三菱UFJイノベーション・パートナーズ、ソニーフィナンシャルベンチャーズ、NTTデータとの資本提携のお知らせ

マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」) はこの度、下記3社と当社株式の第三者割当による資本提携を行うことに合意しましたのでお知らせいたします。

・株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(本社:東京都千代田区、代表執行役社長:平野 信行)の連結子会社である株式会社三菱UFJイノベーション・パートナーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 伸武)が設立した「三菱UFJイノベーション・パートナーズ1号投資事業組合」

・ソニーフィナンシャルベンチャーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石井 茂)とグローバル・ブレイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:百合本 安彦)が共同で設立した「SFV・GB投資事業有限責任組合(SFV・GBファンド)」

・株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋)

当社は、今後も金融業界に止まらず横断的に金融インフラプラットフォーム「MT LINK」の構築を進めて参ります。

マネーツリーについて
マネーツリーは2012年に日本で創業し、2013年より金融資産を一元管理できる個人資産管理サービス「Moneytree」を提供している。Appleからその年の最優秀アプリとして2年連続選出される。2015年より企業向けの金融インフラサービス「MT LINK」の提供を開始し、金融系APIの業界標準に。2017年にはオーストラリア市場に進出。米国セールスフォース・ドットコム、SBIインベストメント、三大メガバンク系ファンド、地域金融機関系ベンチャーキャピタル、海外大手運用会社から出資を受けている。マネーツリーは人々に信頼される金融プラットフォームになることを目指している。

MT LINK について
MT LINKは、国内2,700社以上の銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ ポイントカード、証券口座の金融データを集約するAPIを提供しています。マネーツリーのコアバリューはサービスにおける業界最高水準のセキュリティ、プライバシー保護、透明性の実現。MT LINKは金融業界を中心に、新しい価値を提供する中立性の高い金融インフラプラットフォームとして認知され、日本市場では現在、みずほ銀行、三井住友銀行、弥生、TKC、地方銀行、信用金庫など合計47社に提供している。

会社概要
会社名:マネーツリー株式会社
代表取締役:ポール チャップマン
資本金:13.3億円(資本準備金を含む)
設立日:2012年4月23日
ウェブサイト:https://moneytree.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マネーツリー株式会社 >
  3. 三菱UFJイノベーション・パートナーズ、ソニーフィナンシャルベンチャーズ、NTTデータとの資本提携のお知らせ