【Shopifyアプリ】新しいショッピングスタイル!メタバース、3Dデジタルツイン技術を利用した「バーチャルストア」を簡単に構築できる「VRSHOPii(VRショッピー)」

株式会社ObotAI(東京都渋谷区、代表取締役社長:北見 好拡)は、顧客体験価値を向上させるバーチャルストア構築サービスアプリ「VRSHOPii」をリリースします。

「VRSHOPii」は、Shopifyの管理画面から簡単にバーチャルストアを構築し、アプリ内にアップデートした画像(オブジェクト)や動画をストアに出現させることが可能です。さらに、VRSHOPiiとShopifyストアは、カート連携ができるため、購入画面までシームレスなページ遷移を実現します。さらに多言語にも対応しているので越境ECサイトにも活用が可能です。

「VRSHOPii」Shopify アプリストアページ:https://apps.shopify.com/vrshopii?locale=ja
 
  • 「VRSHOPii」とは?

 

※画像をクリックするとサービス紹介動画が再生されます。

「VRSHOPii」は、誰もが簡単に無料でバーチャルストアを構築できる「Shopifyアプリ」です。VRSHOPiiの利用方法は、3Dモデルを作成できるMatterportのアプリを、お手持ちのPCまたはスマートフォンにインストールして、店内などを撮影することにより、空間をデジタル化します。

Matterport 公式サイト:   https://matterport.com/ja

その後、Shopifyの管理画面へ3Dモデルを読み込むと「AR空間(拡張現実空間)」をWeb上に作成することができます。VRSHOPiiは、撮影後の設定作業を簡単にできるShopifyアプリです。
 

  • 「VRSHOPii」3つの特徴


顧客体験(CX)を最大化
VRSHOPiiは、ビジュアルマーケティング要素があるため、画像(オブジェクト)や動画をストア内に出現させ、商品価値を視覚的に訴求することができます。さらに、バーチャルストアには、ユーザーが普段見れない商品情報を掲示し、商品価値の説得力や安心感にも繋げられます。

簡単構築と多言語対応
お手持ちのスマートフォンから専用アプリをインストールし、MatterportのShowcase ID等、Shopifyの管理画面に必要な情報を入力します。ストアの構築には、プログラミング知識が不要なので、誰でも簡単にバーチャルストアを完成できます。また、多言語対応なので越境ECへ自動的に対応しています。

ショップのデータ分析
VRSHOPiiは、画像(オブジェクト)を外部リンクに遷移させることが可能です。リンク先をアナリティクスのパラメーターが付与されたURLにすることで、ストア内のどのエリアに人気があるのかを分析することが可能となり、ECサイトのCVRの改善に寄与する事ができます。

「VRSHOPii」Shopify アプリダウンロードページ:https://apps.shopify.com/vrshopii?locale=ja
「VRSHOPii サービスページ」: https://vrshopii.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【会社概要】
会社名:株式会社ObotAI
所在地:東京都渋谷区恵比寿2-6-25上田ビル3F
代表者:代表取締役社長 北見好拡
設立:2019年9月
URL:https://obot-ai.com/

事業内容
・多言語DXソリューション事業
・訪日旅行外国人の手配業務 (シンガポール、タイ、ベトナム)
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ObotAI >
  3. 【Shopifyアプリ】新しいショッピングスタイル!メタバース、3Dデジタルツイン技術を利用した「バーチャルストア」を簡単に構築できる「VRSHOPii(VRショッピー)」