プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

僕と私と株式会社
会社概要

Z世代に人気のTikTokerを大調査!「そば湯」「バヤシ」「なえなの」「コムドット」などがランクイン

中高生の約半数がTikTokを「ほぼ毎日見ている」。見ている内容は…?

僕と私と

Z世代向けの企画・マーケティングを行う『僕と私と株式会社』は、日常的にTikTokを利用する全国のZ世代(15〜27歳) 1,154人を対象に、TikTokの利用実態のほか、TikTok上での広告・プロモーションへの意識や好きなTikTokerなどに関する調査を実施しました。

今やZ世代にとって欠かせないSNSとなったTikTokですが、実際にZ世代はどのようにTikTokを利用しているのでしょうか?

【調査サマリー】 Z世代のTikTok利用実態について

・中高生の約半数がTikTokを「ほぼ毎日見ている」

・1日の平均TikTok試聴時間は「2時間未満」が7割

・TikTokを開く理由は「暇つぶし」が圧倒的1位に

・若年層はTikTokで情報収集が当たり前。高校生は「推し活」や「デートスポット」を検索

・Z世代は、InstagramよりもTikTokで見た広告に興味を引かれる

・TikTokなら、プロモーションでも購買に繋がるきっかけとなる

・好きなTikTokerは「そば湯」「バヤシ」「なえなの」など

中高生の約半数がTikTokを「ほぼ毎日見ている」

本調査に先駆けて、まずは中学生〜社会人(15〜27歳)3,654人を対象に、TikTokの利用頻度を尋ねたところ、全体の約7割がTikTokの利用経験があるという結果に。

特に、中高生では約半数が「ほぼ毎日見ている」と回答し、若年層ほど利用頻度が高い傾向が見られました。

さらに中高生に関しては、「ほぼ毎日見ている」アクティブ層と「利用したことはない」「月に数回程度」と回答する非アクティブ層に大きくに分かれ、二極化している様子も窺えます。

1日の平均TikTok視聴時間は「1時間以上」が7割

Q2以降は、TikTokを利用していると回答した1,154人を対象に調査を行いました。

まず、視聴時間に関する調査では、1日の試聴時間は「1時間以上」が7割を占める結果に。

さらに、「3時間以上」と答えた人は全体の16.5%にも上り、特に社会人においては19.0%にも達しました。日中は仕事で忙しい社会人だからこそ、自宅でのリラックスタイムのほか、通勤のお供として見られている可能性も…?

TikTokを開く理由は「暇つぶし」が圧倒的1位に

次に「どんなときにTikTokを開きますか?」という質問に関しては、全世代で「暇つぶし」が圧倒的に多い結果となりました。

それ以降は「情報収集」「友人との交流」「自分の動画を投稿するため」という順序自体は全世代で共通しているものの、年齢が上がるにつれて自ら動画を投稿し、情報発信を行う割合が増える傾向が見られました。

若年層はTikTokで情報収集が当たり前。高校生は「推し活」や「デートスポット」を検索

続いて、ジャンル別にどのSNSで情報を収集することが多いかを尋ねてみたところ、ジャンルによってバラつきが見られ、調べたい情報によって複数のSNSを使い分けている様子がわかりました。

特徴的なのは、TikTokはどのジャンルにおいても、平均的に高いスコアとなっていること。特に「日用品」のジャンルでは、ショート動画でのわかりやすさという点が評価されてか、数あるSNSのなかでもトップに。

ちなみに世代別で見ると、どのジャンルにおいても若年層ほどTikTokで情報を収集する割合が多く、なかでも高校生は「推し活」や「デートスポット」に関しては、他世代と順位が逆転してTikTokが上位になるジャンルも。

現在の高校生の世代をターゲットとするのであれば、TikTokは欠かすことができないマーケティングツールと言えます。

Z世代は、InstagramよりもTikTokで見た広告に興味を引かれる

また、「どのメディアで見た広告に興味を引かれますか?」という質問に対しては、TikTok(32.8%)がすべての世代で1位に。

特に若年層ほど、TikTokで目にした広告に関心を持つ傾向があることがわかりました。ちなみに「Instagramのストーリーズ」と答えた割合は、意外にも20%程度に留まる結果となりました。

TikTokなら、プロモーションでも購買に繋がるきっかけとなる

上記により、TikTok広告が多くの人の関心を引きやすい傾向がわかりましたが、そのうえでプロモーション表示によって購入に影響があるかどうかを尋ねると、6割以上が「いいえ(購入に影響はない)」と回答しました。


たとえ広告だと認識していても、自分にとって必要なものだと感じれば、十分に購買に繋がるきっかけとなるようです。

好きなTikTokerは「そば湯」「バヤシ」「なえなの」など

最後に、好きなTikTokerについて答えてもらうと、ほとんどの人が「特になし」という結果に。

具体的に挙がったTikTokerに関しては回答がバラけましたが、全体でもっとも人気を集めたのは、「そば湯」「なえなの」で、それぞれ25人から名前が挙がりました。続いて挙がったのが、「みなみ」「100円娯楽」「コムドット」。

年代別に見ると、高校生では「そば湯」、大学生では「バヤシ」、Z世代社会人では「なえなの」と、年代によって差が見られました。

調査概要

調査名:Z世代に聞いた!TikTokの利用実態調査

対象条件:全国のZ世代(15~27歳)男女

調査期間:2023年12月18~19日

調査方法:インターネットを利用したアンケート

調査有効回答数:1,154名(高校生299人、大学生266人、Z世代社会人589人)

Z世代のホンネを独自調査します

僕と私と株式会社では、まだ世間には知られていないリアルなZ世代の本音や、最新の流行を、今後も独自調査により解き明かしていきます。

クライアントのニーズに合わせて、アンケートなどからデータを取得・分析する定量調査に加え、想定ターゲットへのデプスインタビュー、実際にテスト商品を使用してのワークショップなどの定性調査なども行なっています。

また、企業様との共同調査も行っていますので、ご興味のある方は以下のメールアドレスからぜひお問い合わせください。

僕と私と株式会社 担当:福永

guava@boku-to-watashi-and.com

僕と私と株式会社について

僕と私と株式会社は、Z世代を代表する企画・マーケティング会社です。Z世代ならではの多くの企画を咲かせています。

今を生きるリアルなZ世代の視点も取り入れたインサイト調査、企画、クリエイティブ制作、コミュニケーションまでを一貫して担当いたします。

また、リモート制度やサウナ採用、地方へのワーケーションなどを取り入れた新しい働き方も実践中。「メンバー全員天才」を目指し、社内からも多くの企業が生まれています。

■ 会社概要

代表取締役:今瀧 健登

所在地:東京都渋谷区円山町5-5 Navi渋谷V 3階

事業内容:Z世代に関する企画・マーケティング事業、ブランド事業

HP:https://boku-to-watashi-and.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://boku-to-watashi-and.com/zview/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

僕と私と株式会社

21フォロワー

RSS
URL
https://boku-to-watashi-and.com/
業種
サービス業
本社所在地
東京都渋谷区円山町5番5号 Navi渋谷Ⅴ 3階
電話番号
050-3204-3262
代表者名
今瀧健登
上場
未上場
資本金
100万円
設立
2020年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード