プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
会社概要

10/21(土)仮装パレード&フードドライブで食料問題を考えよう! SDGsのハロウィンイベント@千歳烏山【世界食料デー月間・食品ロス削減月間】

SDGsのハロウィンは世界をちょっぴり良くする日。仮装パレードとフードドライブをいっしょに開催! 世界の食料問題について考え、食べ物を分け合おう。食べきれない食品の寄付がパレードの参加条件!  

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

認定NPO法⼈フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(所在地:東京都世⽥⾕区南烏⼭6-6-5-3F、代表:中島早苗)は、「世界食料デー」月間、食品ロス削減月間である10月に合わせ、10/21(土)に「ハロウィンフードドライブパレードin千歳烏山」を世田谷区烏山区民センター前広場で開催します。
「子どもも世界を変えられる」を理念に、子どもたちによる社会活動をサポートする当団体では、「Issue(社会課題)XGift(好きな事、楽しいこと)=Action(社会貢献活動)」を合言葉に、社会課題解決のためワクワクするイベントや活動に社会問題を組み合わせることを提案しています。そんな一例として、ハロウィンの楽しいパレードに世界の食料問題解決へのアクションであるフードドライブを実施します。
当日参加できない子どもたちには、「ハロウィンフードドライブキャンペーン2023」として、自分が暮らす地域や学校でのフードドライブ開催を提案。合言葉は「Trash? or Treat?(ゴミ?それともごちそう?)」!

イベント詳細
https://ftcj.org/archives/35922
  • 仮装パレードxフードドライブで、世界にちょっといいハロウィンにしよう!

    ハロウィン・フードドライブ  in 千歳烏山 10/21(土)

フードドライブとは、家庭にある食べきれない食品をみんなで集めて、食べ物を必要としている団体や家庭に寄付する活動です。日本では年間2,402万トンの食品が廃棄され、このうち、まだ食べられるのに廃棄されている食品=食品ロスは523万トンにものぼる一方、7人に1人が相対的貧困状態と言われ、日々の食事に困難を抱えている人も増加しています(令和3年度データ)。そんな食品ロス問題と貧困問題を解決するためのアクションのひとつが「フードドライブ」です。


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレンでは、

Gift(得意なこと、好きな事) X Issue (社会課題) = Action

を合言葉に、子どもたちによる社会貢献活動を応援しています。


10月は、国連が定める「世界食料デー」、世界食料デー月間、そして食品ロス削減月間として、食料問題について考える季節です。フリー・ザ・チルドレンのハロウィンイベントは、恒例の仮装パレードに食料問題を組み合わせました。仮装パレードの参加条件は、家庭で余っている食品の寄付。世田谷区社会福祉協議会を通じて、区内で食料を必要としている家庭や子ども食堂に配布されます。


楽しくて、世界にちょっといいハロウィンにしませんか?


  • Trash? or Treat? ゴミ?ごちそう?  2023

    ハロウィンフードドライブ in 千歳烏山

▼日時
2023年10月21日(土)15:00~16:00 (受付開始 14:45)

▼場所
世田谷区烏山区民センター前広場(京王線「千歳烏山」駅 北口より徒歩1分)


▼イベントの参加申込・詳細

https://ftcj.org/archives/35922


▼プログラム

仮装パレード、食品問題に関する紙芝居、フードドライブ

▼参加条件
ご家庭で使いきれない食品の持参

*仮装パレード参加は任意

*小学3年生以下のお子さまは保護者同伴でご参加ください

※食品は以下の条件を全て満たすものが対象です。
・未開封であること(包装や外装が破損していないこと)
・賞味期限(要明記。塩や砂糖は除く)まで1~2か月以上あること
・冷凍・冷蔵でないこと。

*寄付するために食品を買うことはお控えください。
寄付できる食品がどうしてもご家庭にない場合は、500円以上の寄付をお願いいたします。
寄付食品・寄付金は世田谷区社会福祉協議会様とせたがやこどもフードパントリー様を通じて生活困窮者支援や子ども食堂の支援活動に使用されます。


▼主催・協力
主催:NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
助成:大東建託グループ みらい基金
協賛:株式会社 丸繁製菓 
後援:世田谷区
 

  • そのほか、フリー・ザ・チルドレンのハロウィンxフードドライブイベント

ハロウィンフードドライブ in JR中央線・南武線 今年は5駅で開催!

各駅のお近くにお住いの皆様、ぜひ下記の日程で食品をお持ちください!


西国分寺駅:10月22日(日)10-16時

稲城長沼駅:10月23日(月)〜29日(日)10-16時

東小金井駅:10月27日(金)13~17時

         28日(土)10~16時

国立駅  :10月29日(日) 10~16時

         30日(月) 10~16時

武蔵境駅 :11月08日(水) 10~16時



  • 住んでいる地域や学校でもフードドライブイベントを開いてみよう!

どの日も参加できない!という人は、お住いの地域や学校でフードドライブイベントを開催してください。

フリー・ザ・チルドレンでは、「ハロウィンフードドライブキャンペーン」と題して、10月に全国でフードドライブの開催を推進するキャンペーンを展開しています。


全国の開催地での参加者数と集まった食品の重さを集計して毎年発表し、食品ロス問題への意識の高まりを数値化しています


2021年 参加人数:150人、食料回収量:51.684kg

2022年 参加人数:204人、食料回収量:362.021kg


。開催方法がわからない、という方には、食料問題とフードドライブの開催方法がわかるアクションキット(ワークブック)をご用意(無料でダウンロード可)。
今年はどんな広がりを見せるでしょうか? みなさんのエントリーをお待ちしています!


▼ハロウィン・フードドライブキャンペーン詳細

 アクションキット無料ダウウンロードはこちらから↓↓
https://ftcj.org/we-movement/weactioncampaigns/wescarehunger




  • 認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンについて

ホームページ:https://ftcj.org/

1995年、貧困や搾取から子どもを解放することを目的に、カナダのクレイグ・キールバーガー(当時12歳)によって設立された「Free The Children」の理念に共感し、1999年に日本で活動を始めました。
 開発途上国での国際協力活動と並行し、日本の子どもや若者が国内外の問題に取り組み、変化を起こす「チェンジメーカー」になれるようサポートしています。
 現在、教育機関などへの出前授業、講演・教材販売、貸出・フェアトレード商品販売・書き損じ葉書の回収・支援先の子どもたちとの文通プログラム・国内外でのワークキャンプ、ソーシャルアクション(社会貢献活動)を起こした子ども・若者をエンパワーするイベント「Change Makers Fes」の開催などを主な事業としており、活動内容は公民・英語教科書などの学校教材に掲載されています。

当団体のプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/35268

メディア掲載実績一覧
https://ftcj.org/about-us/media

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
位置情報
東京都世田谷区イベント会場
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

5フォロワー

RSS
URL
https://www.ftcj.org/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
東京都世田谷区南烏山6-6-5 安藤ビル3階
電話番号
03-6321-8948
代表者名
中島早苗
上場
未上場
資本金
-
設立
1999年01月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード