35年以上の感染症対策活動の経験をいかし新型コロナ対策緊急募金のお願い!

(石けん1つを添えて)

新型コロナウイルス感染防止のための緊急支援として、AAR Japan[難民を助ける会]は既に募集中の「新型コロナウイルス対応緊急募金」に、みなさまの想いを込めた石けんを添えていただく活動を開始しました。ご寄付金だけではなく、家に眠っている石けん1つをAARにおくっていただき、「日本からの感染拡大防止への願い」を込めて現地に届けようというものです。

手洗いの方法を学ぶ子どもたち(ウガンダ・ビディビディ難民居住地、2017年3月26日)手洗いの方法を学ぶ子どもたち(ウガンダ・ビディビディ難民居住地、2017年3月26日)

今年、活動41年目を迎えたAARは、海外の難民や障がい者支援、大規模災害の被災地支援とともに、医療サービスが整っていない不衛生な環境で暮らす国・地域の人々の生活を改善する「感染症対策・水衛生・保健事業」に長年取り組んでいます。1980年代にはアフリカのケニア(ツルカナ地方)をスタートにザンビアのメヘバ難民定住地等できれいな水を供給するために井戸掘削事業を開始し、その後もアフリカ地域を中心にコレラや赤痢、マラリアやエイズ対策を行ってきました。現在、パキスタンでは、農村部の小学校で子どもたちが安心して使えるトイレと手洗い場を整備するとともに、新型コロナウイルスなどの感染症予防の基本となる手洗い指導などの衛生啓発活動を実施しているほか、ウガンダやケニア、バングラデシュなどの難民キャンプでも、井戸やトイレの建設、衛生啓発事業を行っています。

こうした衛生分野での経験と実績を踏まえ、今年の3月から、今般のコロナ危機に際してトルコ、パキスタン、アフガニスタン、タジキスタン、バングラデシュ、ミャンマー、ラオス、ウガンダ、ケニア、カンボジアの現地事務所を通じて、衛生用品の配付や衛生啓発、電話相談などの緊急対応を進めています。また、日本国内でも障がい関連団体・障がい福祉施設にマスクや消毒液などを届けています。

AARのコロナ対策緊急募金の呼び掛けに対して、多くの個人や企業の皆さまから寄付や支援物資が寄せられつつあります。こうしたご協力に加え、皆さまの思いをひとつの石けんに込めて、コロナ感染のリスクにさらされる開発途上国の方々を支援してください。AAR職員が必ず、難民や障がい者の方々、貧しい家庭、明日を担う子どもたちなど現地の方々にその時々に一番必要とされているものを調整しながら直接届けます。

日本を含めて、世界中の誰もが等しく新型コロナウイルスの脅威にさらされる今、互いの思いやりの大切さがこの未曽有の難局を乗り越える力になると考えます。皆さまからの温かいご支援・ご協力を重ねてお願い申し上げます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 特定非営利活動法人 難民を助ける会 >
  3. 35年以上の感染症対策活動の経験をいかし新型コロナ対策緊急募金のお願い!