カレー大學エンタメ部がクレーンゲーム専門店「エブリデイ東京本店」の1周年記念イベント<7/12(日)開催>に出演!今年トレンドの家カレー、うちカレーを盛り上げます!

日本で唯一のカレー専門のコンサルティング会社である株式会社カレー総合研究所(代表:井上岳久/東京都渋谷区)は、同社の運営するカレー大學がプロデュースする企画を広く認知していただくため、株式会社東洋(代表:中村秀夫/埼玉県北本市)の経営する世界一のクレーンゲームセンター「エブリデイ とってき屋東京本店」の7月12日(日)1周年記念イベントの記念セレモニーに、ニッチロー’とMANAのカレー大學エンタメ部が出演します。
プロデュースした業界最大規模となるカレーコーナー「カレーオブザイヤー受賞キャッチャー」の解説と、カレー業界のカレーの普及活動の一環で出席します。

メディアの皆さま、取材は大歓迎です!

 

< ポイント >

 ①ギネス認定店を超えるクレーンゲーム台数の「エブリデイ とってき屋東京本店」が7/12(日)に1周年記念イベントを開催。記念セレモニーにカレー大學エンタメ部が出演します!

②モノマネ芸人のニッチロー’とグラビアモデルのMANAがエンタメ部を代表して出演!
プロデュースしたコーナー企画「カレーオブザイヤー受賞カレーキャッチャー」開設に関して、同コーナーの説明します。

③カレー業界の今年2020年のトレンド「令和の家カレー(うちカレー)」。エブリデイで多くのカレーをゲットし、家で楽しむことができます。

 


<エブリデイとってき屋東京本店 オープニングセレモニー 概要>
 

■開催日時 :7月13日(土) 10:00~10:45

■タイムスケジュール
 10:00 代表挨拶、ゲスト紹介:ニッチロー’等
 10:05 記念セレモニー
 10:20 フォトセッション


■会場 :埼玉県八潮市大字上馬場460-1
     エブリデイとってき屋 東京本店

■HP : https://everyday-cranegame-world.com/
 

 

 


≪ カレー大學プロデュース概要 ≫
コーナー名 :カレーオブザイヤー受賞カレーキャッチャー
開 設 日 :2020年7月12日(日)
プロデュース :カレー大學(株式会社カレー総合研究所)
 

 


★当日はカレー大學エンタメ部のニッチロー’さんと、真奈さんのお二人が来店予定です!

 

 

~ ご当地に行かなくては入手できない、もしくは限定ルートのみ販売の名品を取り揃えました! ~

 ◎インド代表 「IICAチキンコルマカレー」


日本人向けにアレンジされていない本場のインドカレー。インドならではのスパイスの調理法、秘伝の技が生み出す“スパイスの香り高さ”と“スパイスの切れ味”が味わえる。先行販売した楽天では、カレーデイリーランキングNo.1を獲得!

 

◎北海道東北代表「鳥海山の恵みをいただくカレールウ」


野菜の甘さが効いたスパイスとのハーモニーが絶妙な大人の甘口カレールウ。もちろんお子様にもOK。着色料、添加物は使用していないので、食べた後の胸焼けも少なく抑えられます。



 
◎関東代表 「JA東京むさし/野菜が主役のカレー」

東京都内といっても、まだ農地が多く残るJA東京むさし管内で(三鷹市・小平市・国分寺市・小金井市・武蔵野市)で採れたジャガイモ、ニンジン、タマネギ、ナス、ホウレンソウ、トマトなど、新鮮な野菜とたっぷり使ったカレー。


  
◎中部甲信越代表「マルマン/焼肉の〆のキーマカレー」


焼肉の街南信州飯田の代表とも言えるマトン肉を食べやすくミンチにしたキーマカレーです。マトンのクセがやみつきに。お茶碗などでのチョイ食べ用に100gの少量パック。

 


  
◎関西中四国代表 「徳島の阿波美豚のキーマドライカレー」


徳島ブランド豚「阿波美豚」を贅沢に使用!うま味調味料や着色料、防腐剤などの添加物を使用しない無添加で子供からお年寄りまで安心安全で美味しい食べてもらいたい思いをカレー。阿波美豚の特長である濃厚な旨みとコク、そして歯ごたえのすべてを楽しめるカレーです!徳島、四国で注目No1のカレー

 


◎九州代表  「河内源一郎商店/甘酒カレー」


百年続く種麹屋がつくる米麹とお米だけのノンアルコール甘酒をブレンド。さらに鹿児島の豊かな自然の中で麹を食べさせて育てた麹豚を使用しました。 ピリッとしたスパイスが効いた中辛。



 
 ◎九州代表  「おおいた和牛の白いカレー」


祝福するときに、赤い具材(福神漬け、梅干しなど)を添えて、紅白にして食べる白カレー。大分の風習をモチーフに、紅白で食べる縁起物のカレーとして、プチ祝い事に楽しみカレーとして人気。白カレーはマイルドで、味だけでなく、祝福するので心までマイルドになる。

 

◎九州代表 特製カレールウ「黒豚を美味しく食べるカレーの素」


鹿児島の誇る名物「黒豚」の味の特徴を最大限に引き出すことのできる、鹿児島にふさわしい特製カレールウ「黒豚を美味しく食べるカレーの素」。




 

 


★ギネス記録を超える世界最高峰のクレーンゲーム専門アミューズメント

 


クレーンゲーム設置台数448台、景品アイテム数5000、売り場面積2,100㎡という圧巻のスケール!  

 詳しくは、こちらをご覧ください。
   https://prtimes.jp/a/?f=d33279-20200702-2879.pdf

とってき屋 HP:https://everyday-cranegame-world.com/


 ★カレー業界を活性化のため、絶賛活動中!

 

 

■メディア(出演)
 〇テレビでのカレーの解説、カレー商品及び、カレー店を楽しく紹介します。
 〇ラジオでカレーを語りまくります。
 〇雑誌でカレー店の特集、カレー商品の解説をします。
 〇Webメディアで様々な企画に対応します。

■企業(カレービジネス展開支援)
 〇商品のキャラクター、宣伝マンとしてテレビ、ポスター、チラシなどで広告塔になります。
 〇企業のカレー関連商品をメディアやイベントなどの様々なシーンで商品をアピールします。
 〇商品や店舗・メニューをネットなどで精力的かつ強力にカレーの情報発信をしていきます。
 〇大手カレーメーカー、コンビニ、外食企業などの商品を企画プロデュースします。
  商品提案から広告展開、広報まで一貫した展開をします。
 〇オリジナル商品を開発し全力で売り込みます!
 ※バックスタッフとして、日本カレー界の頭脳といえるカレー大學の講師陣(カレーのプロ)が、それぞれの専門分野を活かした全面的な支援があります。

■広告代理店・イベント会社など
 〇カレーのイベントに出演します。(トークショー、カレーパフォーマンスなど)
 〇カレーイベントを企画プロデュースします。


■カレー大學エンタメ部 メンバー紹介

 

カレー・オブ・ザ・イヤーとは?


革新的もしくは、画期的なカレーであるが、まだ世間的に十分知られていない
名品に授与します。具体的には、いずれかの要件を満たすそのものです。
 

1)日本のカレー文化の発展に寄与したカレ

2)カレー業界に画期的な技術革新をもたらしたカレー
3)一部にしか知られていないが、カレー愛好者に知らしめる価値のあるカレー
そして、メディアやネット、もしくはカレー業界で話題、注目を集めたカレー
 

「カレー総合研究所」は、カレーを通した日本全体の食文化、健康食としてカレーの普及による健康面からのアプローチなど、日本総国民が大好物で国民食とまで言われているカレーをさらに盛り上げ、発展させることを目的とします。
http://www.currysoken.jp/
 

カレーを体系的かつ実践的に学ぶことができ、カレーを理解する必要不可欠な知識全般を習得します。単なる知識としてだけでなく、ビジネスや家庭で実用的に実践できる「生きた学問」として学ぶことを目指しています。カレー界の第一人者である井上岳久が監修したテキストをもとに分かりやすく学べます。日本最高峰のカレー講座です。
https://currydaigaku.jp/


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カレー総合研究所 >
  3. カレー大學エンタメ部がクレーンゲーム専門店「エブリデイ東京本店」の1周年記念イベント<7/12(日)開催>に出演!今年トレンドの家カレー、うちカレーを盛り上げます!