ファイブグループ、吉祥寺で休止中の子ども食堂を7月4日に再開! 「食」を通じた居場所づくりに邁進

コロナ禍で社会問題化する「孤独・孤立」の解消を目指して

「”楽しい”でつながる世界をつくる」飲食企業である株式会社ファイブグループ(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:坂本憲史 以下ファイブグループ)は、「食」を通じて地域の居場所づくりを推進していく一環として2021年7月4日(日)に18年間本社を置く吉祥寺にて『ファイブグループこども食堂』を開催します。

 
  • 開催の背景
ファイブグループは2021年より、出店地域を中心として「食」を通じて地域の居場所づくりを推進する社会貢献プロジェクトとして「おむすびプロジェクトを開始しました。
プロジェクトを通じて取り組んでいくのは「孤独・孤立」という社会問題です。

この2年の間に新型コロナウイルスの影響により社会や地域における「孤独」が加速しており、日本政府も2021年2月19日内閣府に「孤独・孤立対策担当室」を設置するなど「孤独・孤立」は新たな社会問題として取り上げられつつあります。
貧困対策としてだけではなく、この孤独・孤立問題の中にある「孤食」の解消としても現在大きく見直され、2021年6月18日に発表された菅内閣の骨太の方針でも言及があったのが「子ども食堂」です。

今回はファイブグループが創業より18年間本社を置き、11ブランドを展開する武蔵野市ではコロナの影響により市内の多くの子ども食堂活動が休止状態であることを受け、武蔵野市での実施を決定しました。
 
  • 実施概要
日時:2021年7月4日(日)11:00-15:00
場所:吉祥寺っ子居酒屋 燻し家もっくん
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目22−1 柏栄第三ビル 1階
主催:株式会社ファイブグループ
参加費:子ども(18歳まで)|無料、大人|300円(税込)
先着100食
持ち帰り、店内飲食共に可能
七夕短冊の作成などお楽しみコンテンツもあり。
※会場の店舗では東京都のガイドラインを遵守した感染拡大防止対策を行っております

 

 

 

 
  • おむすびプロジェクトについて

 

【地域・人・ファイブをつなぐ地域貢献活動プロジェクト】

私たちは食を通じた地域の居場所づくりを推進する一環として、地域の”子ども食堂”を運営・支援しています。
プロジェクト参画店舗では、寄付付きメニュー”茶リティー”を販売し、お客様からの寄付によって、運営していきます。
そして、活動の様子は店内やwebサイトなどでお客様に共有し、「地域」「お客様」「お店」がつながる地域活動として展開していきます。
株式会社ファイブグループでは「”楽しい”」でつながる世界をつくる」を会社理念に掲げ、各地でお客様やスタッフが出会い、つながっていく、地域で愛されるお店作りをおこなってまいります。

また、活動はアルバイトスタッフも含めた社内の有志により実行。スタッフの「ファイブグループでの働きがい」にも繋げていく狙いを持っています。



▼お客様と協働して地域貢献するチャリティーメニュー
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000092.000012709.html
活動資金は各店に設置しているチャリティーメニューの寄付金額からまかない、集まった金額や活動報告をお客様に共有していくことで、お客様と地域をつなぎます。(チャリティー金額合計:2188杯で93,360円(2021年4月開始~5月末時点))

▼活動実績
今までに「藤沢」にて定期開催、また「さいたま」「平塚」「横浜」の子ども食堂さんに出張参加させていただき、今回は11ブランドを展開する武蔵野市にて開催。


「おむすびプロジェクト」は「食を通じて人と人をむすぶ」という意味を込めて命名されています。

▼おむすびプロジェクトの展望
店舗運営エリアにおける子ども食堂の運営・支援活動を広げていく予定です。
2021年中はこれまでの活動に加えて、新宿・さいたま・千葉・横浜にて活動を予定しており、おむすびプロジェクトは2021年内に2000食、2022年には10,000食の提供を通じて地域の「孤食」解消を目標とし活動を継続していきます。
武蔵野市に関しては今後、行政や地域のネットワークとも情報を共有し、継続的な子ども食堂活動の復活を目指します。



【会社概要】

「楽しい」でつながる世界をつくる
ファイブグループは飲食店を「飲み食いする場」ではなく「生きていくのに欠かせない”食”を通じて人と人がつながる場」と捉えています。
テクノロジーが進化していく世の中において「人が人からしか得られない価値」を大切にし、人を幸福にする「楽しい」という感情を世の中にひろげていきます。

■社名
株式会社ファイブグループ
■設立
2003年6月30日
■本社所在地
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 いちご吉祥寺ビル7F
■代表取締役社長
坂本 憲史
■従業員数
1882人(正社員324名・アルバイト1558名)
■事業内容
飲食事業(居酒屋・ダイニング等)の経営・企画・運営・店舗プロデュース事業
■受賞
GPTW「働きがいのある会社ランキング」6年連続受賞
経済産業省「健康経営優良法人」4年連続認定
社内報アワード2020受賞
■公式HP
http://five-group.co.jp/
■ファイブグループを伝えるオウンドメディア
https://note.five-group.co.jp/
■公式アカウント
Twitter:https://twitter.com/5ivegroup
Instagram:https://www.instagram.com/5ivegroup_official/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCiCrUngRmaeDDNfo5a4lZaw

2003年に東京吉祥寺にて創業。「楽しさ」の体験を軸とした圧倒的なコミュニケーションの接客スタイルで、店内にトイレもない地下24坪の居酒屋出店1店舗目で地上まで行列が出来る支持をうける。
2020年、社会に「楽しい」という感情でもっと貢献していきたいという想いの元、経営理念を”「楽しい」でつながる世界をつくる”に一新。働きがいのある環境を自らつくり、お客様に真っすぐに向き合い、食とコミュニケーションを通じて「楽しい」を発信し、拡げていく。そんな人と人、感情と感情を結んでいけるカンパニーとして国内外115店舗(2021年2月時点)の居酒屋、定食事業を展開中。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ファイブグループ >
  3. ファイブグループ、吉祥寺で休止中の子ども食堂を7月4日に再開! 「食」を通じた居場所づくりに邁進