プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社OpenFashion
会社概要

生成AIでオリジナル柄をプリントした洋服をデザイン!ファッションコンテスト「AIファッションチャレンジ #9」が開催決定

ー世界にひとつだけの柄でアイテムをさらに魅力的にー

OpenFashion

ファッションと、AIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組む株式会社OpenFashion(本社:東京都港区、代表取締役:上田徹、以下オムニス)はこの度、生成AIを活用したファッションブランドを作るコンテスト「AI FASHION CHALLENGE #9 - Pattern Innovation-」を開催します。
コンテストエントリー期間は本日1月17日(水)から2月13日(火)までとなっており、結果発表は2月20日(火)を予定しています。そして、今回のブランドテーマは「オリジナル柄で創るファッションデザイン」です。

株式会社OpenFashionは、ファッションと、AIを始めとした最新テクノロジーをかけ合わせたサービス・プロダクトの開発に取り組みながら、ファッション業界へ向けた生成AIの導入促進や、ファッションを楽しむ人たちへ生成AIを活用したコンテスト企画などを行っています。


今回開催が決定したコンテストは「AI FASHION CHALLENGE(エーアイ ファッション チャレンジ)」の第9弾。コンテストのブランドテーマは好きな柄の洋服をデザインする、「オリジナル柄で創るファッションデザイン」です。参加方法は、「Midjourney(ミッドジャーニー)」をはじめとした画像生成AIでブランドテーマに沿ったファッションアイテムを生成し、OpenFashionのサークルに投稿するだけで応募完了です。


そして「AI FASHION CHALLENGE #9 - Pattern Innovation-」では、生成AIでオリジナルの柄を施した洋服をはじめ、靴やバッグなどのアイテムも自由にデザインしてご参加いただけます(※)。今回は生成した洋服の柄も含めて審査対象になりますので、ブランドテーマに沿って自分だけのオリジナルの柄を考え、それをテキスタイル(生地)に反映させ、最終的に衣服に落とし込むというプロセスを生成AIを通して表現してみてください。

※応募いただくアイテムには一部条件があります。詳しくは下記「応募条件」をご覧ください


  • 作品例

※詳しいコンテストの概要は画像下の概要欄をご覧ください※


・テーマ「天気」を洋服の柄として取り入れた作品


・テーマ「チェック」を洋服の柄として取り入れた作品

これまで「AI FASHION CHALLENGE」は様々なテーマでファッションを愛する人たちの創造力を刺激してきました。今回も本コンテストを通して、参加者の皆さまが生成AIを活用しながら創造力を磨き、自身のブランドを広く展示する絶好の機会となると考えています。

OpenFashion社では今後とも、AIの力を活用したファッションの可能性を追求し、新たなブランドを生み出す場を提供することで、ファッション業界の未来を創造してまいります。


  • コンテスト「AI FASHION CHALLENGE #9 -Pattern Innovation-」概要

・応募期間

1月17日(水)〜2月13日(火)


・ブランドテーマ

「オリジナル柄で創るファッションデザイン」

生成AIでオリジナル柄の洋服を自由にデザインするファッションコンテストです。今回は生成した洋服の柄も含めて審査対象になりますので、あなただけのステキな柄デザインを考えて、洋服で表現してみてください。


■応募先

OpenFashionサークル(参加無料)

https://openfashion-jp.circle.so/


■応募条件(作品投稿例が下部にあります)

・今回のテーマでは柄を取り入れたアイテムのデザインをしていただきます

・一つのブランド応募には最低3つのアイテム画像と、そのアイテム画像のプロンプトを含める必要があります

・コンテストに応募する際、応募アイテムにウェア(衣服)を最低1つ入れてください。

※バッグと靴と帽子の3アイテムで応募など、ウェア(衣類)が含まれていない場合は審査対象外となります。

・柄は総柄でも、部分的に取り入れるアクセント柄でも構いません。自由にデザインいただけます

・ひとりあたりのブランド応募数に制限はありません。複数ブランド応募する場合は、ブランド毎に投稿を分けてご応募ください


■応募方法

1.Maison AI、 Midjourney等の生成AIで応募する画像を生成します

※OpenFashion Discord内にてMidjourneyでの画像生成を推奨しますが、こちらは必須条件ではありません。

・OpenFashion Discord(無料)

https://discord.gg/KYTWYP9EAK

※画像生成の際に複数のツールを組み合わせていただいても問題ございません。

例)利用ツール:Maison AI+Photoshop

※Maison AIは24年1月末まで下記より無料でご利用いただけます

https://maisonai.io/


2. OpenFashion Circleの「AIファッションチャレンジ応募」に作品(画像とプロンプトセット)を応募(投稿)します

・OpenFashion Circle(参加無料)https://openfashion-jp.circle.so/c/ai-fashion-challenge-application/

3.応募完了です

※詳しくは下記OpenFashion Circleより過去の応募の様子などをご覧ください


■作品投稿例

・下記画像のように「ブランド名」「ブランド紹介文(コンセプト)」「デザイン説明」「ブランドのメッセージ」を記載いただき、さらに各アイテムに関しては「作品(画像)+プロンプト」「使用した生成AIツール」を記載の上ご応募ください

・1ブランドにつき、「作品(画像)+プロンプト」のセットは最低3枚投稿していただく必要があります(下記画像内にあるような「作品(画像)+プロンプト」を、最低3枚ご用意いただくイメージです)

・1ブランドにつき、3アイテム以上投稿いただいても問題ございません

・OpenFashion Circleにブランドを応募いただく際はブランドイメージとなる「カバー画像」を設定してください(投稿いただく画像と同じものでも問題ございません)

※カバー画像設定方法:https://openfashion-jp.circle.so/c/7b5a7f/new-post


■賞品

1位:Amazonギフト券 5000円

2位:Amazonギフト券 3000円

3位:Amazonギフト券 2000円
※受賞された方には運営よりご連絡します


■結果発表

2024年2月20日(火)

※結果発表日は変更になる可能性があります


■審査方法

審査は期間中に以下の二つの方式で行います。

・一般投票: OpenFashion Circle内での「いいね(Like)」数による投票

・審査員票: 審査員の「いいね(Like)」とは別に、審査員一人あたり一つのブランドに対して3つの「いいね」を加算します


■審査基準(審査員票)
・創造性とオリジナリティ:
柄のデザインがどれだけ独創的で創造的か

・柄とテキスタイルの調和:デザインされた柄がテキスタイルの質感や種類とどのように統合されているか

・ファッションデザイン:テキスタイルを使用したウェア(衣服)のデザインが、機能的かつ美的に優れているか

・全体的な印象:完成したファッションアイテムが、視覚的な魅力とともに独自性を持っているか


■審査員(3名)

- 上田徹(株式会社OpenFashion代表取締役 / CEO)
 
アパレル販売員からIT業界へキャリアシフト。IT業界での企画、デザイン、開発の経験を生かし、2014年に(株)オムニスを設立。2018年にワールドグループ参画後に同社でテクニカルアドバイザーとなり、2023年にOpenFashionを立ち上げ。ファッションと最新テクノロジーを融合したサービスやプロダクト開発を得意とする。

- 上條千恵(株式会社OpenFashion最高執行責任者 / COO )
 
大学在学中にファッションSPAで店舗オペレーションを経験し、そのままファッションの世界に。国内外の大手アパレルで、デザイナー、MD、マーケティング、EC、システム開発、グローバル新規事業開発・運営などを歴任し、アパレル歴20年のドメインスペシャリストとして、2019年にオムニスに参画。組織やデジタルなど障害になりがちな境界線に向き合い、課題の発見から解決まで現場に寄り添いながら、より良いサービスを実現するのがやりがい。

野田 光明
 
大手アパレルを経てアパレルウェブへ。アパレル企業のデジタルマーケティング支援を担当。その後、サイバーエージェントにてアプリコンサルティング局の立ち上げ、ストライプインターナショナルで「メチャカリ」のプロダクトマネージャー、SYMBOLで事業責任者を歴任後、RIZAPテクノロジーズでchocoZAPアプリのPdMとAI推進を担当。立教大学大学院人工知能科学研究科人工知能科学専攻を修了。


■注意事項

下記に触れる作品は応募NGとなります。

・他社のブランドロゴなど、他人や応募者以外が所有する著作権、知的財産権その他一切の権利を侵害するもの及びその恐れのあるもの。この点については、「死後100年を経過しているパブリックドメインに関する作品」は例外とします

・プロンプトに実在する特定のブランド名などを入れることもNGです

・個人情報(氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど)を記入したもの、または特定できるもの

・故意、過失を問わず法律、公序良俗に反するもの、及び恐れのあるもの

・他人のプライバシーを侵害するもの及び著作権を侵害するもの

・他人を差別する、もしくは誹謗中傷するなど、名誉や社会的信用を損なうもの

・未成年者に害を及ぼすもの及びその恐れのあるもの

・商業用と判断できる広告意図がある作品、宣伝を目的とした作品、その他勧誘を目的とする・作品


■その他留意事項

・OpenFashion Discord及び、OpenFashion Circleに投稿された画像は、OpenFashion (accelerando.Ai含む)のブログ、広告画像等で使用する可能性があります


  • OpenFashion関連サイト・SNS

OpenFashion社は今年3月にはAIファッションプラットフォーム「OpenFashion」を提供開始し、ジェネレーティブAIとファッションに関する情報をブログなど通して積極的に発信を行っております。


■OpenFashion公式サイト

「OpenFashion」は、ジェネレーティブAI、バーチャルファッション、web3などの最新テクノロジーを活用し、ファッションに関する様々なサービスやブランドを開発するプラットフォームです。さらにオンラインコミュニティも組み合わせ、ファッションのクリエイティブフローを根本的に変えてまいります。

https://jp.open-fashion.com/


■OpenFashionコミュニティ(参加無料)

AIツールの活用方法やジェネレーティブAIに関するニュースなどを共有する誰でも参加できるコミュニティです。現在進行中のOpenFashionに関する最新情報もこちらで展開予定です。

https://openfashion-jp.circle.so/


■OpenFashion Discord(参加無料)

「Midjourney」に特化した、コンテンツの共有や画像生成コンテストを実施するコミュニティです。今後はファッションコンテストなども開催予定ですので、上記コミュニティとセットで是非ご参加ください。

https://discord.gg/SqKAYxwzbk


■OpenFashionツイッター

https://twitter.com/openfashion_jp


■OpenFashionインスタグラム

https://www.instagram.com/openfashion_insta/


  • 株式会社OpenFashionについて

会社名:株式会社OpenFashion

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-5-1ワールド北青山ビル12階

代表者:CEO 上田徹

事業内容:生成AI技術を活用したファッション産業のAIX(AI・トランスフォーメーション)

URL:https://jp.open-fashion.com/


  • お問い合わせ

本件に関して不明な点等がありましたら、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください
お問い合わせフォーム:https://jp.open-fashion.com/pages/contact

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://jp.open-fashion.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社OpenFashion

23フォロワー

RSS
URL
https://jp.open-fashion.com/
業種
商業(卸売業、小売業)
本社所在地
東京都港区北青山3-5-1 ワールド北青山ビル12階
電話番号
-
代表者名
上田徹
上場
未上場
資本金
5000万円
設立
2014年06月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード