【お年玉企画】新規事業開発のノウハウが詰まったバックアップパッケージを15名限定で無料プレゼント

〜コンテンツで「型」を学びメンタリングで個別事情も支援〜

ESG志向の事業創造に投資するGOB Incubation Partners株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:山口高弘、以下「GOB」)は、新規事業担当者、起業家向けのノウハウをまとめたメンタリングチケット付き「新規事業開発パッケージ」を、お年玉企画として15名限定でプレゼントいたします。

「新規事業開発パッケージ」は、GOBの知見が集約された動画コンテンツと150ページ以上のワークシート、メンタリングを合わせた、新規事業開発のノウハウが詰まったマニュアルです。2022年もより多くの方々の事業立ち上げを支援すべく、お年玉としてプレゼントすることになりました。

応募: https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSesq8KeAlNG1d8j6NwVFerrsIjZxaTllyG5rzFQz4vXZFCyYg/viewform?usp=sf_link

※注意事項
・応募期間:2021年12月24日(金)9:00~2022年1月7日(金)23:59
・お申し込み者多数の場合は応募フォームに記載いただいた内容を元に選定いたしますので、ご了承ください。
・当選された方は2022年1月14日までに、フォームに記載のメールアドレスにご連絡いたします。正しいメールアドレスをご記入ください。
・同業他社の方からのお申し込みはご遠慮くださいますようお願いいたします。

■「新規事業開発パッケージ」について
年間200件以上の新規事業をサポートするGOBは、ESG志向の事業創造に投資する会社として、新規事業担当者や起業家の事業立ち上げに伴走してきました。今回の「新規事業開発パッケージ」は、支援先企業が実際に利用しているツールです。
 
  • 事業立ち上げのノウハウをまとめたeラーニングツールを3ヶ月間使い放題  

GOBが法人企業向けに提供している事業立ち上げツール「RUNUP」のLite版を3ヶ月間無料で利用いただけます。すでに大手企業における新規事業開発の現場で取り入れられています。

未経験でも段階的に進められる
RUNUPでは、事業アイデアを実際の商品に落とし込むための方法論を、5つのチャプターと19のステップに分解して解説。初めて新規事業に取り組む方でもすぐに実践できる内容です。

<チャプター>
1:インタビューから価値と顧客を最適化する
2:価値を市場に受け入れられる商品に変換する
3:商品の届け方を考える
4:ビジネスモデルを組み立てよう
5:ビジネスプランと検証計画を立てる

サンプルを見ながらワークシートを埋めるだけで、事業に足りないところがわかる
RUNUPでは、動画を視聴するだけではなく、その動画を見ながら実際に自分の事業アイデアを見直せるワークシートを用意しています。サンプルもあるため、動画を見ながらワークシートを埋めていくことで、今の事業アイデアがどこでつまずいているのかを明らかにできます。
 
  • 事業立ち上げの型を集積した「高解像度 新規事業開発プロセスガイドブック」プレゼント
書籍化もされた事業立ち上げのエッセンスを100ページ以上のPDFに収録した「高解像度 新規事業開発プロセスガイドブック」
GOBがこれまで蓄積してきた事業立ち上げの「型」を100ページ以上のPDFにまとめた資料も提供します。これらのノウハウは、当社代表取締役の山口高弘著『いちばんやさしいビジネスモデルの教本(インプレス)』として書籍化もされています。
 
  • Zoomでマンツーマンの伴走メンタリングチケット
事業立ち上げ、経営の専門家と、マンツーマンでのオンラインメンタリング(30分×2回分)を提供します。

新規事業担当者、起業家の皆さんが自立して事業を推進していくために、それぞれの事業開発段階に合わせ、事業内容の壁打ち相談を受け付けます。

<担当メンター>
山口高弘(GOB代表取締役社長)

社会課題解決とビジネス成立を両立させることに挑戦する事業支援を中心に、これまで延べ100の起業・事業開発を支援。 ビジョンをビジネスを通じて社会に実装する支援を行うためGOBを創業。前職は野村総合研究所ビジネスイノベーション室長。 自身も起業家・事業売却経験者であり実務的支援を展開。

高岡泰仁(GOB取締役副社長COO)

大学卒業後、凸版印刷に入社。その後、社内新規事業として教育事業の立ち上げに参画し事業開発を経験。同時に新規事業を連続して生み出していくための新規事業創出の仕組み化を実施するなど事業戦略・組織づくりも担う 。2019年からはより多くの起業家と共に社会に価値を生み出していくためGOBに参画。GOBでの事業開発、組織づくり等を行い、その知見を体系化し多く事業開発と、事業化後間もない組織の経営支援を行っている。

若松誉典(GOBエグゼクティブ パートナー)

慶應大学法学部卒業後、2000年東京海上火災保険(現東京海上日動)に入社。2001年、アドバンテッジ・リスク・マネジメント(学生時代のインターン先)に入社。新規事業開発(個人向け生損保商品の窓口販売事業、企業/従業員向けのメンタルヘルスケアプログラム)、および同社IPO時の主要メンバーとして、ベンチャーのIPOを実現。その後、コンサルティング業界に移り、アクセンチュア(戦略)、エム・アイ・コンサルティンググループ(現エム・アイ・パートナーズ)等で、新興企業や農業・環境等の新しい課題領域でのテーマを担当。金融機関・メディア・行政・自治体等における新規事業開発・中長期計画策定/実行を、ハンズオンで支援。現在、MIパートナーズでは、コンサルティングファームのプロジェクト人材とフリーコンサルタントをマッチングするコンサルネット事業を統括。

■お申し込み
以下のフォームからお申込みいただけます
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSesq8KeAlNG1d8j6NwVFerrsIjZxaTllyG5rzFQz4vXZFCyYg/viewform?usp=sf_link

お申し込み期間:2022年1月7日まで
*事業立ち上げツール「RUNUP」のアカウントは2022年1月14日にメールにてご連絡いたします。なお、お申し込み者多数の場合は応募フォームに記載いただいた内容を元に選定いたしますので、ご了承ください。
*同業他社の方からのお申し込みは、ご遠慮くださいますようお願いいたします。

■GOB Incubation Partners株式会社について
GOBは、 ESG志向の事業創造に投資する会社です。E(環境)やS(社会)の課題に取り組むと同時に、 これらの持続可能性を考慮した事業を成立させるためには、 G(ガバナンス)の視点が大事になります。GOBでは起業家や事業責任者とともに日々事業を作るなかで、事業開発の型を開発。それをもとに、起業家の価値観・世界観に寄り添い、かつビジネスとしての利益を両立させたESG型の事業創造に取り組んでいます。

体系化した事業開発の型は、起業家だけではなく既存企業での新規事業の開発支援、行政に対する支援などにも導入し、構想からビジネスモデル構築、検証、経営支援まで幅広いサポートを提供しています。輩出事業の創業時にはスタートアップ投資も行い、経営者の伴走パートナーとして持続的なESG経営を支えます。

【会社概要】
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-33-6藤和千駄ヶ谷コープ301号
代表者:代表取締役 山口高弘
設立:2014年8月19日 
事業内容:企業向け事業支援(リサーチ、コンサル、ワークショップ、アクセラレーション)、起業支援サービス事業(教育・事業創造)、スタートアップ投資事業
資本金:1,000万円
ウェブサイト:https://gob-ip.net/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GOB Incubation Partners株式会社 >
  3. 【お年玉企画】新規事業開発のノウハウが詰まったバックアップパッケージを15名限定で無料プレゼント