プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ディスカバー・ジャパン
会社概要

『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2024年1月号「ニッポンの酒最前線2024」が12月6日に発売!

株式会社ディスカバー・ジャパン

株式会社ディスカバー・ジャパン(所在地:東京都港区、代表取締役社長:髙橋俊宏)が発行する月刊誌『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』2024年1月号「ニッポンの酒最前線2024」が発売されました。

『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』 2024年1月号 Vol.146「ニッポンの酒最前線2024」

日本酒や焼酎、ジャパニーズクラフトジン、クラフトリキュール、日本ワインなど、いま日本各地の独創的な造り手たちによって、より自由で質の高い酒が生まれています。

今月号では、そんな新年に向けて味わいたいニッポンの酒の最新事情をご紹介!

巻頭では、「FOLKLORE」南雲主于三さんをはじめ、世界を代表するトップバーテンダーの方々に、國酒の現在地と最先端のジャパニーズカクテルを教えていただくなど、世界のフーディを魅了する全国各地のバーを取り上げています。

また、いま話題の熟成日本酒や、日本ならではの文化、“角打ち”にもフォーカス。

さらには、世界が注目するワイン産地のひとつ、北海道・余市のワイナリーへ訪れ、ワインツーリズムといった、地域を元気にする酒の可能性もひも解いています。

いま飲みたい、知っておきたい2024年最新の酒事情が、この一冊に詰まっています!


詳細・購入はこちら

https://discoverjapan-web.com/magazine


いま、ニッポンの酒を楽しむなら、バーへ行こう!

世界を代表するバーテンダーの國酒でのおもてなし

バーは未知の酒と出合える最前線の現場であり、バーテンダーとの会話を通して、酒の文化や歴史に触れられる場所でもあります。近年、酒の選択肢は増え、その楽しみ方もよりいっそう多様・進化を遂げている中で、いま飲むべき酒とは何か? そこで今回、日本ならではの文化を感じられるジャパニーズカクテルを提供し、“美味しい”を入り口に土地の風土を伝えるバーを訪れました。

「FOLKLORE」南雲主于三さん/「The SG Club」後閑信吾さん/「LAMP BAR」金子道人さん/「夜香木」木場進哉さん


新しい酒に出合える角打ちの名店

酒販店の一角で立ち飲みできる「角打ち」は、新しい酒に出合えることが魅力です。江戸時代に創業し、かつて宮内庁御用達にも認定された東京・四谷の「スタンディングルーム鈴傳」は、“角打ちの聖地”と言っても過言ではありません。愛され続ける背景にある、酒販店としての確かな目利きと呑兵衛好みの料理の数々をひも解きます。さらには、“日本一の角打ち”として名高い兵庫・明石の「立呑み 田中」、多くの角打ち店がある福岡・博多の人気店「小谷酒舗」もご紹介。知らなかった酒を発見する入り口として、ぜひ訪れてみてください。


日本ワイン最前線を知るなら北海道へ!

世界が注目する余市のワインの魅力を徹底解剖

次々と新しいワイナリーが誕生し、賑やかな日本ワインの世界。そのクオリティも年々右肩上がり。なかでも注目されているのが北海道・余市。世界のトップレストランも注目しているワイナリーがあります。今回、特に熱い視線を注がれている登地区に注目。ワイン造りが、地域も元気にするキーにもなっている、余市のワインの魅力と造り手を徹底的にご紹介します。

ドメーヌ・タカヒコ/ドメーヌモン/山田堂/LOWBROW CRAFT Local Independent Winery/ランセッカ/ドメーヌ・ミズキ ナカイ/モンガク谷ワイナリー/キャメルファームワイナリー/ドメーヌユイ/登醸造

中根酒店/かくと徳島屋/余市SAGURA/Qunpue wine & cafe/naritaya/Domaine Bless


海外からも注目! 熟成日本酒の世界

出来立てでフレッシュなものがいい、というイメージがこれまであった日本酒。しかし、酒好きのなかで、いま注目されているのが「熟成日本酒」。20年以上前から熟成日本酒に注目し、2023年に「熟と燗」という店を開業された上野伸弘さんに、その魅力とおすすめをうかがいました。ウイスキーといった熟成酒が世界で評価される中、歳月があってこそ生まれる熟成日本酒には、新たな日本酒の魅力を広げる可能性がありそうです。


Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)とは

2008年創刊の雑誌『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』は、”ニッポンの魅力、再発見”をコンセプトに、日本のモノ・コト・場所・人を通して、本物かつ上質な日本文化の魅力を、わかりやすく、丁寧に編集・提案する「日本の入門書」メディアです。


株式会社ディスカバー・ジャパン発行

月刊誌『Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)』最新号の特集はこちらで詳しく見ることができます。

https://discoverjapan-web.com/magazine


【購入方法】

全国の書店・コンビニエンスストアまたは以下URLよりご購入ください。

https://shop.discoverjapan-web.com/collections/all/products/202401

日本文化の最新トレンドが毎月届きます。定期購読のお求めはこちらから。

https://shop.discoverjapan-web.com/products/subscription


WebSite:https://discoverjapan-web.com

Instagram:https://www.instagram.com/discoverjapan

Facebook:https://www.facebook.com/DiscoverJapan

X:https://twitter.com/Discover_Japan


<次号のお知らせ>

Discover Japan(ディスカバー・ジャパン)2024年2月号

「温泉のチカラ」

自然が生み出す恵み“温泉”は、古来人々を癒してきました。

日本には3000を超える温泉地があり、世界でも有数の温泉大国です。日本が誇る財産のひとつでもあります。

この温泉を活用して、保養しやすい場づくりや、地域を盛り上げている事例を紹介いたします。

保養目的の温泉滞在をかなえ、いい湯が出続ける環境を整え、新しくチャレンジをしている温泉地は、ウェルネスツーリズムが観光のキーワードになっているいま、注目しておきたいポイント。

また、サウナや銭湯において、地域活性、コミュニティづくりにひと役買っている事例についても取り上げます。

休養・保養の場所として、そして地域を知って楽しむ第一歩としての温泉の可能性を、あらためてひも解きます。


このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://shop.discoverjapan-web.com/collections/all/products/202401
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ディスカバー・ジャパン

9フォロワー

RSS
URL
https://discover-japan.co.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都港区三田3-4-18 二葉ビル11F
電話番号
03-6812-9791
代表者名
高橋 俊宏
上場
未上場
資本金
2億5000万円
設立
2018年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード