と狙い】
阪急阪神百貨店では、2018年度新卒採用の本選考から「HireVue」を活用しており、書類だけでは判別できない学生の能力・情熱・人となりを言葉・表情・声色を通じて見逃すことなく汲み取ることで、より多くの学生に自身の魅力をアピールできる機会を提供した選考を実施しています。
その効果を踏まえ、さらに選考の精度を向上させるため、従来のPR動画選考に「HireVue」 AIアセスメントを併用した多面的な評価を実施することで、高い基礎力、多種多様なタイプの人材の採用を実現できることを期待しています。
「HireVue」 AIアセスメントにより全学生の基礎力を公平に判断し、加えて録画動画を人事担当者の目でも確認するという、ハイブリッドな選考により、多種多様なタイプの人材を見逃すことなく後続の面接に進んでもらうことができると考えます。これにより、公平性の高い選考と多様性のある採用のさらなる実現を目指します。

タレンタでは採用選考における候補者・企業の負担軽減と、公平な選考の実現をサポートすることを目指し、AIアセスメントの開発と提供に取り組んで参ります。

【HireVue(ハイアービュー)について】
HireVueは米国HireVue Inc.が提供し、タレンタが日本市場で販売するクラウド型デジタル面接プラットフォームです。30ヶ国語以上に対応しており、IBM、Apple、amazonなどのグローバル企業800社以上で導入され、日本国内でも日立製作所、東京海上日動、日本航空、ヤフー、JAXAなど200社以上で利用されています。オンデマンドとライブという2つの面接スタイルに対応し、候補者はスマホやパソコンから時間や距離に縛られず面接を受けることができます。ビデオ+ゲーム+AIを組み合わせることで社会人基礎力を判定しマッチング度の高い人材を獲得することができます。
 


【HireVue Inc.について】
HireVue Inc.は2004年に設立された、ビデオインタビュー分野における世界トップクラスのクラウドサービスプロバイダです。詳しくは https://www.hirevue.com/ をご参照ください。

【タレンタ株式会社について】
HRテクノロジー分野における日本のリーディングカンパニーの一つであり、「Work Happy!な世の中を創る」をミッションとして、世界各国から最も優れたクラウド型HRテクノロジーソリューションと関連サービスを日本市場に展開しています。
タレンタはサンブリッジグループを母体として設立されました。サンブリッジグループはこれまでに、セールスフォースドットコム、シルクロード、コンカー、マルケト、キリバ、デマンドウェアなど米国の先進的クラウドソリューションプロバイダとの合弁会社を設立し、日本市場への展開を成功させてきた豊富な実績を有します。
詳しくはhttps://www.talenta.co.jp 及び https://www.sunbridge.com をご参照ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. タレンタ株式会社 >
  3. 阪急阪神百貨店の新卒採用選考において「HireVue(ハイアービュー)」 AIアセスメント活用が開始~従来の選考方法に、AIによる客観評価を掛け合わせたハイブリッド選考にチャレンジ~