採用DXサービス「harutaka」が、総務省後援「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022」基幹業務系ASP・SaaS部門にて先進技術賞を受賞

HR Techスタートアップ 株式会社ZENKIGEN(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:野澤比日樹、以下ZENKIGEN)が提供する採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」が、「第16回 ASPIC IoT・AI・クラウドアワード 2022」(主催:一般社団法人日本クラウド産業協会(ASPIC)、後援:総務省他)の基幹業務系ASP・SaaS部門において先進技術賞を受賞いたしました。


■採用DXサービス「harutaka」について https://harutaka.jp/
オンライン上での採用活動を支援するエントリー動画機能、ライブ面接機能に加え、エントリー動画データをAI解析する『harutaka EF(エントリーファインダー)』機能、ライブ面接中の動画データをAI解析する『harutaka IA(インタビューアセスメント)』機能を提供しています。
コンピュータービジョン技術(※)を用いて独自開発したアルゴリズムを搭載しており、ZENKIGENが保有する約200万件の動画データを学習データとして利用し、応募者の表現特性の定量化及び面接品質の可視化を可能にします。

・harutaka EFhttps://harutaka.jp/entry-finder
エントリー動画から「表情」や「声」など様々な情報をAIが解析することにより、エントリーシートや適性検査などの文字情報だけでは見えづらい応募者の「表現特性」を客観的に定量化します。

・harutaka IAhttps://harutaka.jp/interview-assessment
面接の動画データをAIが解析し、面接内のコミュニケーションの「品質」を定量的に可視化します。ほぼリアルタイムで解析データに基づいたアドバイスを面接官へ行うことで、候補者との最適なコミュニケーションを明確にし、面接体験の向上をサポートします。

(※)機械学習技術を用いて、画像、または動画をコンピューターが理解できるようにする研究領域

■株式会社ZENKIGEN
HRDX事業本部 harutaka事業部長 山本隆志 受賞コメント

日頃よりZENKIGENを支えてくださる皆様に心から感謝申し上げます。
「harutaka」は、提供開始から約5年で大手企業を中心に業界・業種問わず数百社の幅広い企業の採用DXを支援してまいりました。
採用活動におけるAI活用は、コストや工数削減などの効率化の観点だけでなく、承諾率改善に向けた面接の俗人性排除や候補者体験向上などにも広がってきています。
益々広がっていくAI活用ですが、プロダクトの創り手・使い手の倫理が問われます。当社は、『人とAIの調和』という開発コンセプトのもと、人の可能性を最大化する技術開発・活用を推進してまいりました。今回の表彰において、当社独自のAI開発技術及びサービスの安全性をご評価いただき大変光栄に存じます。
今後も、テクノロジーを通じて人の可能性を最大化する採用DXの推進に貢献してまいります。

■「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード」について
ASPIC IoT・AI・クラウドアワードは、クラウドサービスが社会情報基盤として発展・確立することの一助となることを目的に、総務省などの後援により、日本国内で提供されているASP・SaaS/IaaS・PaaS/IoT・AI/運用のサービスとデータセンターおよびそれらを利用するユーザ企業を審査し、優秀な「社会に有益」かつ「安心・安全」なクラウドサービスを表彰するものです。
本アワードは2006年に第1回が開催されて以来、今年で第16回となります。
https://www.aspicjapan.org/event/award/16/index.html

■株式会社ZENKIGENについて
「テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」というビジョンのもと、2017年10月に創業。HR Techスタートアップとして、採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」、1on1改善サポートAI「revii(リービー)」を提供。2018年より、東京大学 道徳感情数理工学社会連携講座との共同研究に取り組み、コミュニケーションから多様な個性をもつ同僚との共感度を科学計測し、その人の隠れた能力や得意とする分野を伸ばせるようにする技術の研究を推進。2020年には、国内の事業会社・ベンチャーキャピタルより8.5億円の資金調達を行い、人工知能により人の感情や感性を扱うコンピューター技術であるアフェクティブ・コンピューティングの研究開発に注力し事業化を手掛ける。


【会社概要】
会社名:株式会社ZENKIGEN(ゼンキゲン)https://zenkigen.co.jp/
代表者:野澤比日樹
所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル6F
設立:2017年10月
事業内容:
・採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」の企画・開発
・1on1改善サポートAI「revii(リービー)」の企画・開発
・パートナーとの共同研究機関「ZENKIGEN Lab(ゼンキゲンラボ)」の運営
・オンライン人事コミュニティ「ZINZIEN(ジンジエン)」の運営
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ZENKIGEN >
  3. 採用DXサービス「harutaka」が、総務省後援「ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2022」基幹業務系ASP・SaaS部門にて先進技術賞を受賞