「Number」東京五輪特集で、池江璃花子と羽生結弦が初対談!

 株式会社文藝春秋(社長:中部嘉人)発行のビジュアル・スポーツ総合誌「Sports Graphic Number」は、7月15日(木)発売の「オリンピック開幕直前特集『東京に、凱歌を。』」に、競泳の池江璃花子選手とフィギュアスケートの羽生結弦選手による初対談を掲載します。
 闘病生活を経て東京五輪に挑む池江選手と、平昌五輪で2大会連覇を果たし、来年の北京五輪を目指す羽生選手。14ページにわたるスペシャル対談では、東京大会開幕を前に、大きなものを背負いながら競技を続けてきた2人の共通点や、五輪という舞台で戦う意味、これまで出場した五輪の秘話、そして近況まで、本音で大いに語り合ってくれました。

■「Number」編集長・宇賀康之のコメント
「オリンピック開幕を前に、特別なアスリート2人の対談が実現し、話題は多岐にわたりました。かつてない逆風が吹いている東京大会ですが、オリンピックという大舞台に、トップアスリートたちはどんな気持ちで臨むのか。その思いを知っていただければ幸いです」
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社文藝春秋 >
  3. 「Number」東京五輪特集で、池江璃花子と羽生結弦が初対談!