日本フレスコボール協会(JFBA)強化指定・日本代表選手が、埼玉県宮代町主催フレスコボール×パデル体験会に講師として招待。食料支援ボランティアにも協力。

2020年度日本代表の赤塚康太・五十嵐恭雄選手が宮代町の子どもたちにフレスコボールを教えます。

コミュニケーションデザインスポーツ ”フレスコボール" の国内の普及活動を行っている一般社団法人日本フレスコボール協会(以下、JFBA、代表理事 窪島剣璽)強化指定選手で2020年度日本代表の赤塚康太・五十嵐恭雄選手が、10/9(土)に埼玉県宮代町にて開催される、子ども向けスポーツ体験イベント「みんなであそぼう!はじめてのあそび!」に講師として招待されました。

当日はフレスコボールとパデルの体験コーナーが設けられ、それぞれの日本代表選手が直接子どもたちに両スポーツの魅力を教えます。

またイベント会場には、食料支援ボランティア活動である「フードドライブ」の会場が併設され、協力いただける皆様からの食料品を受け付けております。
フードドライブとは、家庭で無駄になってしまいそうな食料品を持ち寄り福祉施設や食糧難の方へ寄付しようという活動のことです。
宮代町は、協力者の負担ない形で募集したいという意向の下、当日会場に行くことが可能な方からのお手持ちでの食料寄付を募集しているとのことです。
ご協力いただくことが可能な皆様は、ぜひイベント当日に会場まで足を運んでみてください。
コミュニケーションデザインスポーツ ”フレスコボール" の国内の普及活動を行っている一般社団法人日本フレスコボール協会(以下、JFBA、代表理事 窪島剣璽)強化指定選手で2020年度日本代表の赤塚康太・五十嵐恭雄選手が、10/9(土)に埼玉県宮代町にて開催される、子ども向けスポーツ体験イベント「みんなであそぼう!はじめてのあそび!」に講師として招待されました。
両選手が講師として招待されるのは、2021年4月4日の同イベント以来2度目となります。

当日はフレスコボールとパデルの体験コーナーが設けられ、それぞれの日本代表選手が直接子どもたちに両スポーツの魅力を教えます。

イベント概要
「みんなであそぼう!はじめてのあそび!」
開催日時:2021年10月9日(土)9:30~12:00
開催場所:コミュニティー広場・スキップ広場(宮代町役場隣接地)
詳しくは宮代町ホームページまで↓
http://www.town.miyashiro.lg.jp/0000017198.html
※緊急事態宣言の発令状況等により、内容が変更になる場合があります。
 

※画像は、前回講師と務めた際の参加者達と。

 


またイベント会場には、食料支援ボランティア活動である「フードドライブ」の会場が併設され、協力いただける皆様からの食料品を受け付けております。
フードドライブとは、家庭で無駄になってしまいそうな食料品を持ち寄り福祉施設や食糧難の方へ寄付しようという活動のことです。
宮代町は、協力者の負担ない形で募集したいという意向の下、当日会場に行くことが可能な方からのお手持ちでの食料寄付を募集しているとのことです。
ご協力いただくことが可能な皆様は、ぜひイベント当日に会場まで足を運んでみてください。

フードドライブとは
  • 家庭でお中元やお歳暮で頂いたものの「うちでは食べないよね」というもの
  • 安売りやまとめ買いで買い過ぎてしまったもの
  • 備蓄していたが使わなかったもの
  • 冠婚葬祭で頂いた茶葉や菓子
  • 海外旅行のお土産で頂いたもの
などそのような食料を捨てないで持ち寄り、食べ物に困っている人や福祉施設などに寄付する取り組みを「フードドライブ」と呼びます。

フードドライブの詳細は宮代町ホームページまで↓
http://www.town.miyashiro.lg.jp/0000017317.html

フードドライブへの参加方法
配送等、協力者の負担ない形で募集したいという意向の下、当日イベント会場であるコミュニティー広場・スキップ広場(宮代町役場隣接地)までお手持ちで余っている食料品をお持ちください。

選手紹介

五十嵐恭雄
在学中に出演したTV番組「あいのり」で海外を回る。その旅で、写真や音楽に興味を持ち、 カメラマンのアシスタント、DJを始める。
2008年に独立し、フリーランスのカメラマンに。
フレスコボールは2016年6月より開始し、競技歴2ヶ月でフレスコボールジャパンオープン2016にて17位と健闘し、翌年ブラジル マカエにて開催されたフレスコボール ワールドカップに日代表選手として出場し、本場ブラジルでの修行を経て、ジャパンオープン2017で見事に優勝。
その後も、数々の戦績を挙げている。

ブラジル選手権2019 一般MIX優勝
オキナワカップ2021 男子優勝
アリアケカップ2021 男子準優勝
ビオレUVアスリズムフレスコボールジャパンオープン2021
男子準優勝

 

 

赤塚康太選手
好きな食べ物は寿司、好きな花はチューリップと可愛い一面もあるフレスコボールのトップ選手。
趣味はトレーニングと野球で現在パワーアクティ部TVというYouTubeチャンネルで動画も上げている。

ビオレUVアスリズムフレスコボールジャパンオープン2020
男子優勝
オキナワカップ2021 男子準優勝
アリアケカップ2021 ミックス準優勝
ビオレUVアスリズムフレスコボールジャパンオープン2021
男子3位








”コミュニケーションデザインスポーツ” フレスコボールとは?
フレスコボールは、ブラジルのリオデジャネイロ発祥のビーチスポーツです。
1945年にリオ・デ・ジャネイロの、コパカバーナビーチで考案され、現在は世界各地各地のビーチで親しまれるようになっています。
フレスコボールは、向かい合う2人が競い合うのではなく、協力してラリーを続ける採点競技で、一般に競技時間は5分間、7mの距離を保って試合を行います。
日本フレスコボール協会は、このスポーツを日本で多くの人に知って楽しんでもらいたいと、2013年に設立されました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本フレスコボール協会 >
  3. 日本フレスコボール協会(JFBA)強化指定・日本代表選手が、埼玉県宮代町主催フレスコボール×パデル体験会に講師として招待。食料支援ボランティアにも協力。