認定支援機関SoLabo、Financial Timesの「2022年版アジア太平洋地域の急成長企業ランキング」に選出

アジア太平洋地域で3位(Management Consulting部門)、日本企業内で19位、アジア太平洋地域全体で総合102位

起業家・経営者の資金調達支援、経営支援事業を展開する株式会社SoLabo(本社:東京都千代田区、代表取締役:田原 広一)は、英国の経済紙Financial Timesと国際的な調査統計会社であるStatista社が共同で実施した「2022年版アジア太平洋地域の急成長企業ランキング」において、部門3位・国内総合19位・アジア太平洋地域総合102位に選出されました。

今回発表されたランキングでは、各企業の2017年から2020年までの収益成長性などがリサーチ検証され、その結果をもとに上位500社が一覧となって発表される形となりました(下記URL参照)。今回SoLaboは「Management Consulting(マネジメント・コンサルティング)部門」において海外企業を含めて全体3位、国内総合(168社中)で19位、アジア太平洋地域総合順位では102位に選出されました。

【ランキング掲載ページ(英文記事)】
FT ranking of 500 of the Asia-Pacific region’s high-growth companies
https://www.ft.com/high-growth-asia-pacific-ranking-2022

【SoLabo代表 田原コメント】
この度の選出においては、日頃より当社を信頼いただくクライアント企業の皆様をはじめ、1300社を超えるパートナー企業・専門家の方々のご尽力が故に為されたものと感じており、改めて御礼申し上げたいと思っております。現在、起業家や経営者はコロナ禍での経営に加えて、原材料や輸送費の高騰、地政学的リスクを踏まえての事業展開が求められ、日々緊迫した状況下での経営判断が必要な時代となっています。当社では、そうしたプレッシャーを抱えるクライアントを支援する為、今後のサービス拡充や技術的発展を目指し、関係者の皆様にいっそう喜んで頂けるソリューションをご提供して参りたいと考えております。

【SoLaboについて】
SoLaboは国の認定支援機関として、起業家・経営者の「資金調達支援事業」「集客支援事業」「施設運営事業」を実施しております。創業以来強みとする融資支援や集客支援のサービスに加え、2021年以来は経営者支援の幅を広げるために「コワーキングスペース・シェアオフィス運営」「早期経営改善計画策定」「小規模事業者持続化補助金」「事業再構築補助金」等のプロジェクトごとに支援強化にも取り組んでおります。2022年度は各地の金融機関や専門家等と連携して情報発信を強化するとともに、新サービスの開発やSoLabo発の新企画を予定しております。

【SoLabo 会社概要】
本店:東京都千代田区外神田1-18-19 新秋葉原ビル7階
店舗:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目5−3 神奈川大学みなとみらいキャンパス1階
代表者:代表取締役社長 田原 広一
資本金:4,334万円
設立年月日:2015年12月11日
URL:https://so-labo.co.jp
事業内容:経営者の資金調達支援サービス、WEBマーケティング支援事業、コワーキングスペース・シェアオフィス運営
 




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SoLabo >
  3. 認定支援機関SoLabo、Financial Timesの「2022年版アジア太平洋地域の急成長企業ランキング」に選出