11月22日は「いい夫婦の日」! 2018年度「いい夫婦の日」キャンペーン「いい夫婦 川柳コンテスト2018」作品公募を8/1(月)より開始

夫婦関係にまつわる悲喜こもごもをユーモアと風刺のセンスで表現してください。

 「いい夫婦の日」をすすめる会は、11月22日の「いい夫婦の日」に先立ち、「いい夫婦 川柳コンテスト2018」の作品を8月1日(水)より10月1日(月)まで広く一般の方から募集します。

 今回で第13回目を迎える「いい夫婦 川柳コンテスト」は、夫婦の関係をあらためて見つめるきっかけになり、いい夫婦がたくさん増えることを願って、2006年よりスタートいたしました。一般部門は「夫婦」、企業賞部門は「お菓子」といった各企業賞のテーマに沿った作品であれば、どなたでも応募でき、優秀作品には副賞として、全国百貨店共通商品券をはじめ、協賛企業からご提供いただく豪華賞品を贈呈します。

 なお昨年度(2017年)は7,156句の応募がありました。

【2017年度 第12回 いい夫婦 川柳コンテスト  入選作品】 ※一部作品を抜粋
■いい夫婦大賞
○長生きをしたいと思う人と居る

■優秀賞(5作品)
○妻といるだけでこんなに青い空                                                 
○妻が居るただ居るだけでそれだけで                           
○50点同士でいいさ足せば100                                 
○いい夫婦気づかずにいるいい夫婦
○おめでとうなんで涙がでるのかな

 「いい夫婦の日」をすすめる会は、日本中のご夫婦にいっそう素敵な関係を築いていただきたいという気持ちから、11月22日を「いい夫婦の日」として活動しています。

  「いい夫婦の日」のテーマは「『いい夫婦の日』は、“ふたりの時間”を大切にする日です。」
 ふたりの時間に思いを巡らせ、「ありがとう」や「愛してる」などの普段はなかなか言えない言葉を、川柳というカタチで表現していただくことで、日頃のお互いの気持ちを伝えあうきっかけになればと考えています。
 夫婦のお互いへの想いをユーモアと風刺のセンスで表現した作品を、多くの方にご応募いただければと思います。
 

  • いい夫婦 川柳コンテスト2018募集概要

名称: いい夫婦 川柳コンテスト2018
テーマ:
◆一般部門
テーマ「夫婦」(A)
※一般部門は広く夫婦をテーマにした作品を募集します。
◆企業賞部門
ブルボン賞  テーマ 「お菓子」(B)
※企業賞部門は、テーマを切り口に、夫婦・カップルを描いた作品を募集します。
選 考 方 法:いい夫婦大賞・優秀賞・佳作は一般・企業賞含む全応募作品から選考いたします。
      企業賞は各テーマごとの応募作品中から選考いたします。
応募締切: 2018年10月1日(月)17:00
応募方法: Webサイト専用フォームに、氏名、ペンネーム、性別、年齢、既婚または未婚
      (既婚の場合は結婚何年目か)、メールアドレス、郵便番号、住所、
      電話番号を記入し、ご応募条件を承諾のうえ5・7・5の形式でご応募ください。
※各テーマごとに3句までとさせていただきます。
応募先: webサイト専用フォーム URL:http://www.fufu1122.com/senryu/
※はがきでの応募は受け付けておりません

審   査:審査委員長 雫石隆子(一般社団法人 全日本川柳協会 常務理事)
      審査委員   佐藤美文(一般社団法人 全日本川柳協会 理事)
※今年度より審査委員長が雫石隆子氏に交代しました。
賞及び賞品:
いい夫婦大賞  1名  全国百貨店共通商品券 5万円分
      レナウン element of SIMPLE LIFEマフラー(男女ペア)
                    鳴海製陶 NARUMI 6ピース・スターターセット
優秀賞         5名  日本手袋工業組合 高級革手袋(男女ペア)
      鳴海製陶  NARUMI ペアティー・コーヒーセット
佳作     10名 ジャージ手袋(男女ペア)
                    「ちょっと贅沢な珈琲店®」レギュラー・コーヒー
      プレミアムドリップ スペシャル・ブレンド6袋  2箱
企業賞  ・ブルボン賞  1名
      ボンブーレ、パウンドケーキセレクション、ハイセレクション、
      ガトーセレクション、デリシャス 各お菓子詰合せ
入選作発表:「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー 2018」授賞式で発表
                     (ホームページ等にも掲載します)

■応募条件と注意点(下記応募条件をご承諾した方のみご応募ください)
・ 応募者本人のオリジナルで未発表作品に限ります。
  また、他のコンテスト等への二重応募はできません。
・応募作品の著作権は「いい夫婦の日」をすすめる会及び協賛会社に帰属いたします。
・また、Webや書籍出版などの二次利用著作権についても同様です。
・応募作品は協賛会社が広告・販促物に使用する場合があります。
・ペンネームは第三者と混同せず、公序良俗に反しないよう適切な表現にしてください。
・受賞作が他の作品と著しく類似していた場合は、受賞を取り消すことがあります。
・個人を特定できる情報を公開することはありません。
・ご応募者には、「いい夫婦の日」をすすめる会事務局および協賛会社から、
 各協賛社の情報をメールや郵便でお送りすることがあります。
・応募状況、選考基準などについては、一切お答えできません

※    同時に「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2018」も募集しております。
  詳しくは、URL:http://www.fufu1122.com をご覧ください。
 

  • <参考>「いい夫婦の日」をすすめる会とは

1985年に政府が「ゆとりの創造月間」を11月に制定。
1988年には、財団法人余暇開発センター(現:公益財団法人日本生産性本部)が夫婦で余暇を楽しむライフスタイルを提唱しました。それをきっかけに新しく制定されたのが「いい夫婦の日」です。日付は、「いい夫婦」との語呂合わせで11月22日に決定したといわれています。
同センターによる普及のためのキャンペーンは1988年より実施。その後、一般社団法人日本ボディファッション協会の塚本能交代表が「いい夫婦の日」の趣旨に賛同され、ファッション・アパレル関連業界による「いい夫婦の日」をすすめる会(7団体・2,200社)が発足しました。
1998年には新キャンペーンがスタート。「いい夫婦の日」は夫婦を単位とした新しいライフスタイルの提案とモラルの啓発活動と併せて、新しいマーケット・モチベーションの創出を目的として広がっています。
現在は、構成団体・協賛企業・協力企業が同じプログラムのもとに共同の販促プロモーション活動を行い、産業界にとってのビジネス拡大にも寄与しています。

<後援>
経済産業省 公益財団法人日本生産性本部 日本商工会議所
<協賛企業>
イオンリテール株式会社 株式会社ブルボン 東郷記念館 株式会社レナウン 株式会社ワコール
<協力企業>
味の素AGF株式会社 トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社 鳴海製陶株式会社
白鶴酒造株式会社
<構成団体>
一般社団法人日本メンズファッション協会
一般社団法人日本ボディファッション協会
一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会
一般社団法人日本ジュエリー協会
公益社団法人日本ボウリング場協会
一般社団法人日本かばん協会
一般社団法人日本フォーマル協会
東京装粧品協同組合
東京ニットファッション工業組合
日本手袋工業組合
日本ばら切花協会
一般社団法人花の国日本協議会
協同組合日本写真館協会
NPO東京都ウオーキング協会
一般社団法人全日本ブライダル協会

<賛同団体>
日本百貨店協会  一般社団法人日本専門店協会  日本チェーンストア協会
一般社団法人日本ショッピングセンター協会
 

  • 審査委員長 雫石隆子(しずくいし りゅうこ)プロフィール

『川柳宮城野』主幹
宮城県生まれ 「川柳宮城野社」代表  宮城県川柳連盟 理事長
一般社団法人全日本川柳協会 常務理事 公益社団法人宮城県芸術協会 理事長
著書:『樹下のまつり』『樹下のまつりⅡ』『濱夢介の川柳と独語』

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 「いい夫婦の日」をすすめる会 >
  3. 11月22日は「いい夫婦の日」! 2018年度「いい夫婦の日」キャンペーン「いい夫婦 川柳コンテスト2018」作品公募を8/1(月)より開始