SupershipのパブリックDMP「Fortuna」、ブランド広告主向けアドプラットフォーム「PORTO」へ連携開始

データとテクノロジーを基盤としたマーケティング領域において連携を推進

Supership株式会社(以下、Supership)が提供するパブリックDMP「Fortuna(フォーチュナ)」と株式会社VOYAGE GROUP(以下、VOYAGE GROUP)が開発・運営するブランド広告主向けアドプラットフォーム「PORTO」は、この度、連携を開始いたしました。
これにより「PORTO」では、従来のセグメントデータに加え、「Fortuna」の正確な属性データや精度の高い興味関心データを活用した広告配信ができるようになり、より広告主のマーケティング施策に沿ったターゲティングが可能になります。
今後、両社は、データとテクノロジーを基盤としたマーケティング領域において、相互のアセットを拠出しながら連携を推進してまいります。

「PORTO」は、ブランディングを重視するブランド広告主が安心して出稿できるアドプラットフォームで、DOOH広告の配信ができる「PORTO Premium DOOH」をはじめ、オフラインで出稿されているラジオ広告と同じフォーマットで、オーディオ広告のプログラマティック配信ができる「PORTO Premium audio」などを提供しています。
現在、オーディオ、インストリーム、DOOH、プレミアムディスプレイなど、オンライン・オフラインをまたいだ多様なフォーマットを、統合計測・管理・配信できる、唯一無二のブランド向けアドプラットフォームを目指し、開発を進めております。
VOYAGE GROUPでは、ブランド広告向けアドプラットフォーム「PORTO」を通じ、ブランディング広告領域への取り組みを強化することで、インターネット広告領域における総合的な価値提供力の向上を目指してまいります。

「Fortuna」は、正確なデータで顧客の理解促進を支援し、マーケティング課題の解決に向けた施策実現へスムーズに導くパブリックDMPです。さまざまなデータをシームレスに格納し、分析・オーディエンスの可視化・施策実行までを一気通貫に行うことで、多様なニーズに対応するデジタルマーケティングを実現します。
Supershipでは、Fortunaのほか、ScaleOut DSPなどの広告配信プラットフォームやDatapiaなどのハイブリッドデータマネジメントを通じ、データの統合・分析からマーケティング施策の実行までを一気通貫に行うことで、今後も企業のデジタルマーケティング活動を支援してまいります。

 
【Supership株式会社について】 https://supership.jp/
Supership株式会社は、デジタル広告、データコンサルティング、VR事業など、データとテクノロジーを活用した事業を展開するデータテクノロジーカンパニーです。
さまざまなスタートアップの共創体であるSupershipホールディングス株式会社の中核企業として、データとテクノロジーの力で世の中の解像度をあげていき、新たな価値をパートナーとともに共創していきます。

所在地 :東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山ビル
事業内容:デジタルトランスフォーメーション事業(マーケティングテクノロジーサービス、データテクノロジーサービス)
代表者:代表取締役社長CEO 大朝 毅

【株式会社VOYAGE GROUPについて】https://voyagegroup.com/
代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典
創業:1999年10月8日
資本金:1,000万円(2019年6月末時点、資本準備金除く)
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
事業内容:アドプラットフォーム事業/ポイントメディア事業/インキュベーション事業
所属団体:一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)、日本インターネットポイント協議会(JIPC)

 
<サービスに関するお問い合わせ先>
Supership株式会社 Fortuna担当
dmp-info@supership.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Supership >
  3. SupershipのパブリックDMP「Fortuna」、ブランド広告主向けアドプラットフォーム「PORTO」へ連携開始