“Z世代”の消費動向を捉えたフルーツオレ専門店「The Label Fruit(ラベルフルーツ)」が東京・原宿に登場

モバイルオーダーによりボトルや味をパーソナルカスタマイズ。デジタルアート演出が楽しめるロッカーで商品ピックアップ

株式会社Showcase Gig(本社:東京都港区、代表取締役:新田 剛史、以下 ショーケース・ギグ)は、2021年1月に資本業務提携を行ったグローリー株式会社(本社:兵庫県姫路市、代表取締役社⻑:三和 元純、以下 グローリー)と2021年12月下旬より、東京・原宿に出店する次世代フルーツオレ専門店「The Label Fruit(ラベルフルーツ)」を共同で運営します。なお、オープン日や商品等の詳細については後日改めてお知らせします。

新たな実店舗のかたちを提案する「The Label Fruit(ラベルフルーツ)」
実店舗にオフラインならではの「体験」が求められる今、安全性と効率性が備わった「非対面・非接触」や、独自のアイデンティを表現できる「自分だけの商品・空間」へのニーズが高まっています。今回の「The Label Fruit」では、新しい価値観を持つZ世代(※1)をメインターゲットとし、購買のあらゆるプロセスが楽しめるさまざまな仕掛けを盛り込んでいます。

 

 
  • モバイルオーダーで注文・決済を完結
商品はすべてスマートフォンから注文・決済します。注文用WEBサイトはショーケース・ギグが提供する「O:der(オーダー)プラットフォーム」を全面活用しており、Google MapやInstagramアカウントなどからアクセスが可能です。また受取時間を指定することができるため、店頭で待つことはありません。

 

  • ボトルも味も自分仕様、自分好みに

モバイルオーダー時には、ボトルラベルやフルーツオレの味を自分好みにカスタマイズすることが可能です。

フルーツオレの材料の配合やボトルのラベルデザインを好みに合わせてカスタマイズし、自分だけのオリジナル商品として購入できます。

 

  •  スマートロッカーで受取時も楽しめる空間を演出
商品はグローリーならびに東海理研株式会社(本社:岐⾩県関市、代表取締役社⻑:佐藤 明広)と新たに共同開発した店内のスマートロッカーで受け取ります。さらにパーソナライズシステムにより、受取時のスマートロッカー上で「自分だけの」デジタルアート演出を楽しむことができます。

「The Label Fruit」オープンの背景
ショーケース・ギグは、2012年の創業以来、“次世代の消費体験を生み出すこと”を志向し、飲食店様向けにモバイルオーダープラットフォームの開発・提供を行ってきました。その中で、実店舗運営にも挑戦し、2016年にはモバイルオーダーのモデル店として「THE LOCAL COFFEE STAND」を出店したほか、2019年にはサントリー食品インターナショナル株式会社との共同プロジェクト「TOUCH-AND-GO COFFEE」のシステム開発も手掛けました。
これらを踏まえこの度の「The Label Fruit」では、既存のニーズに応えるだけでなく、コロナの影響で一層注目が増す「推し活」(※2)をはじめとした“Z世代”の消費動向を捉え、新たな消費体験をご提案します。さらに、それらに伴う消費者行動を分析することで、実店舗における新たなビジネスモデルを検証し、未来の店舗像をより具体的に体現します。

グローリー社との共同出店に伴う施策
「The Label Fruit」店内に設置したカメラとAIBeacon(※3)で、利用者の属性情報をDMPへ蓄積し、消費者の利便性向上のためのマーケティング活用および新たな販促施策の考案を行います。さらに店内では壁一面をスクリーンにした迫力あるプロジェクター映像を映し、映像への注目度の検証も行います。「The Label Fruit」は進化する店舗として今後さまざまなデータを活用し、業態やターゲット層が異なる店舗にも応用できる販売促進施策を生み出していきます。

※1 「Z世代」とは、アメリカで誕生した世代分類を指す言葉「ジェネレーションZ(Generation Z)」の訳語として、日本で広まった区分呼称。一般的に1990年半ば〜2010年代生まれの世代を指す。
※2 株式会社クロス・マーケティング「「推し」に関する調査」によると、新型コロナ拡大後に、新たに「推し」始めたものがある人は約2割、20代では4割を超える。https://www.cross-m.co.jp/news/release/20201105/
※3 「AIBeacon」とは、株式会社アドインテが独自開発するWi-FiセンサーとiBeaconが一体となったIoTセンサーを指す。

■店舗概要

 

 

店舗名称:The Label Fruit(ラベルフルーツ)

オープン日:12月下旬予定
場所:東京都渋谷区神宮前6-3-5 NCビル1F
アクセス:東京メトロ「明治神宮前駅」徒歩2分、JR「原宿駅」徒歩5分
公式Instagram:@thelabelfruit
https://www.instagram.com/thelabelfruit/
※最新情報は公式Instagramでも発信してまいります。

 

店舗外観。次世代的な世界観を表現するインテリアの設計デザインはDRAFT Inc.が担当。 デジタルアート等におけるクリエイティブ表現はショーケース・ギグと株式会社バスキュールが共同で制作。店舗外観。次世代的な世界観を表現するインテリアの設計デザインはDRAFT Inc.が担当。 デジタルアート等におけるクリエイティブ表現はショーケース・ギグと株式会社バスキュールが共同で制作。

※注文ページは店舗オープン日に公開いたします。※注文ページは店舗オープン日に公開いたします。


■各社概要
株式会社Showcase Gig
所在地:東京都港区北青山1-2-3 青山ビル7F
代表者:代表取締役 新田 剛史
事業内容:次世代店舗創出プラットフォームの提供
https://www.showcase-gig.com/

グローリー株式会社
所在地:兵庫県姫路市下手野1-3-1
代表者:代表取締役社長 三和 元純
事業内容:通貨処理機・セルフサービス機器の開発・製造・販売・保守、電子決済サービス、生体認証ソリューション等の提供
https://www.glory.co.jp/

東海理研株式会社
所在地:岐⾩県関市武芸川町⾕⼝599番地
代表者:代表取締役社⻑ 佐藤 明広
事業内容:⾦属製品、セキュリティ商品の開発・製造・販売
https://www.tokairiken.co.jp

※Google及びGoogle Mapは、Google LLCの商標です。
※Instagramは、Instagram,LLCの登録商標です。
※AIBeaconは、株式会社アドインテの商標です。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※2022年1⽉13⽇:東海理研株式会社について追記しました。

 



 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ショーケースギグ >
  3. “Z世代”の消費動向を捉えたフルーツオレ専門店「The Label Fruit(ラベルフルーツ)」が東京・原宿に登場