自動車関連企業や外資系企業など11社が横浜市に進出しました!

~令和元年度 横浜市成長産業立地促進助成制度~

横浜市では、IT、環境・エネルギー、健康・医療等の産業を営む企業の集積を促進するため、「横浜市成長産業立地促進助成制度」を活用して誘致活動を行っています。令和元年度は当制度を利用して、国内外から11社の企業が横浜に立地しました。
■令和元年度 助成金交付対象企業一覧

 

 

・横浜市成長産業立地促進助成制度について
IT、環境・エネルギー、健康・医療等の本市が指定する産業を営む企業が、市内へ初進出する場合(新規設立含む)等に賃借料相当額(進出規模に応じて3月分/最大1,000万円)を助成します。
本助成金は、毎年1月から12月までの進出に関して申請を受け付け、審議の後、翌年3月末ごろに交付を行います。(今回の実績は、平成31年1月から令和元年12月までの進出分です)
 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 横浜市 >
  3. 自動車関連企業や外資系企業など11社が横浜市に進出しました!