BizteX、みずほ銀行主催「Mizuho Innovation Award」を受賞

BizteX株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:嶋田光敏)は株式会社みずほ銀行(本社:東京都千代田区)が有望なイノベーション企業を表彰する「Mizuho Innovation Award」を受賞しましたのでお知らせいたします。

<左:BizteX株式会社 代表取締役社長 嶋田光敏、右:みずほ銀行 執行役員 大櫃直人様>

◆  受賞理由
以下の理由で受賞をいたしました。
①  幅広い業種で、クラウドRPA、iPaaSを展開し、企業の生産性向上に貢献している点
②  人手不足、DX化といった、日本が抱える課題を解決する意義のあるチャレンジをしている点
③  嶋田社長のリーダーシップの元で、優れたチームを有している点

BizteXでは、クラウドRPA®「BizteX cobit」及びiPaaS「BizteX Connect」の提供を通じて、引き続き、幅広い企業様の業務課題解決に貢献してまいります。

◆ 「Mizuho Innovation Award」とは
みずほ銀行がイノベーション企業の成長支援を目的にビジネスモデルの優位性、チーム力、成長可能性などを評価の軸として有望なイノベーション企業を四半期ごとに選出し表彰しているものです。

 ◆  クラウドRPA®「BizteX cobit」について
国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」は、コーディング不要で、Webを中心とした定型業務を直感的に自動化出来るクラウドサービス(SaaS)です。従来のRPAサービスのように専用のデスクトップPCやサーバーを構築することなく、普段利用しているPCからWebブラウザを立ち上げるだけでロボットの「開発・管理・運用」が可能です。インターネット環境さえあれば、Webブラウザ上ですべての操作を行えるため、特定のPCに限定されることなく在宅勤務(テレワーク)や外出先でのリモートワーク対応も容易です。

◆  iPaaS「BizteX Connect」について
iPaaS(Integration Platform as a Service)とは、複数のシステムを連携し業務自動化やデータ統合を実現するサービスです。iPaaSである「BizteX Connect」は、当社が提供するクラウドRPA®「BizteX cobit」との連携によって、SaaS(Software as a Service)を始めとした様々なシステムと連携し、ワークフローの自動化や一元化を実現できます。プログラミングをすることなく、画面操作だけで簡単にアプリ連携の設定が可能で、営業部門からマーケティング部門、人事・労務等の管理部門まで、幅広い部門の業務効率化を実現します。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. BizteX株式会社 >
  3. BizteX、みずほ銀行主催「Mizuho Innovation Award」を受賞