復興大臣視察来訪、地方創生・雇用創出で復興支援、SDGsに貢献

宮城県東松島市の農産物栽培拠点「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜」

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若槻肇、以下KDDIエボルバ)の東日本大震災元地を開拓、利活用した農産物栽培拠点「幸(さち) 満(み)つる 郷(さと) KDDIエボルバ 野蒜(のびる)(宮城県東松島市、以下 幸満つる郷)」に、『令和の果樹の花(かじゅのはな)里づくり(さとづくり)構想』にむけた復興状況の視察として、田中和徳復興大臣が2020年7月17日に来訪されました。
このたびの来訪では、復興庁統括官 石塚孝氏をはじめ、宮城県復興局長 英直彦氏、東松島市長 渥美巖氏、関係者の皆さまに 「幸 満つる 郷」の農産物栽培畑やビニールハウスなどを見学いただきました。当社は、視察、意見交換会を通じて、津波被害を受けた野蒜地域の復興支援につながる地元の障害者雇用創出や、地域で採取した種子を苗木に育て植樹する自然再生活動への参画等の地方創生の取組みを紹介いたしました。

 

<無農薬栽培ベビーリーフを栽培するビニールハウスを視察する田中復興大臣(手前中央)><無農薬栽培ベビーリーフを栽培するビニールハウスを視察する田中復興大臣(手前中央)>

視察、意見交換会の中で田中復興大臣より「障害特性に合わせた仕事の取組み方」「勤務形態・通勤方法」などのご質問をいただきました。また、『日本が超高齢の課題を全国的に抱える中で、被災元地の障害者とアクティブシニアを率先雇用し、農業の独自化と販路開拓まで取り組んでいることは素晴らしいことです。』とのお言葉をいただきました。

2017年に開所した幸満つる郷では、津波被害で石や瓦礫が埋まり、海水が染み込んだ野蒜地区の一角を開墾、土を入れ替えて畑として利活用できる土壌に育て、20品目以上の作物を栽培しています。

地域活性化イベントの開催や収穫野菜・地元食材の販売、IoT農業を導入した障害者とアクティブシニアの方々に働きやすい職場づくり、復興支援につながるプロジェクトへの参画等に取組み、SDGs未来都市である東松島市の持続可能なまちづくりの推進に貢献しています。

KDDIエボルバは、今後も、地域との連携を深めた地方創生と雇用創出の活動を通じて、東松島市の復興支援に取組んでまいります。

■幸満つる郷 視察風景

 

<幸満つる郷の事業所内を視察する田中復興大臣(右)><幸満つる郷の事業所内を視察する田中復興大臣(右)>

 

前列 左 幸満つる郷 溝江所長、中央 田中復興大臣、右 KDDIエボルバ 両角会長 後列 左から KDDI齋藤地方創生支援室長、宮城県議会高橋議員、東松島市議会大橋議長、東松島渥美市長、KDDI松嶋東北総支社長前列 左 幸満つる郷 溝江所長、中央 田中復興大臣、右 KDDIエボルバ 両角会長 後列 左から KDDI齋藤地方創生支援室長、宮城県議会高橋議員、東松島市議会大橋議長、東松島渥美市長、KDDI松嶋東北総支社長


■幸 満つる郷KDDIエボルバ 野蒜について
  • 所在地       :〒981-0411 宮城県東松島市野蒜字西余景8-6
  • 開 所        :2017年5月
  • 取組み       :東松島市における地方創生、障害者雇用創出を目的とした農産物栽培を通じた「地域活性化事業」
  • 面積          :28,558.86㎡(楽天球場 2.3個分)、作付面積:19,000㎡
「幸 満つる 郷 KDDIエボルバ 野蒜」は、宮城県や東松島市が掲げるSDGs、地方創生への寄与を目的に、農産物栽培を通じて、東日本大震災被災元地の有効活用と雇用創出に取組む拠点として2017年に開所しました。地元の障害者の方々やアクティブシニアの方々を積極的に雇用し、ベビーリーフや枝豆、ミニトマトなど20種類以上の農産物栽培や、収穫野菜を使った加工品製造と販売、地元のコミュニティ拠点としての地域活性化活動など、農業と福祉を連携して取組んでいます。
https://www.k-evolva.com/recruit/challenged/nobiru/

■関連リリース  
本リリース本文中の会社名は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. 復興大臣視察来訪、地方創生・雇用創出で復興支援、SDGsに貢献