京都スマートシティ実証実験について

IoT人流検知センサを使った街区内の人通り情報を収集

シリコンバレー発のIoT・コネクテッド関連のプラットフォームを提供するMODE, Inc.(本社:アメリカ合衆国・カリフォルニア州サンマテオ、CEO:上田 学、以下MODE)は、京都ビックデータ活用PF運営協議会が支援するスマート街区ワーキンググループ(以下WG)に参画し、スマートシティ化に向けた人流データ計測・収集の実証実験を開始しました。

 
  • 背景

スマート街区WGでは、先端技術の活用により、利用者の行動変容促進などのさまざまな実証実験を通じて、街区一帯における新たな価値創出を目指す取り組みです。

仮想街区において、ヒト・モノ等のデータを収集・活用することで、新たなユースケースや価値の創出を目指します。

 
  • 実証実験の内容

MODEでは人流センサを活用し、京都リサーチパークで、お昼の時間帯にフードトラックが出店される路地空間「ツドイStreet」における、人通り検知を24時間実施します。

収集したデータを基に現状の利用者数を把握し、また天気やイベント発生時など、様々な要件における人流データと比較や分析を行い、より多くの人に利用してもらえる街区づくりを支援します。

今回の実証実験では、センサデータをインターネットにつなぐためのゲートウェイ1台をスマート街区WG参画企業でもある星和電機株式会社が設置しているスマートポールに組み込み、株式会社センサーズ・アンド・ワークス社製の赤外線人流検知センサ3台を測定箇所に設置しました。

人流データはMODEセンサークラウドに収集され、Webアプリケーションで可視化を行います。
 

ゲートウェイを組み込んだ星和電機株式会社製スマートポールゲートウェイを組み込んだ星和電機株式会社製スマートポール

 

赤外線人流センサーをツドイStreetに設置赤外線人流センサーをツドイStreetに設置

 

 

 

 

 

 
  • 場所

「京都リサーチパーク」
(京都府京都市下京区中堂寺粟田町91)

 
  • 実証実験期間

2022年3月23日〜12月末(予定)

 
  • 今後の展開

スマート街区WGは、人が主役のスマートで安全・安心な社会の創出を目標に、様々な企業がデータ活用に向けた取り組みを行っています。

MODEでは街区の貴重な情報財産である人流をデジタル化し、IoTプラットフォームに蓄積、データ分析を行います。今後収集したデータをもとに様々なマーケティング施策を行い、結果として発生する人流の変化から各施策の影響の大きさを等の検証を行います。
また今後の実証実験の中で収集した人流データをNTTコミュニケーションズ株式会社が提供するデータ連携基盤 (Smart Data Platform for City) と連携し、LINEやアプリケーションを活用したコミュニケーションへの活用も行う予定です。
本実証実験の結果から得た知見をもとに、参加各社が一丸となり観光地をはじめ様々な場所におけるスマートシティモデルの実現に向けた提案を行っていく予定です。

 
  • MODEについて
 

MODEではお客様のビジネスのIoT化を実現させるため、用途に応じたパッケージソリューションをご提供しています。
さまざまなセンサーのデータをクラウドに収集するためのIoTゲートウェイ、センサー特化時系列データベース、データ活用のためのユーザーインターフェースをオール・イン・ワンのバッケージソリューションとして提供しています。現場データの活用を目的としたIoT技術の導入において、短期間で現場に設置、データの収集を始めることができます。既存生産機器のIoT化やクラウドプラットフォームの監視・運用業務を含め、IoTの面倒な部分をまるごとカバーしたサービスです。


■ 会社概要

会社名:MODE, Inc.
代表者:CEO / Co-Founder 上田 学
所在地:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンマテオ市ゲートウェイドライブ1840、スイート250
設立:2014年7月
事業内容:センサープラットフォーム及び関連ソフトウェアサービスの提供
URL:https://www.tinkermode.jp


■ 採用活動の強化

MODE, Inc.では現在、様々なポジションの採用を強化しています。

▼ MODE, Inc.の採用ページ
https://www.tinkermode.jp/careers

▼ MODE, Inc.の募集職種一覧
https://boards.greenhouse.io/tinkermode


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MODE, Inc >
  3. 京都スマートシティ実証実験について