関西国際空港T1リノベーションにおける工事契約締結について

国際線キャパシティの拡大や旅客体験の向上に向けて

当リノベーションは、関西国際空港における国際線キャパシティの拡大や旅客体験の向上を主目的に
実施するプロジェクトであり、大阪・関西万博の開催までに主要機能の供用を開始すべく、2021年5月28日(金)に本格的に工事がスタートする予定です。
関西エアポート株式会社(代表取締役社長CEO:山谷 佳之、代表取締役副社長Co-CEO:ブノア・リュロ)と株式会社大林組(代表取締役社長:蓮輪 賢治)は、「関西国際空港第1ターミナルビルリノベーション工事」の工事契約を締結しましたことをお知らせいたします。

 当リノベーションは、関西国際空港における国際線キャパシティの拡大や旅客体験の向上を主目的に実施するプロジェクトであり、大阪・関西万博の開催までに主要機能の供用を開始すべく、2021年5月28日(金)に本格的に工事がスタートする予定です。

関西エアポート株式会社 代表取締役社長CEOの山谷 佳之と代表取締役副社長Co-CEOのブノア・リュロは「関西国際空港T1リノベーションの工事契約締結に際し、ご支援いただいた関係の皆様に心より感謝申し上げます。関西経済の発展を考える上で大切な役割を担う国際空港として、今後の航空需要に着実に対応していくとともに、2025年大阪・関西万博の際にはファーストパビリオンに相応しい機能を提供し、お客様に快適で新しい旅の体験をしていただける空港をめざしてまいります。」と述べています。

株式会社大林組 代表取締役社長の蓮輪 賢治は「関西国際空港がお客様に新たな役割と体験を提供するとともに、訪日外国人にとってのファーストパビリオンとして大阪・関西万博を盛り上げることに貢献できるよう、品質の確保はもとより、施工中の安全衛生管理にも万全の対策を講じるなど、施工会社として全力で尽くす所存です。」と述べています。

両社は、引き続き関係の皆様と連携し、世界のお客様を迎える関西地域のゲートウェイである関西国際空港の機能強化に向けて、強固なパートナーシップのもと着実にプロジェクトを進めてまいります。


【工事スケジュール】
2021 年5月28日 T1 リノベーション工事本格スタート
2022 年秋頃 2F 新国内線エリア等運用開始
2023 年冬頃 2F 国際線出発エリア中央等運用開始
2025 年春頃 4F 新保安検査場及び 3F 国際線ラウンジ運用開始  ※空港主要機能完成
2026 年秋頃 2F 国際線出発エリア南北商業施設運用開始

↓プレスリリースはこちらから
http://www.kansai-airports.co.jp/news/2021/2944/J_210428_PressRelease_T1contract.pdf
 

 

  1. プレスリリース >
  2. 関西エアポート株式会社 >
  3. 関西国際空港T1リノベーションにおける工事契約締結について