ヤプリ、6/23(火) 誰のためのDX? アプリが変える「体験」について考える1日ウェビナー開催

クラウド型アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を提供する株式会社ヤプリ(本社:東京都港区、代表取締役:庵原保文、以下「ヤプリ」)は、2020年6月23日(火)、誰のためのDX?アプリが変える「体験」について考える1日ウェビナーを開催いたします。


◼そのDXによって、誰の、どんな体験を変えるのか?
「デジタルトランスフォーメーション(DX)待った無し」。新型コロナウイルス感染拡大に伴いリモートワークが一気に進み、テクノロジーの活用を急いだ企業は多いと思います。でも、ただツールを導入しただけでは、事業の成長につながらないはず。

そこで大事なのが、「そのDXによって、誰の、どんな体験を変えるのか?」という視点です。スマホが普及し、多くの人の手のひらにデジタルの接点ができた時代では、これらの問いにアプリを軸に考えるのが、DX成功への近道かもしれません。実際、私たちヤプリが提供するアプリプラットフォーム「Yappli」では、ノーコードでアプリ導入のハードルが下がったことで、顧客体験やECの購入体験、営業体験など、多くの人の体験を変える活用法が生み出されています。

今回、大きく5つの立場の方へフォーカスしたプログラムを用意しました。ご自身の業種・業界に合わせて、または、その枠を超えてご参加いただいても新しい気づきが得られるオンラインカンファレンスです。

◼5つの立場の方へフォーカスしたプログラム

 


◼イベント概要
催日:2020年6月23日(火)
時間:10:00〜16:00
会場:オンライン開催(お申込者に視聴URLをお送りいたします)
参加費:無料
イベントハッシュタグ:#誰のためのDX
参加申し込み方法:以下のイベントページよりお申し込みください。 
https://yapp.li/seminar/200623_yapplidx/

■Yappliについて(https://yapp.li/)
Yappliはモバイルテクノロジーで企業の課題解決を行うクラウド型のアプリ開発プラットフォームです。アプリの開発・運用・分析がワンストップで行え、専門チームによるサポートでアプリの成功確率を高めます。導入企業は400社を超え、店舗やECの販促支援、社内やBtoBでの利用、メディアや学校法人まで幅広い業界の課題解決に活用されています。
《4つの特徴》
①スピード開発:iOSとAndroidのネイティブアプリをプログラミング不要で素早く開発
②カンタン運用:誰でも直感的に操作できる管理画面・分析機能を提供
③進化      :新機能の追加やOSのバージョンアップをクラウドから提供
④成長支援  :充実のサポート体制でアプリの成長支援にコミット

■株式会社ヤプリについて
本社  :東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー41階
大阪支社:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばスカイオ27階
福岡支社:福岡県福岡市中央区大名1-1-29 WeWork大名
代表者 :代表取締役 庵原 保文
事業内容:アプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」の開発・提供
URL  :https://yappli.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヤプリ >
  3. ヤプリ、6/23(火) 誰のためのDX? アプリが変える「体験」について考える1日ウェビナー開催