マザーハウスが京都三条メンズ店をオープン理念を体現した特徴的な外観の、関西初となるメンズ店が誕生

『途上国から世界に通用するブランドをつくる』を理念に掲げる株式会社マザーハウス(所在地:東京都台東区、代表:山口絵理子)は、2021年6月11日(金)、「マザーハウス京都三条メンズ店」をオープンします。新店舗は、新京極三条の角地に立つ、2階建ての路面店となります。すぐそばの「マザーハウス京都三条寺町店」と共に、三条通り2店舗体制で、途上国の可能性を京都に発信していきます。

 

関西初のメンズ店「マザーハウス京都三条メンズ店」関西初のメンズ店「マザーハウス京都三条メンズ店」


【マザーハウス 関西初のメンズ店】
「マザーハウス京都三条メンズ店」は、昨年銀座にオープンした「マザーハウス銀座メンズ店」に続き国内2店舗目、関西では初めてのメンズ店となります。ブランド定番のバッグや革小物を始め、男性向けの商品を多数取り揃えます。また、ケアの専門知識をもつケアマイスターが在籍するなど、メンズ店ならではの商品・サービスを提供していきます。
 

 

関西初のメンズ店「マザーハウス京都三条メンズ店」関西初のメンズ店「マザーハウス京都三条メンズ店」


【京都大学出身の建築家ユニットo+hが店舗デザインを監修】
数々の賞を受賞する、若手建築家ユニットo+hが店舗デザインを監修。ユニットを主催する大西麻貴、百田有希の両名は、共に京都大学工学部建築学科の出身。京都大学近くに立つインキュベーション施設『toberu』の建築を行ったり、2023年に移設予定の京都市立芸術大学移転設計に参画するなど、京都という土地に特別な想いを持って活動に当たっており、今回の店舗デザインについても、ローカルとグローバルの掛け算を意識した設計がなされています。
 

o+h(大西麻貴 氏、百田有希 氏)o+h(大西麻貴 氏、百田有希 氏)

 

 

【伝統的な格子柄とバングラデシュが誇るジュート素材が交じる、特徴的な外観】
「素材の標本箱」をテーマに、新京極三条・角地という場所にふさわしい外観を目指しました。伝統的な格子柄と、男性の「収集心」をイメージしながら、マザーハウスの生産地・バングラデシュの特産、ジュート(麻)を織り交ぜた外観は、和の雰囲気を感じさせながら、途上国の素材と交差する、マザーハウスの哲学を表した特徴的な外観となります。

【店内には、京都市北部の名産・北山杉を用いたテーブルも】
外観だけでなく、店内にも京都(ローカル)と途上国(グローバル)の交わりを感じられるよう、京都市北部の名産・北山杉を用いたテーブルが設置されます。マザーハウスが2019年に認定を受けた、京都市「これからの1000年を紡ぐ企業認定」トロフィーが、北山杉の間伐材を用いて作られたものであったことから、その意思を受け継ぎ、さらに発展させていくという想いを込めて、北山杉を採用しました。
 

 

北山杉を用いたテーブル北山杉を用いたテーブル


京都エリア限定IRODORI CHOCOLATE 夜風<山椒×柚子>を発売
今年2月に発売を開始し、SNSでも話題のイロドリチョコレートから、京都エリア・数量限定で発売します。日本の四季をイメージして作られた同シリーズの中の「夜風」をベースに、京都の食文化でお馴染みの「山椒」をブレンドした、少し大人の味付けとなっています。
(※こちらの商品は、マザーハウス京都三条寺町店、マザーハウス大丸京都店でも販売いたします)
 

京都限定チョコレート<夜風 -山椒バージョン>京都限定チョコレート<夜風 -山椒バージョン>

自然由来の色・味でつくったIRODORI CHOCOLATE自然由来の色・味でつくったIRODORI CHOCOLATE


【マザーハウス京都三条メンズ店】
住所:京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 SMJ三条共同ビル 1F・2F
TEL:075-708-7906
営業時間:12:00-20:00 /土日祝:11:00-20:00
※定休日:第1・第3月曜日(祝日の場合は翌火曜日をお休み)
※6月11日(金)~当面の間は下記営業時間となります。
平日:11:00~19:00
休日:11:00~20:00
※6月21日(月)は11:00~19:00の営業となります。

【マザーハウスとは】
「途上国から世界に通用するブランドをつくる」
「途上国」の可能性を、「モノづくり」を通じて世界中のお客様にお届けする、それがマザーハウスの創業からの一貫した理念です。2006年の設立以来、バングラデシュをはじめ、ネパール、インドネシア、スリランカ、インド、ミャンマーの計6か国で、それぞれの素材や文化を活かしたものづくりを続けています。2021年6月現在、国内34店舗、台湾4店舗、シンガポール2店舗、香港、フランスに展開しています。

京都には、2017年「マザーハウス京都三条寺町店」をオープンし、初進出。2020年には「マザーハウス大丸京都店」、「イードット京都大丸店」の2店舗を同時オープン。今回の「マザーハウス京都メンズ店」は京都エリア4店舗目のお店となります。2019年には、京都市『(第四回)これからの1000年を紡ぐ企業』の認定を受けており、地域に根差したお店づくりを目指しています。
 

門川大作京都市長(中央)とマザーハウス代表山口絵理子(左から2番目)、副社長山崎大祐(左)、大西麻貴氏(右)、店長兼古詩織(右から2番目)門川大作京都市長(中央)とマザーハウス代表山口絵理子(左から2番目)、副社長山崎大祐(左)、大西麻貴氏(右)、店長兼古詩織(右から2番目)


バングラデシュの自社工場のスタッフたちバングラデシュの自社工場のスタッフたち

代表兼デザイナー山口(中央)と 各国の職人たち代表兼デザイナー山口(中央)と 各国の職人たち


【会社概要】
会社名  株式会社マザーハウス
所在地  東京都台東区台東2-27-3 NSKビル2F
設立   2006年3月9日
資本金  27,950,000円
事業内容 発展途上国におけるアパレル製品及び雑貨の企画・生産・品質指導、同商品の先進国における販売
代表   山口絵理子
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マザーハウス >
  3. マザーハウスが京都三条メンズ店をオープン理念を体現した特徴的な外観の、関西初となるメンズ店が誕生