「GenieeDSP」、三井物産が提携する米Drawbridge社のクロスデバイスマッチング技術を導入

PC-スマホアプリ間等を横断する同一ユーザーを推定し、広告配信を行う機能開発に着手

株式会社ジーニー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:工藤智昭、以下「ジーニー」)は、広告主向け配信プラットフォーム「GenieeDSP(※)」にて、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫、以下「三井物産」)が資本業務提携する米国Drawbridge, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:カマクシ・シバラマクリシュナン、以下「Drawbridge社」)の“クロスデバイスマッチング”技術を導入しましたので、お知らせいたします。

 これにより、PCとスマートフォン間やWebサイトとアプリ間といった複数デバイスを横断する同一ユーザーの推定が可能となります。今後ジーニーでは、「GenieeDSP」の利用を通じて、ユーザー単位で最適化されたターゲティング配信や、複数デバイスにまたがるコンバージョン状況の把握に関わる、広告主様からのニーズに対応してまいります。
 

新機能のイメージ新機能のイメージ


これまで、インターネット広告配信においては、1人のユーザーが、広告識別子(Webブラウザ上のCookieや、iOS・Androidのモバイル広告ID)ごとに別々のユーザーとして判定されるため、デバイス単位での最適化に留まっていました。一方、インターネット利用シーンが拡大する中、1人のユーザーが複数デバイスを活用する機会も増え、広告配信においてもデバイスを横断したパーソナライズ化が求められています。

こうした中、「GenieeDSP」では、クロスデバイスマッチングの米国最大手であるDrawbridge社の技術を導入し、複数デバイスを横断する同一ユーザーの推定を行う機能開発を行ってまいります。

ジーニーでは、引き続き、GenieeDSPを始めとする自社開発プロダクトの機能向上を図り、多くの広告主様やメディア様のマーケティング課題の解決に努めてまいります。


※:DSP(Demand-Side Platform)
複数の広告枠の配信最適化と効果検証などの一元管理により、広告主の広告効果を最大化するプラットフォーム。

【株式会社ジーニー(https://geniee.co.jp/) 会社概要】
設  立: 2010年4月
代 表 者: 代表取締役社長  工藤 智昭
資 本 金: 1,388百万円(2017年12月末現在)
本  社: 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル25F
海外拠点:シンガポール、ベトナム、インドネシア、タイ
従業員数:254名(連結、2017年12月末現在)
事業内容:国内No.1規模を誇るインターネットメディアの広告収益最大化プラットフォーム「GenieeSSP」(https://geniee.co.jp/products/ssp.php)や、「GenieeDSP」(https://geniee.co.jp/products/dsp.php)、「GenieeDMP」(https://geniee.co.jp/products/dmp.php)を独自で開発・運用・提供。広告主・広告代理店のマーケティング支援サービスの提供。マーケティングオートメーション「MAJIN」(https://ma-jin.jp/)の開発・導入支援。
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ジーニー >
  3. 「GenieeDSP」、三井物産が提携する米Drawbridge社のクロスデバイスマッチング技術を導入