プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社KKDAY JAPAN
会社概要

KKday、「三陸花火競技大会」で1組20万円、プレミアムな有料観覧席 「こたつ席」 を独占販売

三陸地域の文化や食を体感しながら花火大会を鑑賞する、”高付加価値化”を狙った新たな取り組み。9月28日より、4組限定で販売

KKday(ケーケーデイ)

アジア最大級のオプショナルツアー予約サイトを運営するKKdayグループ(読み方「ケーケーデイ」、所在地:東京都新宿区、支社長:大淵公晴、以下「KKday」)は、全国各地で花火大会をプロデュースするFIREWORKS株式会社(所在地:岩手県陸前高田市、代表取締役:浅間勝洋、以下FIREWORKS)と協働し、2022年10月8日(土)に開催される「三陸花火競技大会2022」(岩手県陸前高田市)にて、花火だけではなく、食や体験を通して地域や日本文化を堪能できる、1組あたりの販売価格20万円の、プレミアムな有料観覧席「こたつ席」を初めて販売します。
このチケットは、2022年9月28日から販売を開始し、KKdayの独占販売です。

 

三陸花火競技会三陸花火競技会

  • 「三陸花火競技大会2022  こたつ席」のポイントは、以下3点

1.【寝転んで見るからこその大迫力】
 こたつ席からは視界を遮るものがないことはもちろん、今回は花火が、間近に真上に打ち上がる「特等席」をご用意!日本文化である「こたつ」に、ごろんと寝転んで見るからこそ楽しめる、大迫力の花火をお楽しみください。
 
 2.【三陸地域のグルメを堪能】
 陸奥八仙や酔仙など三陸地域の有名な地酒5種とソフトドリンクが飲み放題! 地ビールも1本プレゼント!
 また、地元グルメの屋台の人気商品をお席でオーダー出来るので、花火鑑賞しながら地域の味覚を堪能していただけます。
 
 3.【混雑と無縁でノーストレス】
 花火は見たいけど、混んでいる場所は苦手、という方も楽しめるように、会場では、専用駐車場(1台)をご用意するとともに、混雑する入場エリアなどに、こたつ席のお客様専用のレーンを設けるため、混雑関係なく快適に移動・鑑賞していただけます。
 
  

  • 企画の背景

 本事業は、文化庁の「観光再開・拡大に向けた文化観光コンテンツの充実事業」として実施されている事業です。
 また、昨今、特に日本の地方にとって「旅の高付加価値化」は、観光コンテンツづくりの大きなテーマとなっています。
 
 そのため、本取り組みでは、今後のインバウンド回復も意識した観光再開・拡大に向け、花火大会を「特等席で快適に」楽しめることはもちろん、同時に、「こたつで温まる」、「寝転ぶ」、「三陸地域の食を堪能する」、など、普段の花火大会では経験できないような体験をセットにし、「花火大会 + α」の、魅力的なコンテンツとして磨き上げました。
 
 この「こたつ席」という特別な空間でお客様をおもてなしすることで、お客様に三陸地域の魅力を五感で体感していただき、三陸地域のファンになっていただきたい、という思いで企画しました。
 
  

  • 「こたつ席」チケット商品詳細

▼チケット販売URL: https://lihi2.cc/RmJ1R
 ▼チケット販売期間:2022年9月28日(水)〜10月8日(土)※売り切れ次第終了
 ▼「こたつ席」チケット料金:1組 200,000円
 ▼「こたつ席」1組あたりの人数:4名まで(未就学児は、人数に含まれません)
 ▼「こたつ席」販売数:4組限定(先着順) 


こたつ席イメージこたつ席イメージ


 
 ▼「こたつ席」の6つの特典:
 【1】
花火が間近に真上に上がる「特等席」で、大迫力の花火を鑑賞していただけます。
 【2】お席には、こたつを1台ご用意しております。陸前高田市の10月の最低気温は10℃を下回ることもありますが「こたつ」があることで温まりながら、寝転びながらお楽しみいただけます。
 【3】以下の、三陸の地酒5種類が飲み放題です。 

三陸地方の地酒三陸地方の地酒

  • 青森県八戸市 八戸酒造 陸奥八仙

  • 岩手県陸前高田市 酔仙酒造 酔仙

  • 宮城県気仙沼市 男山本店 蒼天伝

  • 宮城県気仙沼市 角星 水鳥記

  • 福島県喜多方市 笹正宗酒造 鬼涙

 ※お席にミニボトルをご用意します。お飲みになっても、お土産として持ち帰っていただくことも可能です。
 ※日本酒が飲めない方、苦手な方のために、ソフトドリンクや地ビール(1本)も、ご用意しております。
 
 【4】地元グルメの屋台「さんりくフードビレッジ」の商品を、お席までデリバリーいたしますので、並ばずにご購入いただけます。
 【5】個別の「こたつ席専用レーン」から入場できるので、混雑を回避してお過ごしいただけます。  
 【6】専用駐車場(1台)付きです。
 
 ▼支払い方法:クレジットカード/PayPay/Apple Pay/Google Pay
 ▼ご利用方法:KKdayにてチケット購入後、チケット画面を花火大会入口、こたつ席専用レーンにてスタッフにお見せください。
 (専用レーンの場所や駐車場の場所は、チケットをご購入されたお客様に、別途ご案内いたします。)
  

  • 三陸花火大会について

 三陸花火大会は、“三陸から元気と笑顔を届けたい”という想いから「みんなで夢を打ち上げよう。」をコンセプトに2020年10月にスタートした花火大会です。
 花火プロデュースカンパニーFIREWORKS株式会社が、民間の興行として開催しており、春は「三陸花火大会」、秋は「三陸花火競技大会」として、年に2回開催しています。
 三陸花火大会公式ホームページ:https://sanrikuhanabi.com/
 
  

  • 三陸花火競技大会2022  イベント概要

 ▼名称:三陸花火競技大会 2022 - SANRIKU FIREWORKS COMPETITION 2022 –
 ▼主催:三陸花火競技大会実行委員会
    共催 : 陸前高田市
    主管 : FIREWORKS
 ▼日程:2022年10月8日(土)
 ▼開場時間:12:00~21:00
 ▼打ち上げ時間:18:00~19:30
 ▼会場:高田松原運動公園(岩手県陸前高田市)
  

  • 参 考

 KKdayでは、「こたつ席」以外の、三陸花火競技大会 2022有料観覧チケットも合わせて販売しております。
 
 ▼その他関連チケット
 ・自由席:1名 5,000円〜
 ・エキサイトBOX指定席:1組(4名まで)23,000円〜
 ・エキサイティングシングルシート指定席:1名  12,000円〜
 ・関連チケットURL:https://lihi2.cc/4U43f 
 
 KKday グループは、今後も地域の観光商品の「再開・拡大」 「高付加価値化」を目指し、取り組みを行って参ります。
  

  • KKdayについて

 KKdayは現地オプショナルツアー・アクティビティ専⾨のオンライン予約サイトです。世界中の旅先の特⾊あるツアーを網羅し、旅⾏者が個別にツアーやチケットを⼿配する⼿間を省き、旅⾏計画の利便性を向上させるサービスを提供しています。
 KKdayのプラットフォームは、92ヵ国550都市以上をカバーし、約300,000件を超える旅⾏商品を取り扱っています。KKdayは今後も世界中の利⽤者がもっと⾃由で快適に旅⾏体験を楽しめるよう、旅⾏者に素晴らしい旅を届けるというコンセプトのもと、⾼品質なオプショナルツアー・現地アクティビティを提供してまいります。
 
 会社名: 株式会社KKday Japan
 日本法人:東京都新宿区四谷1-22-5 WESTALL四谷ビル2階
 日本支社長:大淵公晴
 設⽴: 2014年5⽉
 拠点:台湾、⽇本、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、⾹港、上海 、オーストラリア
 事業内容:現地オプショナルツアー予約サイト
 URL:https://www.kkday.com/ja
  

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ
旅行・観光ネットサービス
位置情報
岩手県陸前高田市自治体岩手県陸前高田市イベント会場東京都新宿区本社・支社
関連リンク
https://www.kkday.com/ja/product/133020?cid=4605&ud1=press
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社KKDAY JAPAN

24フォロワー

RSS
URL
https://www.kkday.com/ja
業種
サービス業
本社所在地
東京都新宿区四谷1-22-5 WESTALL四谷ビル2階
電話番号
-
代表者名
大淵公晴
上場
未上場
資本金
-
設立
2016年03月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード