LinuCレベル1学習書籍がLPI-Japan認定教材として技術評論社から全国書店にて発売

- 高い学習効果と効率的な学習により合格を目指せるDVD-ROM付き合格教本 -

特定非営利活動法人エルピーアイジャパン(以下、LPI-Japan、所在地:東京都港区、理事長 鈴木 敦夫、https://lpi.or.jp/ )は、2019年7月13日に株式会社技術評論社(以下、技術評論社、所在地:東京都新宿区、代表取締役 片岡 巖、https://gihyo.jp/book )から発売されるLinuCレベル1学習教材『 最短突破 LinuCレベル1 合格教本[101試験,102試験対応](以下、本書)』(現在予約受付中:https://amzn.to/2X0FPna )をLPI-Japan認定教材として認定したことを発表いたします。本書は、Linuxを使ったインフラ環境の構築・運用などの技術研修において実績のある河原木忠司氏により、読者が高い学習効果を得られ、最短で合格を目指せるように執筆されています。
【技術評論社様のコメント】


Linuxについての高度な知識と技術を備えたITエンジニアはさまざまな分野で求められており、Linux技術者が国内にもグローバルにも活躍の場を広げられるような認定の品質を担保するLinuCは、ITエンジニアが目標とすべき資格として最良なものと言えます。
技術評論社は、本書の出版が、エンジニアがLinuxに関する知識や技術を習得するための一助になればと考えています。

【本書の特長】

・学習用Linux環境のVirtualBoxイメージを収録したDVD-ROM付属
・実績ある講師によるわかりやすい解説
・章末の演習問題と模擬試験で到達度を確認できる
・LinuCの資格取得の最短コース

【基本情報】
書籍タイトル:最短突破 LinuCレベル1 合格教本[101試験,102試験対応]
販売開始日:2019年7月13日
価格:3,800円+税
ISDN:9784297106591
販売サイトURL:https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784297106591

【目次】
基礎編 Linuxの基本
1章     システムアーキテクチャ
2章     Linuxのインストールとパッケージ管理
3章     GNUとUnixのコマンド
4章     デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準
101試験模擬問題
5章     シェル、スクリプト、データ管理
6章     ユーザインターフェイスとデスクトップ
7章     管理業務
8章     重要なシステムサービス
9章     ネットワークの基礎
10章   セキュリティ
102試験模擬問題

【本書についてのお問い合わせ先】
技術評論社
URL  https://gihyo.jp/book    住所 東京都新宿区市谷左内町21-13
・発売日や価格などのお問い合わせ: Tel 03-3513-6150
・書籍内容に関するお問い合わせ: https://gihyo.jp/site/inquiry/book?ISBN=978-4-297-10659-1

 

【登録商標】
・記載されている試験名などの固有名詞およびロゴは、LPI-Japanが利用許諾を受けた商標または登録商標です。

【著作権】
・本書の著作権は、技術評論社に帰属します。
・書籍の内容・書籍を構成するデータ類の無断転用、第三者への再配布を禁止します。
・その他、文中に記載されているすべての製品に関する著作権は、それぞれの所有者に帰属します。

【試験予約サイト】
LinuCはピアソンVUEより日本を含む全世界にて配信され、日本国外のテストセンターでの受験も可能です。ピアソンVUEのLinuCの試験予約サイトは、下記をご覧ください。
https://www.pearsonvue.co.jp/linuc

(※)LPI-Japan認定教材(LATM)とは

LPI-Japan認定教材(LATM)は、出題範囲に添って作成された教材として、LPI-Japanが認定した教材です。


本プレスリリースは下記からもご覧になれます。
https://lpi.or.jp/news/press/page/20190709_01/
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LPI-Japan >
  3. LinuCレベル1学習書籍がLPI-Japan認定教材として技術評論社から全国書店にて発売