AIメディア「AI-SCHOLAR」が多言語化支援ツール「DeepL」とAPI連携。英語と中国語に展開!

AI論文解説メディア「AI-SCHOLAR(エーアイスカラー) 」https://ai-scholar.tech/ を運営する株式会社wevnal(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:磯山 博文)は、この度、従来より展開していた日本語版に加え、英語版・中国語版を同時ローンチし、3か国語展開となったことをお知らせいたします。3か国語展開にあたっては、多言語化支援ツール「DeepL」とAPI連携し、多言語対応の運営コストの大幅軽減を実現いたしました。また本プレスリリースは、DeepLを用いての3か国語での記述となっております。

【日本語版】

  • 3か国語版展開の背景
①日本語版展開時点での海外からの注目


今回の英語版・中国語版展開(※1)の背景のひとつとしては、日本語版の展開時から、すでに海外におけるAI-SCHOLARのニーズの高まりを感じていたことがあげられます。海外からの一定数のアクセスだけでなく、AI-SCHOLARの取り組みが英語メディアで掲載されたり(※2)、中国語メディアにて「日本を代表する権威あるAI技術メディア」として取り上げられたりするなど、海外での実績も積み重ねてまいりました(※3)。

※1:アクセス地域によって、言語が英語・中国語・日本語へ自動で変換されます。
※2:http://www.voigt-kampffanalyzer.com/?edition_id=73cbc880-ab80-11ea-be0f-0cc47a0d1609#/
※3:https://www.jiqizhixin.com/articles/2020-07-09-10

②日本国内のAI情報の海外への発信

AI-SCHOLARが2018年9月のローンチ以降、約2年で業界有数のAIメディアへと飛躍することができた背景のひとつに、「言語の壁」があったと考えています。ただ、海外の最新AI論文を日本語へ翻訳することに大きな需要があった一方で、国内AI情報の海外への発信も、不足している状況です。AI-SCHOLARでは、世界トップ学会「CVPR」にて日本企業として唯一(※3)口頭発表を行なったリサーチャーに対し、インタビューを実施(※4)させていただくなど、国内最先端のAI情報についも発信してまいりました。それらの情報を海外に向けても発信すべく、今回3か国語での展開へと踏み切りました。

※3:口頭発表(Oral Presentation)に採択された論文のうち、日本人を著者に含み、著者が大学・研究機関に属していないもののうちで唯一。
※4:https://ai-scholar.tech/articles/interview/navier_1

  • 3か国語展開にあたり多言語化支援ツール「DeepL」を活用

(画像引用:DeepLサイト(https://www.deepl.com/)より)

そして今回、AI-SCHOLARの3か国語展開に際しては、多言語化支援ツール「DeepL」を活用しております。DeepLは2020年の初めにニューラルネットワークの大幅な改善を行ない、翻訳精度が向上(※5)。DeepLを活用することにより、AI-SCHOLARの運営コストを大きく増加させることなく、3か国語展開を実施することが可能となりました。今後AI-SCHOLARは、日本国内だけでなくてグローバルなAIメディアとして、ミッション「AIをどこよりも分かりやすく!どこよりも身近に!」の実現を追求してまいります。

※5:https://www.deepl.com/ja/blog/20200206.html
 

  • AI-SCHOLARについて

2018年9月のローンチ以来、約2年で会員登録者数1.2万人突破し、業界有数のPV数へと急成長したAIメディア。ミッションは「AIをどこよりも分かりやすく!どこよりも身近に!」。
AIに対する、一般の方々と専門家との間に存在する理解の乖離を少しでもなくし、一般社会にAIが溶け込んでいく姿の一助を担うべく、運営されています。
また、AIの社会実用を推進、活用する各企業と連携し、サービス紹介やAIイベントの開催、告知に対しても精力的に活動しています。

AI-SCHOLARトップページ
https://ai-scholar.tech/
 

  • 企業情報

会社名:株式会社wevnal
代表取締役:磯山博文
本社:東京都渋谷区渋谷1-11-8 渋谷パークプラザ5階
設立:2011年4月
事業内容
・デジタルマーケティング事業(各種運用型広告、クリエイティブ、メディア)
・Chatbot AI事業
URL:https://wevnal.co.jp/
 

  • お問い合わせ

【報道関係者様の問い合わせ先】
株式会社wevnal 広報担当
メールアドレス:pr@wevnal.co.jp

================================

【English】


AI-SCHOLAR collaborates with the multilingualization support tool DeepL via API. Expanded to English and Chinese!

AI-SCHOLAR(English ver):https://ai-scholar.tech/en

wevnal Inc (Headquarters: Shibuya, Tokyo; Representative Director and President: Hirofumi Isoyama). which operates AI-SCHOLAR (https://ai-scholar.tech/) an AI article commentary media, has launched English and Chinese versions of its website in addition to the Japanese version, making it available in three languages at the same time. We are pleased to announce that we have been able to expand our website into three languages.

For the expansion of the website into three languages, we have linked our API with the multilingual support tool "DeepL" to significantly reduce the operating costs of the website. Also, this release is published in three countries using DeepL.

 

  • Background to the tri-language expansion


①International attention on the Japanese version.

One of the reasons for the development of the English and Chinese versions of AI-SCHOLAR this time was that it had already sensed the growing needs for AI-SCHOLAR overseas since the development of the Japanese version. In addition to a certain number of accesses from abroad, AI-SCHOLAR's efforts have been published in the English-language media (※1) and taken up by the Chinese media as "Japan's leading authoritative AI technology media" (※2), as well as other achievements overseas.

※1: http://www.voigt-kampffanalyzer.com/?edition_id=73cbc880-ab80-11ea-be0f-0cc47a0d1609#/
※2: https://www.jiqizhixin.com/articles/2020-07-09-10

②Dispatching AI information from Japan to overseas

One of the reasons why AI-SCHOLAR has been able to leap forward to become one of the leading AI media in the industry in about two years since its launch in September 2018 is that it has broken down the language barrier. However, while there was a great demand for translation of the latest overseas AI papers into Japanese, there was also a lack of ability to transmit domestic AI information overseas. AI-SCHOLAR has been disseminating the most advanced AI information in Japan by, for example, interviewing (※4) a researcher who was the only Japanese company to make an oral presentation (※3) at CVPR, the world's top academic conference. To share this information with the rest of the world, we have decided to launch the website in three different languages.

※3: The only papers accepted for an oral presentation that have Japanese authors and are not affiliated with any university or research institution.
※4: https://ai-scholar.tech/articles/interview/navier_1
 

  • The DeepL, a multilingualization support tool, is used to expand into three languages

(Quote:DeepL site https://www.deepl.com/

For the expansion of AI-SCHOLAR into three languages, we are utilizing the multilingualization support tool DeepL. DeepL has undergone major improvement in its neural network in 2020, and its translation accuracy has been dramatically improved (※5). By utilizing DeepL, AI-SCHOLAR's operating costs can be reduced and the expansion into three languages can be implemented. As a global AI media, AI-SCHOLAR will pursue the realization of its mission "to make AI easier to understand and more accessible than anywhere else".

※5: https://www.deepl.com/ja/blog/20200206.html
 

  • About AI-SCHOLAR

Since its launch in September 2018, AI media has grown rapidly to become one of the most popular in the industry with more than 10,000 registered members in about two years.
We aim to help eliminate the gap in understanding of AI between the general public and experts, and to contribute to the integration of AI into society. Also, it is actively working with companies that promote and use AI in society to introduce their services and hold AI events and announcements.

AI-SCHOLAR Page
https://ai-scholar.tech/

================================

【中国语】

AI-SCHOLAR通过API与多语言支持工具DeepL。拓展到英文和中文!

 

AI-SCHOLAR(Chinese-ver):https://ai-scholar.tech/zh

wevnal Inc(总部:东京都涩谷,代表董事兼社长:张志强。运营AI-SCHOLAR的Wevnal公司(总部:东京涩谷,代表理事兼社长:矶山博文)。运营人工智能文章评论媒体AI-SCHOLAR(https://ai-scholar.tech/)的wevnal Inc.,在日文版的基础上,又推出了英文和中文版的网站,从而实现了三种语言的同时使用。我们很高兴地宣布,我们的网站已经能够扩展为三种语言。

为了将网站扩展为三种语言,我们将API与多语言支持工具 "A "进行了链接,大大降低了网站的运营成本。此外,本次发布的三国语言版本使用DeepL。

 

 

  • 三国语言扩展的背景

①国际上对日文版的关注。

这次开发《AI-SCHOLAR》中英文版本的原因之一是,自日文版开发以来,已经感觉到海外对《AI-SCHOLAR》的需求越来越大。除了国外有一定数量的访问量外,AI-SCHOLAR在海外取得的成绩还包括在英文媒体上发表的文章(※1)、被中国媒体采纳为 "日本权威AI技术媒体"(※2)等。

※1: http://www.voigt-kampffanalyzer.com/?edition_id=73cbc880-ab80-11ea-be0f-0cc47a0d1609#/
※2: https://www.jiqizhixin.com/articles/2020-07-09-10

②将日本的AI信息传递到海外。

AI-SCHOLAR自2018年9月上线以来,之所以能够在两年左右的时间里一跃成为业内领先的人工智能媒体之一,原因之一就是打破了语言障碍。然而,在海外最新AI论文翻译成日文的需求很大的同时,国内AI信息向海外传递的能力也有所欠缺。AI-SCHOLAR通过采访(※4)世界顶级学术会议CVPR(※3)上唯一一家日本企业做口头报告的研究人员等方式,传播日本最先进的AI信息。为了与世界各国共享这些信息,我们决定用3种语言发布网站。

3:只接受有日本作者且不隶属于任何大学或研究机构的论文进行口头报告。
4: https://ai-scholar.tech/articles/interview/navier_1

 
  • 利用多语言化支持工具DeepL,将网站扩展为三种语言

(引用:DeepL首页 https://www.deepl.com/

为了将AI-SCHOLAR扩展到3种语言,我们正在利用多语言化支持工具DeepL。DeepL在2020年对神经网络进行了重大改进,翻译准确率大幅提升(※5)。利用DeepL,可以降低AI-SCHOLAR的运营成本,实现向三国语言的扩展。作为全球AI媒体,AI-SCHOLAR将追求实现 "让AI比任何地方都更容易理解、更容易获得 "的使命。

※5:https://www.deepl.com/ja/blog/20200206.html
 
  • 关于AI-SCHOLAR

自2018年9月上线以来,AI媒体发展迅速,在两年左右的时间里,注册会员超过10000人,成为行业内最受欢迎的媒体之一。
我们的目标是帮助消除普通大众与专家之间对人工智能的理解差距,为人工智能融入社会做出贡献。此外,积极与社会上推广和使用人工智能的企业合作,介绍他们的服务,举办人工智能活动和公告。

AI-SCHOLAR首页
https://ai-scholar.tech/ 

================================

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社wevnal >
  3. AIメディア「AI-SCHOLAR」が多言語化支援ツール「DeepL」とAPI連携。英語と中国語に展開!