AnyMind Groupが佐賀県嬉野市の老舗温泉旅館への進出を発表。国内における初の地方サテライトオフィス進出により日本事業をさらに強化

4月20日、和多屋別荘にて佐賀県 山口知事、嬉野市 村上市長などと共に進出協定締結式に登壇

AnyMind Group株式会社(読み:エニーマインドグループ、代表取締役CEO:十河 宏輔、以下「当社」)は、日本において初となる佐賀県嬉野市への新オフィス進出を決定いたしました。なお、世界13市場17拠点に展開する当社として、日本国内におけるサテライトオフィス進出は初の試みとなります。当社は今回の新オフィス展開を通して、当社事業の一つであるSNS・インフルエンサーマーケティング業務に対応する専門機能の構築、九州を中心とした優秀な地方人材の獲得を図ってまいります。
本オフィスは2021年8月を目処として、嬉野市、嬉野温泉の老舗旅館・和多屋別荘(佐賀県嬉野市、代表取締役:小原 嘉元)内にて操業開始予定となっております。今回の取り組みに伴い、2021年4月20日、和多屋別荘において、佐賀県知事・山口 祥義氏を来賓に迎え、嬉野市長・村上 大祐氏、及び当社子会社であるENGAWA株式会社(代表取締役社長:牛山 隆信)を含め、同時に進出を発表する4社による「4社合同進出協定締結式」が実施されました。

本オフィス展開を一つの起点に、地域産業の活性化をはじめとした様々な地域問題の解決を目指していくことで、当社は日本事業をさらに加速させるとともに、ローカルからグローバルまで多角的な価値創造を実現してまいります。

左から、佐賀県知事 山口氏、ライフエンディングテクノロジーズ 代表 白石氏、AnyMind Japan 執行役員 山田、ENGAWA 代表 牛山、ナノ・アソシエーション 代表 鶴市氏、嬉野市長 村上氏左から、佐賀県知事 山口氏、ライフエンディングテクノロジーズ 代表 白石氏、AnyMind Japan 執行役員 山田、ENGAWA 代表 牛山、ナノ・アソシエーション 代表 鶴市氏、嬉野市長 村上氏

※正式社名・役職名などは本リリース後半をご参照ください
 
  • 「4社合同進出協定式」

本イベントでは初めに協定式が執り行われ、進出企業4社の会社・事業紹介、協定書への調印セレモニーなどが実施されました。協定式終了後にはファシリテーターとしてイノベーションパートナーズ 代表取締役社長 本田晋一郎氏をはじめ、佐賀県知事・山口 祥義氏、嬉野市長・村上 大祐氏 株式会社和多屋別荘 代表取締役 小原 嘉元氏及び、今回進出する4社が登壇し、”DX脳カンファレンス”としたトークセッションイベントが行われました。

なお、今回の「4社同時進出協定締結式」ならびに「“DX脳“カンファレンス」に関しては佐賀県公式YouTube「SagaKouhouMovie」(https://youtu.be/F6MTHtnzBjA)にて配信されています。ぜひともこちらもあわせてご視聴いただければと思います。
 


■概要
イベント名: 4社合同進出協定締結式/“DX脳”カンファレンス
日時   : 2021年4月20日(火)
場所   : 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738和多屋別荘ロビー
出席者  :
【嬉野市4社合同進出協定締結式】
・AnyMind Japan株式会社 / 執行役員:山田 果歩
・ENGAWA株式会社 / 代表取締役社長:牛山 隆信
・ライフエンディングテクノロジーズ株式会社 / 代表取締役:白石 和也氏
・株式会社ナノ・アソシエーション / 代表取締役:鶴市 知世氏

・佐賀県知事 / 山口 祥義氏
・嬉野市市長 / 村上 大祐氏

【“DX脳”カンファレンス】
・同上 6名
・株式会社和多屋別荘 代表取締役 小原 嘉元氏
・株式会社イノベーションパートナーズ 代表取締役社長 本田 晋一郎氏
 

  • 和多屋旅館・サテライトオフィスイメージ

※本イメージは和多屋別荘及び、現在先行してオフィスを立地されている株式会社イノベーションパートナーズのオフィス写真となります



<株式会社和多屋別荘代表取締役 小原 嘉元氏のコメント>
創業70年余りの歴史を持つ当館、和多屋別荘にとって今回のコロナ禍を乗り越えるため、2万坪余りの敷地を活用し、「温泉ワーケーション」と題したコワーキングスペースの提供など、様々なチャレンジを行なってまいりました。今回のAnyMind Groupをはじめとしたサテライトオフィス進出を含め、今後もIT企業が集まる「場」づくりを推進していきたいと考えております。

<AnyMind Japan株式会社 執行役員 山田果歩のコメント>
今回、歴史ある和多屋別荘に新オフィスを開業できることを大変嬉しく思っております。今回のサテライトオフィス進出により、当社は九州を中心とした優秀な人材獲得を図るとともに、当社事業の一つであるSNS・インフルエンサーマーケティング領域における専門機能の構築を通じて、クライアントの皆様に向けたさらなる提供価値の向上を図ってまいります。また改めて、今回の取り組みにおいて、大きなサポートをいただいております佐賀県、嬉野市、和多屋旅館及び関係者の皆様に改めて御礼申し上げます。

<ENGAWA株式会社 代表取締役社長 兼 AnyMind Japan取締役 牛山隆信のコメント>
当社は1970年の発行から51年の歴史を持つ英字メディア「Tokyo Weekender」の運営やインバウンド・アウトバウンドマーケティングの支援をはじめとした事業を展開しております。近年では九州地方における企業・自治体等の支援実績も増加しており、今回の開業を一つのきっかけとして、さらに地域に根ざした価値貢献を行なっていきたいと考えております。また、嬉野市及び和多屋別荘においては、温泉、お茶、焼き物など、地域資源・文化資源も豊富なため、働き方・環境としても非常に大きな魅力的を感じております。改めて関係各位に御礼申し上げるとともに、今後もグローバルな提供価値向上に努めてまいります。


■ENGAWA株式会社について

2015年12月に日本を代表するPR会社サニーサイドアップのメンバーに、1970年の発行から51年の歴史を持つ英字メディアTokyo Weekenderのチームを加えENGAWA株式会社を設立。外国語メディアの運営、KOL・インフルエンサーマーケティング、日本の魅力を発信していくOMOTENASHI Selectionの運営など、海外・インバウンドに向けたコミュニケーション支援を行っています。2021年1月よりENGAWAはAnyMind Groupの完全子会社となりました。
URL:https://engawa.global/

■AnyMind Groupについて

2016年にシンガポールで創業し、インフルエンサーなどの個人、メディア・ブランド運営企業向けに、商品企画・ものづくりからECサイトの構築・運用、販売、マーケティングまでを一貫支援するソフトウェアを開発・提供しています。現在、世界13市場に17拠点を展開し、20国籍800名以上の従業員が勤務しています。これまでに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asia、日本郵政キャピタルなどから総額62.3百万米ドル(約68.6億円)の資金を調達しています。
URL:https://anymindgroup.com/ja/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AnyMind Group株式会社 >
  3. AnyMind Groupが佐賀県嬉野市の老舗温泉旅館への進出を発表。国内における初の地方サテライトオフィス進出により日本事業をさらに強化