「いつもより #距離を保とう 」オーダースーツ・シャツのFABRIC TOKYOが ”ソーシャル・ディスタンス" ロゴを公開

新型コロナウィルス感染拡大防止呼びかけで、ブランドロゴをアレンジし、ソーシャルディスタンスの意識周知を推進。

今回の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症により亡くなられた方々にお悔やみ申し上げると共に、影響を受けた方々の一日も早い回復と、感染の早期終息を心よりお祈り申し上げます。


オーダースーツ・シャツをオンラインで1着から注文できるECサービス「FABRIC TOKYO(ファブリックトウキョウ)」(代表取締役社長:森 雄一郎)は、新型コロナウイルス感染対策を目的に、人との距離を置くように求める ”#SocialDistancing” を広めるため、ロゴを公開しました。

首都圏での感染拡大により、不要不急の外出を控えるよう呼びかけられていますが、全国的にも感染者数が出ており、一人一人が感染拡大抑止に繋がる行動をすることが求められています。

FABRIC TOKYOでは、お客さま、従業員、国内の縫製工場や生地メーカー、物流、商業施設など、その他すべてのパートナー企業のみなさまの健康と安全を第一に考え、当社からもソーシャルディスタンスの周知に取り組むことで、 感染拡大の防止に繋げたいと考えています。

つながり続けるために、皆さん是非とも今は距離を取りましょう。つながり続けるために、皆さん是非とも今は距離を取りましょう。


◼︎ソーシャルディスタンスとは?

世界的に感染予防対策として広まっている『Social Distancing』の日本での呼称です。可能な限り他人との距離を1.8m以上保ち、濃厚接触を避ける対策推進運動です。新経済連盟もソーシャルディスタンスのロゴを作成し呼びかけるなど、国内でも推進する動きが活発化しつつあります(以下参考)。

 

【2020年4月3日公開】新型コロナウイルス感染拡大抑止に向けて啓発活動を推進します

https://jane.or.jp/proposal/pressrelease/10060.html


◼︎FABRIC TOKYOが、感染防止のために取り組んでいること
行政機関および保健所の指導に則り、COVID-19の集団発生防止のために「密閉」「密集」「密接」を避ける行動を組織全体で行っております。

予防策への対応、また集団感染を防ぐためいち早く東京オフィスで働く従業員の完全リモートワーク(自宅作業)化へ踏み切り、サービス開発・運営に全社でチャレンジしております。

今、お客様へ伝えたい、たった一つの想い(2020年4月3日公開/FABRIC TOKYO公式HP)

https://fabric-tokyo.com/news/detail/to-our-customer


◼︎距離を保ちながら、FABRIC TOKYOが新しく始めたこと

◯ チャットサポートによる「クラウド接客」
◯ STAY at HOME 応援キャンペーン
◯ 送って採寸サービス
◯ 一部店舗の貸切対応


※各種取り組みについては、正式発表を別途リリース予定です。今後も感染拡大の防止に努めてまいります。


◼︎FABRIC TOKYOについて

オーダーメイドのビジネスウェアをオンライン上で1着からご注文いただけるサービス「FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)」を自社開発、運営中。リアル店舗も自社で展開し、国内では関東・関西・名古屋・福岡の合計19店舗で運営しております。店舗は「モノを売らない店舗」をコンセプトに、採寸とお客さまとのコミュニケーションに特化し、押し売りのない、新しいお店づくりに挑戦中です。

◼︎本リリースの写真素材(GIF素材含む)はこちらより
https://drive.google.com/drive/folders/0BzAJ0OFPBIHiRDZmUzJmaWpnM1E

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社FABRIC TOKYO >
  3. 「いつもより #距離を保とう 」オーダースーツ・シャツのFABRIC TOKYOが ”ソーシャル・ディスタンス" ロゴを公開