Kaizen Platform、書籍「総務部DX課 岬ましろ」を10月7日に出版と共に、誰もがDXを達成できる社会を目指したコミュニティ「やさしいDXラボ」を開設

誰一人取り残さない、誰もがDXの小さな一歩を踏み出すための実証を推進

株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下「Kaizen Platform」)は、代表の須藤による著書「総務部DX課 岬ましろ」を、日経BP日本経済新聞出版より、2021年10月7日(木)に出版いたします。また、書籍出版に合わせて、誰もがDXを達成できる社会の実現を目指し、事業や組織の規模を問わず着実にDXに向けた一歩を踏み出せることを実証するためのコミュニティ「やさしいDXラボ」を開設しました。



2021年、デジタル庁が創設され、10月10日-11日は「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」の実現に向けた「デジタルの日」として制定されるなど、日本のデジタル推進のあり方は新たな局面を迎えようとしております。企業にとって重要テーマであるDXも、一部の先進企業や大企業の取り組みとしてではなく、”すべての人々の生活を快適にするデジタルトランスフォーメーション” として、より一層注目されています。

しかしながら、DXを推進する上で、DX人材がいない、予算がないなどで諦めてしまう企業も少なくありません。Kaizen Platformは、DXを一部の限られた企業や人材による取り組みではなく、誰でも推進できるものであり、小さな一歩からでも着実に推進することが重要であるという「スモールDX」の浸透を目指し、書籍「総務部DX課 岬ましろ」の出版とコミュニティ「やさしいDXラボ」を開設しました。

 

  • 書籍「総務部DX課 岬ましろ」について


本書籍は、入社4年目の主人公「岬ましろ」が突然全くデジタル化ができていない洋菓子チェーン会社のDX担当に任命されることから物語が始まります。決してデジタルに詳しいわけでもない社員がDX担当となり、様々な苦労に立ち向かいながらも、SaaSの導入やアプリ開発、D2CやOMOへの挑戦、そして最後にはビジネスモデル変革まで、社内のDXプロジェクトを推進していく物語です。これは決して小説としての物語ではなく、実際にKaizen Platformがこれまで900社以上、様々なDXを支援する中でよく目にする課題やテーマを元に実用的なビジネス書籍として本書を執筆しました。

これからDXに取り組みたいと思っている全ての人に、スモールDXの大切さ、そして抽象的になりがちなDXを推進するポイントを、具体的にわかりやすく解説しておりますので、ぜひ手にとってお楽しみください。

Amazon URL:https://www.amazon.co.jp/dp/4532324327
書籍出版に込めた想い:https://comemo.nikkei.com/n/n0b27905806e0
Chapter0の無料公開:https://media.kaizenplatform.com/n/n51581e8b5b2a

 

  • 「スモールDX」の実現を目指すコミュニティ「やさしいDXラボ」の開設について


「やさしいDXラボ」は、事業や組織の規模を問わず、例え小さな一歩でも誰もがDXに向けて着実に歩みを進められる「スモールDX」の実現を目指し、Kaizen Platformが10月6日より開始する新たなコミュニティです。中小企業や個人事業主・NPO・地域コミュニティなど、デジタルの専門家ではない人々・団体でもDXを達成できるよう、目的や課題を共有し合い、一緒に解決策を考え、そして実証を行っていく、”誰一人取り残さない”DXの実現を目指して参ります。

本コミュニティは、開設当初は書籍「総務部DX課 岬ましろ」の購入者特典として無料で提供を開始し、DXの最前線で活躍する有識者による講演や、実際に「スモールDX」に取り組んでいる方々によるトークセッションなどの実施を予定しております。

「やさしいDXラボ」URL:https://community.camp-fire.jp/projects/view/489441

 

  • 「総務部DX課 岬ましろ」書籍概要

<書籍概要>
タイトル:『総務部DX課 岬ましろ』
著者:須藤 憲司
発売日:2021年10月7日
定価:1,760(税込)
判型:四六判
頁数:216
出版:日経BP日本経済新聞出版

<著者プロフィール>
株式会社Kaizen Platform 代表取締役 須藤 憲司(すどう けんじ)


2003年に早稲田大学を卒業後、リクルートに入社。同社のマーケティング部門、新規事業開発部門を経て、リクルートマーケティングパートナーズ執行役員として活躍。その後、2013年にKaizen Platformを米国で創業。現在は日米2拠点で事業を展開。企業の顧客体験DXを支援する「UX」「動画」「DX」の3つのソリューションを提供。


著書:
「ハック思考〜最短最速で世界が変わる方法論〜」 (NewsPicks Book)
「90日で成果をだす DX(デジタルトランスフォーメーション)入門」(日経BP日本経済新聞出版)


■ 株式会社Kaizen Platformについて
会社名     : 株式会社Kaizen Platform
設立      : 2017年4月 (2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform,Inc. から事業譲渡)
代表者     : 代表取締役 須藤憲司
URL     : https://kaizenplatform.com/
所在地     : 〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F
事業内容 
デジタル・テクノロジーを活用し、企業の事業成長を支援するソリューションを提供しています。
・事業やビジネスを変革する「DXソリューション」
・Webサイトをわかりやすくつかいやすく改善する「UXソリューション」
・5G時代の次世代動画制作サービス「動画ソリューション」

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Kaizen Platform >
  3. Kaizen Platform、書籍「総務部DX課 岬ましろ」を10月7日に出版と共に、誰もがDXを達成できる社会を目指したコミュニティ「やさしいDXラボ」を開設