現代アート約180点がラグジュアリーフロアに出現!阪急うめだ本店および阪急メンズ大阪にて「コンテンポラリーアートフェア」開催(6/30まで)

京都芸術大学 美術工芸学科が全面協力!世界で活躍中の作家から、これから羽ばたく作家まで総勢50組、約180点ものアート作品が登場!ラグジュアリーブランドとのコラボアイテムも販売。

 

撮影:前端紗希撮影:前端紗希

京都芸術大学(京都市左京区/学長 吉川左紀子)美術工芸学科は、阪急うめだ本店および阪急メンズ大阪にて、6月1日(火)より「コンテンポラリーアートフェア」を開催しています。テーマは、時代の流れを変える人や事を意味する「Game Changer」。

美術工芸学科の教員を中心に、世界で活躍している現代アーティスト7名の作品や、今後成長が期待される若手新進アーティスト22組、在学生21名の作品約180点を、椿昇教授の目線でセレクト。また、阪急阪神百貨店オンラインストアでも約60点を販売しています。
 
  • コンテンポラリーアートフェア「Game Changer」
    期間 6月1日(火)~6月30日(水)
    時間:平日 10:00~20:00 ※土日祝休み
    場所:阪急うめだ本店 5・6階インターナショナルブティックス、阪急メンズ大阪 1階プロモーションスペース11、3階プロモーションスペース31
    特設サイト:https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/cat/ladies/h/artfair/index.html

近年、世界で活躍するアーティストとラグジュアリーブランドがコラボレートするなど、 アートとファッションとの関係が切り離せないものになっています。 また、先の見えないコロナ禍の中、現代アートは見る人によって様々な捉え方ができ、感性を豊かにしてくれることから注目されています。

今回、 阪急うめだ本店インターナショナルブティックスと阪急メンズ大阪にて、「Game Changer」をテーマに「コンテンポラリーアートフェア」を期間限定で開催。美術工芸学科教授 椿昇が監修し、名和晃平や大庭大介、鬼頭健吾など現代アーティストとして活躍する教員や卒業生、そして活躍を期待される在学生の作品など、総勢50組、約180点もの作品をご紹介します。アーティストの多彩な感性から生まれる絵画やオブジェ作品など、心揺さぶられるアートとの出会いにご期待ください。

また、ラグジュアリーブランドとアーティストのコラボアイテムも用意。10ブランドのアーティスティックなアイテムが販売されています。

〈展開ブランド〉アクリス、 アライア、 ヴァレンティノ、 ショーメ、 タサキ、 ディオール、 ドレスギャラリー、 フェンディ、 ブランバン、 ブルガリ

  
  • 阪急うめだ本店5階:作品数 31点
    ​京都芸術大学教員6名および東京藝術大学教員1名 合計7名
    今後成長が期待される若手新進アーティスト13名と1組

撮影:前端紗希撮影:前端紗希


大庭大介、薄久保香、池田光弘、鬼頭健吾、名和晃平、椿昇、福本双紅、松村咲希、品川亮、香月美菜、竹内義博、太田桃香、油野愛子、佐々木光、岡田佑里奈、広瀬菜々&永谷一馬、前田紗希、木村舜、宮田彩加、長田綾美、江藤菜津美






 
  • 阪急メンズ大阪 1階 プロモーションスペース11:作品数 46点
    今後成長が期待される若手新進アーティスト:8名

撮影:前端紗希撮影:前端紗希


品川美香、西垣肇也樹、高瀬栞菜、山越美佳、藤本純輝、前端紗季、井上七海、御村紗也










 
  • ​阪急メンズ大阪 3階 プロモーションスペース31:作品数 104点
    京都芸術大学および大学院在学生:21名

 

撮影:前端紗希撮影:前端紗希

 

高尾岳央、小西葵、呉昊、岡本ビショワビクラムグルン、山口京将、山中雪乃、山本志歩、則松夏凜、伊藤史江奈、神谷拓範、武欣悦、向珮瑜、沖野颯冴、高橋順平、黒崎茜、山神美琴、大澤一太、谷野真悟、平等菜々理、大野裕和、白石効栽







 

  • アートフェア監修 京都芸術大学 美術工芸学科 教授 椿昇

美術工芸学科教授 椿昇美術工芸学科教授 椿昇

Bean to Bar はカカオ豆からチョコレートまで一貫して製造するクラフトチョコレートの運動としてアメリカで始まりました。このようなフード革命の動きは、近年意識の高い人々に幅広く受け入れられるようになりました。私はさまざまな業態でこの生産者と消費者を信頼によって直結する仕組みこそが、地球の抱えるさまざまな問題を解消する最後の手段ではないかと考えるようになりました。

アートにもすでにその動きは始まっています。「直接」と「信頼」という「ARTISTS' FAIR KYOTO(アーティスツ フェア キョウト)」のチャレンジは、アートのクラフトチョコレート運動と言えるのかもしれません。

ほんとうに上質のアートを素晴らしい方々に静かにご紹介する取り組みは、現在阪急うめだ本店の5階ラグジュアリーフロアとメンズ館1階と3階にも展開中です。交換価値から体験価値へ、CSRからCSVへ、世界は静かに動いています。
 
  • コンテンポラリーアートフェア「Game Changer」
    期間 6月1日(火)~6月30日(水)
    時間:平日 10:00~20:00 ※土日祝休み
    場所:阪急うめだ本店 5・6階インターナショナルブティックス、阪急メンズ大阪 1階プロモーションスペース11、3階プロモーションスペース31
    特設サイト:https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/cat/ladies/h/artfair/index.html
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 学校法人 瓜生山学園 京都芸術大学 >
  3. 現代アート約180点がラグジュアリーフロアに出現!阪急うめだ本店および阪急メンズ大阪にて「コンテンポラリーアートフェア」開催(6/30まで)