【ホテル雅叙園東京】和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~ 文化財を彩る“夏の風物詩” で光が紡ぐ影のアートを堪能

冷ややかな怪談アートや未来を照らすサステナブルな竹あかりが登場し、ホテル雅叙園東京にて2022年7月2日(土)より開催

日本美のミュージアムホテル、ホテル雅叙園東京(所在地:東京都目黒区 / 総支配人:𠮷澤真一朗) では、2022年7月2日(土)から9月25日(日)までの期間限定で、アートイルミネーション「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」を、館内に有する東京都指定有形文化財「百段階段」にて開催いたします。

 

中里繪魯洲 作品イメージ中里繪魯洲 作品イメージ

アカリノワアカリノワ

 今年は、「光と影・百物語」を展示テーマにし、光(あかり)によって生まれる影、異なるふたつの要素が織り成すコントラストをお愉しみいただきます。各部屋には夏にふさわしい百物語(怪談)の展示を配し、歩みをすすめると更なるストーリーが体験できる演出も行います。
 展示会場である文化財「百段階段」へと続く導入部では、愛嬌ある表情の金魚ちょうちんと涼やかな風鈴の音が皆さまをお出迎えいたします。各会場では、アートのような影を映し出す照明演出や、放置竹林を再利用したサステナブルな竹あかり、怪談芝居を表現した歌舞伎のあかりなど、さまざまなコンセプトのあかりと、それによって生み出される影の世界に、幽霊や妖怪たちが顔を覗かせます。
 全ての階段をのぼり終えた時に一体何が起こるのか・・・。涼を誘う百物語と幻想的なあかりアート空間をお愉しみください。

■「和のあかり×百段階段2022〜光と影・百物語〜」開催概要
【期間】
2022年7月2日(土)から9月25日(日)
【時間】
11:30〜18:00(最終入館17:30)※8月20日(土)は17:00まで(最終入館16:30)
【会場】
ホテル雅叙園東京 東京都指定有形文化財「百段階段」
【料金】
当日券 ¥1,500 / 学生 ¥800(要学生証呈示)/ 未就学児無料
【販売】
ホテル雅叙園東京(一般入場券)/ 公式オンラインチケット(一般入場券、グッズ付)
【主催】
ホテル雅叙園東京
【お問合せ】
03-5434-3140(イベント企画 10:00〜18:00)
【URL】
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100event/wanoakari2022

<みどころ①>
影を愉しむあかりアート
影があるからこそあかりが際立ち、あかりがあるからこそ美しき影が生まれる。相反する要素が互いを引き立て合う幻想的な作品が揃います。光と影が織りなす空間芸術をご堪能ください。

組子細工・山川建具組子細工・山川建具

照明作家・弦間康仁照明作家・弦間康仁

ガラスランプ・いろした工房ガラスランプ・いろした工房


<みどころ②>

 

画家・鈴木ひょっとこ画家・鈴木ひょっとこ

百物語・その先にあるものは・・・

日本の伝統的な怪談会のスタイルのひとつ「百物語」は、百番目の話を終えると本物の怪異が現れるとされています。あかりアートから見え隠れする妖怪や幽霊は、階段を上るにつれてその数を増していきます。全ての階段をのぼり終えたお部屋には何が待っているのでしょうか。

 

妖怪提灯・伊藤権次郎商店+CRAFCULT妖怪提灯・伊藤権次郎商店+CRAFCULT

造形作家・小澤康麿造形作家・小澤康麿

切り絵作家・松風直美切り絵作家・松風直美



<みどころ③>
日本各地の文化と技術が集結
日本各地よりさまざまな伝統技術や作品が集結。歴史や風土、生活の中で伝承されてきた職人の 手仕事から生まれた作品を間近で鑑賞できるのも見どころのひとつです。

かみなはび-越後長岡-・第一印刷所(新潟)かみなはび-越後長岡-・第一印刷所(新潟)

Dニット照明・ThinKniT🄬(香川)Dニット照明・ThinKniT🄬(香川)

柳井金魚ちょうちん祭り(山口)柳井金魚ちょうちん祭り(山口)

 

鋳物・真鍮風鈴・能作(富山)鋳物・真鍮風鈴・能作(富山)


<その他、注目ポイント>
サステナブルな竹あかり
放置竹林により生じる深刻な環境問題を解決するために生まれた「アカリノワ」による竹あかり。最後には竹炭や竹チップとなり、田畑の土を肥やしてくれます。美しさを探求しながらも自然循環型である出展者の取組みに賛同し、今回の展示にご協力いただきました。


■出展者一覧
柳井金魚ちょうちん祭り(山口県柳井市)/ 篠原風鈴本舗(江戸風鈴)/柏木美術鋳物研究所(小田原風鈴)/ 能作(鋳物・真鍮風鈴)/ 東洋ケース(ウォールライト)/ 弦間康仁(照明作家)/ 榮(かんざし作家)/ アカリノワ(竹あかり)/ 松竹衣裳・歌舞伎座舞台(創造的なあかり)/ 中里繪魯洲(造形作家)/ 伊藤権次郎商店×CRAFCULT(妖怪提灯)/ 小澤康麿(造形作家)/ 松風直美(切り絵作家)/ 細山田匡宏(造形作家)/ 西島雄志(現代美術家/彫刻家)/ 鈴木ひょっとこ(画家)/ いろした工房(ガラスランプ)/ オオタキヨオ(彫刻家)/ ヒョーゴコーイチ(炭化彫刻家)/ 第一印刷所(かみはなび-越後長岡-)/ ThinKniT🄬(3Dニット照明)/ 山川建具(組子細工)/ 園田美穂子(日本画家)/ 大塚理航(いけばな・古流かたばみ会)/ 石井七歩(現代美術家/絵画、インスタレーション)/ ヨダタケシ(音楽)

■オンライン限定入場券
①[数量限定]Feel Lab「焚き火+くつろぐ人(2人)」付 ¥6,380


②[数量限定]江戸風鈴「一つ目小僧」付 ¥3,600


③[数量限定]小田原・柏木美術館鋳物研究所製「まよけ猫鈴」付 ¥1,870


④[日にち指定][定員制]人数限定スペシャルチケット ¥3,000


⑤[早割]7月1日(金)までの購入限定、早割オンラインチケット ¥1,200

※料金は全て税込みとなります。
※画像は全てイメージです。

新型コロナウイルス感染予防に対する当ホテルの取組み
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/archives/51786
東京都指定有形文化財「百段階段」ご見学のお客様に対する取組み
https://www.hotelgajoen-tokyo.com/100riyou#qa00

ホテル雅叙園東京とは
 90年以上の伝統を受け継ぎ、2,500点もの日本画や美術工芸品に彩られた唯一無二のミュージアムホテルです。茶室に見立てた全60室の客室は、80 ㎡以上のスイートルームで、スチームサウナとジェットバスを完備し、シンプルさと日本の気品ある美しさを兼ね備えています。もてなしの心を継承する日本料理や中国料理、イタリア料理など7つのレストラン、日本美の粋を尽くした和室宴会場をはじめとした23の宴会施設、そして東京都指定有形文化財の「百段階段」を有しています。
 また、世界80カ国、520軒を超える独立系の小規模なラグジュアリーホテルだけで構成された「Small Luxury Hotels of the World(SLH)」、および世界的なラグジュアリーツーリズム・コンソーシアム「Serandipians by Traveller Made®」に加盟しています。
URL          :https://www.hotelgajoen-tokyo.com/
Facebook  :https://www.facebook.com/gajoen/
Instagram  :https://www.instagram.com/hotelgajoentokyo/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社目黒雅叙園 >
  3. 【ホテル雅叙園東京】和のあかり×百段階段2022~光と影・百物語~ 文化財を彩る“夏の風物詩” で光が紡ぐ影のアートを堪能