起業家の失敗を詰め込んだ、noteで話題の小説が全11話で完結

年間200件以上の事業立ち上げを支援するGOB Incubation Partnersが執筆

ESG志向の事業創造に投資するGOB Incubation Partners株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:山口高弘、以下「GOB」)は、当社メディアで掲載していた連載「小説で読む起業」が全11話で完結したことをお知らせいたします。本連載は、主人公である洋子の起業家としての成長を追いかけながら、市場調査や顧客ニーズの検証、ビジョンの作り方などを紹介しています。年間200件以上の事業立ち上げを支援する当社GOBの現場での失敗やノウハウに基づいています。

URL
https://media.gob-ip.net/tag/entrestory/
https://note.com/add_venture/m/m2fb739e2bcca


■連載「小説で読む起業」とは
本連載は、GOBが運営するオウンドメディア「ウゴイテワカル研究所」とnoteで掲載しているコンテンツです。

■あらすじ
主人公は、社会人6年目で起業した洋子です。オンラインで完結するインテリアコーディネートサービス「milty」を立ち上げました。当初は順調に見えたものの、見切り発車で起業したせいで、創業後1年が経つ頃には借り入れ資金も底を尽きつつありました。
そんなある日、経営者の先輩である美保と出会います。美保から問題点を指摘されることで初めて自分の事業の問題点を痛感する洋子。美保のアドバイスを参考に、失敗を重ねながら少しずつ起業家として成長していきます。

■連載の特徴
全11話構成で、起業家が陥りがちな失敗や事業の成功に欠かせないエッセンスを紹介します。

第1話:市場調査
初めての市場で起業する場合、市場調査の重要性は言うまでもありません。しかし、多くの起業家はウェブ上にある統計データから市場規模を算出したり、簡単なアンケート調査をして「〇〇人がこのサービスを利用したいと答えたのでニーズがある」と結論づけてしまいます。しかしそれでは不十分です。思い込みではなく、真に顧客のニーズを理解するために必要なことは何でしょうか。

第2話〜第6話:顧客ニーズの理解、インタビューの心得
顧客の苦痛の中でも、とりわけ「耐えがたい苦痛」を捉えて解決する事業こそが顧客に求められる事業になり得ます。顧客の本心、事実を探るためにすべきことを、具体的なインタビューの手法も交えながら紹介します。

第7話〜第8話:五感で顧客の課題をつかむ
インタビューを通じて顧客の苦痛が見えてきたら、次はそれが多くの人にとっての普遍的な課題かどうかを検証しなければなりません。そのためには左脳中心の思考力だけではなく、顧客の声を五感で感じ取ることが重要なのです。

第9話〜第11話:業界課題、社会課題とビジョンの設定
顧客の課題を解決するだけでは、多くの人に利用してもらえるプロダクトにはなり得ません。スケールするプロダクトに仕上げるためには、顧客の課題の先にある「業界の課題」、さらに「社会課題」を捉え、それを解決することが欠かせません。同時に、それに応じて企業としてのビジョンを更新していくことが求められます。

■著者プロフィール
山口高弘(GOB Incubation Partners創業者/代表取締役社長)

社会課題解決とビジネス成立を両立させることに挑戦する事業支援を中心に、これまで延べ100の起業・事業開発を支援。 ビジョンをビジネスを通じて社会に実装する支援を行うためGOBを創業。前職は野村総合研究所ビジネスイノベーション室長。 自身も起業家・事業売却経験者であり実務的支援を展開。主な著書に「いちばんやさしいビジネスモデルの教本」(インプレス)、アイデアメーカー(東洋経済新報社)などがある。

■GOB Incubation Partners株式会社について

GOBは、 ESG志向の事業創造に投資する会社です。E(環境)やS(社会)の課題に取り組むと同時に、 これらの持続可能性を考慮した事業を成立させるためには、 G(ガバナンス)の視点が大事になります。GOBでは起業家や事業責任者とともに日々事業を作るなかで、事業開発の型を開発。それをもとに、起業家の価値観・世界観に寄り添い、かつビジネスとしての利益を両立させたESG型の事業創造に取り組んでいます。
体系化した事業開発の型は、起業家だけではなく既存企業での新規事業の開発支援、行政に対する支援などにも導入し、構想からビジネスモデル構築、検証、経営支援まで幅広いサポートを提供しています。輩出事業の創業時にはスタートアップ投資も行い、経営者の伴走パートナーとして持続的なESG経営を支えます。

【会社概要】
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-33-6藤和千駄ヶ谷コープ301号
代表者:代表取締役 山口高弘
設立:2014年8月19日 
事業内容:企業向け事業支援(リサーチ、コンサル、ワークショップ、アクセラレーション)、起業支援サービス事業(教育・事業創造)、スタートアップ投資事業
資本金:1,000万円
ウェブサイト:https://gob-ip.net/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GOB Incubation Partners株式会社 >
  3. 起業家の失敗を詰め込んだ、noteで話題の小説が全11話で完結