6/2(木)『オフィス向けデジタルサイネージ最新活用2022 ~プラットフォームで統合されるDXとサイネージの役割~』ウェビナー開催のお知らせ

株式会社クラウドポイント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦 嚴嗣、以下、クラウドポイント)は、「オフィスDXとデジタルサイネージの役割」をテーマとしたウェビナーを、2022年6月2日(木)に開催いたします。

  • 開催背景

継続するコロナ禍を通して、働き方やオフィスのあり方が見直されています。オフィスの「安全性」や従業員の「業務効率向上」、「オンライン×リアル」のハイブリットな働き方が叶うオフィス環境が求められています。クラウドポイントは新しい生活様式を見据えた「社会に必要なオフィスのDX化」を目指し【リモート・センシング・クラウド】などデジタルの技術を活かしながら、「オフィス空間」という貴重な場で「企業」と「人」をつなげる、これからの時代に合わせた様々なソリューション提供を推進しています。

 

今回は、『Digital Connected Solution』の考えのもと、様々な課題解決へのアプローチ「オフィスDX」におけるデジタルサイネージの活用についてご提案いたします。

  • ウェビナー内容

オフィス向けデジタルサイネージ最新活用2022

 ~プラットフォームで統合されるDXとサイネージの役割~

POINT1. 「オフィスDX」×「デジタルサイネージ」の役割と方向性

POINT2.  オフィス向けデジタルサイネージの最新活用事例 ご紹介

※内容は変更になる場合がございます。
 

[日時]

2022年6月2日(木)14:00~15:15(質疑応答15:00~15:15)

 [申込方法]

下記URLよりお申込みください。(参加費:無料)

https://lp.cloudpoint.co.jp/WS-PU-20220602-office.html

 [開催方法]

Zoomにて実施いたします。お申込みいただいた方には、事務局よりご参加方法をご案内いたします。

 

[講師紹介]

株式会社クラウドポイント ビジネス開発Div 責任者 渡辺 剛仁

1997年、㈱クラウドポイント入社後、クリエイティブディレクター業務を経て、2003年にデジタルメディア推進室を立ち上げる。大手電機メーカーと共同開発によりLEDビジョン表示システムを構築。デジタルサイネージ事業のプロデュース、各種セミナー講師を担当。

当社サービス「CloudExa」の開発に携わると同時に、デジタルサイネージ事業を立ち上げ、2015年からは執行責任者として活動。現在は、デジタルサイネージコンソーシアム 理事、マーケティングラボ部会員として、「デジタルサイネージジャパン」実行委員を務める。

 

[定員]

500名

-------------------------------

 ■ 会社概要

株式会社クラウドポイント

URL:https://www.cloudpoint.co.jp/

代表者:代表取締役 三浦嚴嗣

設立:1990年10月

住所:東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル8F

TEL:03-5468-0700

資本金:2億3,000万円

事業内容:デジタルサイネージ、スペースデザイン、メディアを活用した顧客獲得支援事業

 

  •     クラウドポイントのデジタルサイネージについて

クラウドポイントは、「スマートな生活空間の創造」をミッションとして掲げ、空間演出で培ったクリエイティブ力を背景に、デジタルサイネージの企画設計・設置・システム開発・コンテンツ制作・メンテナンスに至るまで、当社オリジナルの映像デバイスを組み合わせてワンストップでサービスを提供するデジタルプロデュース企業です。駅や公共施設、学校からオフィスまで15,000ヵ所37,000面以上※の豊富な納品実績を持っています。(※2022年2月現在)

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クラウドポイント >
  3. 6/2(木)『オフィス向けデジタルサイネージ最新活用2022 ~プラットフォームで統合されるDXとサイネージの役割~』ウェビナー開催のお知らせ